リンパ節腫脹

出典: meddic

lymph node swelling
リンパ節リンパ節症リンパ節炎リンパ節生検
also see IMD. 395

定義

  • リンパ節が腫大した状態
  • 直径1cm以上。肘窩では0.5cm以上、鼡径部では1.5cm以上
  • 3cm以上は悪性腫瘍を疑う
  • 耳介前部リンパ節、上腕内側上顆リンパ節など、通常触知しない場所にある場合は小さくても有意な腫脹とする

分類

  • 全身性リンパ節腫脹
  • 局在性リンパ節腫脹

原因

  • 原因不明:29-64%
  • 感染症:18%
  • 腫瘍:0.8-1.1%(40歳以上:4%)

腫脹の分布

  • 局所性:75%
  • 頭頚部:55%
  • 鼡径:14%
  • 腋窩:5%
  • 鎖骨上:1%
  • 全身性:25%

体表から触知できるリンパ節

see 診察手技みえ p.62,125 BAT.238,392,475,483 N.68(頭頚部)
  • 頭頚部
  • 鎖骨上窩
  • 腋窩
  • 肘部(上腕骨内側上窩)
  • 鼡径部・大腿部
  • 膝窩

頭頚部 N.68,69

  • 頚静脈二腹筋リンパ節(下顎角直下のリンパ節)(N.69):化膿性扁桃炎
  • 耳介前リンパ節:流行性角結膜炎
  • 顎下リンパ節:口腔内・歯肉の炎症、舌癌
  • 後頚三角のリンパ節:甲状腺癌、咽頭癌などの転移、伝染性単核球症、悪性リンパ腫
  • 鎖骨上窩リンパ節:消化器癌の転移

全身リンパ節腫脹の原因

IRE.376改変

  • 感染性
  • 1.ウイルス性
  • 2.細菌性
  • 3.真菌性
  • 4.原虫・寄生虫性
  • [[]]
  • 非感染性
  • 1.腫瘍性
  • 2.アレルギー,自己免疫,その他


全身のリンパ節腫脹について

参考2
強皮症とクリプトコッカスは国試的にも全身リンパ節腫脹はしない!らしい。
  • 全身のリンパ節腫脹をきたす疾患を2つ選べ
解答形式 正答b,c
a 強皮症 
b 伝染性単核球症 
c トキソプラズマ症 
d クリプトコッカス症 
e 糖尿病 

参考

  • 1. [charged] Evaluation of peripheral lymphadenopathy in adults - uptodate [1]
  • 2. 血液内科 - 順天堂大学
[display]http://www.juntendo-hematology.org/stu6_01.html




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 膀胱全摘術後9年目に残存尿道および鼡径リンパ節へ再発した膀胱癌の1例
  • 小幡 淳,菊地 栄次,金子 剛,宮嶋 哲,亀山 香織,陣崎 雅弘,大家 基嗣
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(1), 34-38, 2011-01-20
  • … めた.同時期に亀頭部の発赤を認め,生検したところ,UCの病理像であった.Gemcitabine,Paclitaxelによる全身化学療法を4コース施行した.その後も鼡径リンパ節腫脹,リンパ浮腫を伴う左下肢蜂窩織炎を発症した.尿道再発巣からのリンパ行性転移により鼡径リンパ節腫脹が繰り返し生じている可能性が考えられ,陰茎部分切除術および鼡径リンパ節郭清術を施行した.膀胱全摘,舟状窩までの尿道摘除後に残存尿道 …
  • NAID 110008440746
  • リンパ節腫脹 (日常診療でよくみる症状・病態--診断の指針・治療の指針) -- (全身の症候)
  • リンパ節腫脹 (特集 子どもの臨床検査--症候から診断・治療へ) -- (症候からみる臨床検査の進めかた)

関連リンク

gooヘルスケア 家庭の医学。頸部リンパ節腫脹。どんな病気か リンパ節は全身いたる ところにあり、細菌感染などに対する体の防衛機構をなすものです。豆のような形をし ていて、それぞれのリンパ節はリンパ管という管でつながっています。 頸部にも多くの ...
リンパ節の腫れがどんどん大きくなり、発熱や痛み リンパ管炎; 複数のリンパ節が腫れ ている ウイルス性リンパ節炎; 高熱や悪寒、かぜ様 ... リンパ節腫脹. 全身には約 600のリンパ節があって 微生物の捕捉・抗体産生・リンパ球産生・分化を司っている ...

関連画像

リンパ節腫脹o0630085712150609209.jpg吉田所長 頸部リンパ節腫脹? 後部リンパ節の腫脹が見られる


★リンクテーブル★
先読みリンパ節
国試過去問095F041」「106I058」「095D021」「108H004」「099B018」「103I028」「103F015」「102I030」「097E017
リンク元全身リンパ節腫脹」「生検」「リンパ節生検」「リンパ節腫大」「リンパ節症
拡張検索鎖骨上リンパ節腫脹」「腋窩リンパ節腫脹」「滑車上リンパ節腫脹」「頚部リンパ節腫脹
関連記事リン」「腫脹」「リンパ」「節腫

リンパ節」

  [★]

lymph node (Z), lymph gland
lymphonodus


  • 扁平楕円
  • 直径3cm
  • 脂肪組織で覆われた先生結合組織でできた被膜に包まれる
  • リンパ管の合流部にできる
  • 構造は大まかに3層:皮質、傍皮質、髄質。
  • リンパの流れ:輸入リンパ管→辺縁洞→中間洞→髄洞→輸出リンパ管

解剖

  • 帽状域 mantle zone:増殖したリンパ球がリンパ小節の発生母治から出て行こうとしている小リンパ球が密集したもの
  • 胚中心 germinal center:抗原刺激に反応したときに形成される。記憶B細胞や形質細胞が分化する部位
リンパ球は暗調域-(中心芽細胞から中心細胞(sIgを発現)へ)→基底明調域→頂部側明調域と移動する
  • 傍皮質:ヘルパーT細胞が活性化すると傍髄質臥拡大し、髄質の深部まで伸びてくる。 ←胸腺依存領域とも呼ばれる

:*T細胞

  • 髄質

臨床関連

  • EBウイルスに感染したB細胞に対する細胞障害性T細胞が傍皮質で観察される
  • AIDS
  • The characteristic lymph node changes in AIDS are progressive transformation of the germinal centers.

参考

  • 胸部のリンパ節 - 日本食道学会
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0053/1/0053_G0000152_0061.html

</nowiki>




095F041」

  [★]

  • 次の文を読み、41、42の問いに答えよ。
  • 27歳の女性。体動時の息切れを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 2年前から健康診断で貧血を指摘されていたが、自覚症伏がないために放置していた。1か月前から体動時の息切れと全身倦怠惑とが増強するため来院した。月経に異常はない。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 現 症 : 身長158cm、体重45 kg。体温36.5℃。眼瞼結膜は貧血様。心尖部に2/6度の収縮期雑音を聴取する。肺の聴診所見は正常。腹部は平坦で、肝と脾とを触知しない。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。便潜血反応陰性。
  • 血液所見:赤血球340万、Hb 7.8 g/dl、Ht27%、網赤血球15‰、白血球7,600、血小板32万。血清生化学所見:総蛋白7.3 g/dl、アルブミン4.1 g/dl、総ビリルビン0.5mg/dl、LDH260単位(基準176~353)、Fe 5μg/dl(基準80~160)、総鉄結合能423μg/dl(基準290~390)、フェリチン7ng/ml(基準20~120)。
  • この患者にみられる身体所見はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095F040]←[国試_095]→[095F042

106I058」

  [★]

  • 32歳の女性。発熱多関節痛とを主訴に来院した。 3年前から光線過敏に気付いていた。 1年前の冬にRaynaud現象が出現した。 6か月前から時々、両側の手関節の関節痛を自覚していた。 3か月前から多数の関節に腫脹と疼痛とがみられ、持続するようになったため受診した。体温38.6℃。脈拍92/分、整。血圧110/60mmHg。頚部に可動性のあるリンパ節腫脹を認める。両側の手関節、第2-4指の近位指節間関節および中手指節間関節に腫脹と圧痛とを認める。赤沈50mm/1時間。血液所見:赤血球310万、 Hb11.0g/dL、 Ht33%、白血球3,300、血小板10万。血液生化学所見: AST35IU/L、 ALT40IU/L、 LD 370IU/L(基準176-353)。CRP 1.5 mg/dL。
  • この疾患の診断に最も感度の高い検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I057]←[国試_106]→[106I059

095D021」

  [★]

  • 1歳8か月の女児。発熱を主訴に来院した。周産期に異常はなく、精神運動発達も正常である。6日前から38.5~39℃の発熱があり、近医で抗菌薬を投与されたが解熱しなかった。血液所見:赤沈53mm/1時間、赤血球452万、Hb13.2g/dl、Ht39%、白血球16,400(好中球76%、好酸球2%、単球5%、リンパ球17%)、血小板53万。顔面、眼球および右手の写真を以下に示す。この疾患でみられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 095D020]←[国試_095]→[095D022

108H004」

  [★]

  • がんの転移によるリンパ節腫脹の特徴はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108H003]←[国試_108]→[108H005

099B018」

  [★]

  • 頚部の写真を以下に示す。
  • 化膿性扁桃炎でリンパ節腫脹を認める部位はどれか。
  • a. ①
  • b. ②
  • c. ③
  • d. ④
  • e. ⑤


[正答]
※国試ナビ4※ 099B017]←[国試_099]→[099B019

103I028」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103I027]←[国試_103]→[103I029

103F015」

  [★]

  • がんの転移によるリンパ節腫脹の特徴はどれか。
  • a. 軟らかい。
  • b. 圧痛がない。
  • c. 可動性がある。
  • d. 皮膚に熱感がある。
  • e. 相互の癒合がない。
[正答]


※国試ナビ4※ 103F014]←[国試_103]→[103F016

102I030」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102I029]←[国試_102]→[102I031

097E017」

  [★]

  • 正常妊娠初期の症候でないのはどれか。
  • a. 悪心
  • b. 下腹部膨満感
  • c. 頻尿
  • d. 乳房緊満感
  • e. リンパ節腫脹
[正答]


※国試ナビ4※ 097E016]←[国試_097]→[097E018

全身リンパ節腫脹」

  [★]

リンパ節腫脹

全身リンパ節腫脹

IRE.376改変
全身のリンパ節で免疫反応が起こるために生じる。
細胞内寄生する病原体で多い傾向。スピロヘータ感染症も全身の免疫反応が起こる。
  • 感染性
  • 非感染性


生検」

  [★]

biopsy
バイオプシー診査切除術 exploratory excision試験切除術


  • 管腔臓器に対しては内視鏡を用いて鉗子で病変を採取
  • 体内臓器を穿刺する。肝、腎、前立腺

施行

条件付き

  • リンパ節腫脹:感染によるリンパ節腫脹は自然消退しうるので一ヶ月以上経過観察してから。

禁忌

  • 悪性黒色腫:転移しやすいため
  • 精巣腫瘍:血行転移のおそれ   →  ゆえに精巣腫瘍を否定できない陰嚢腫脹に対しては診断を兼ねた高位精巣摘除が標準的治療


リンパ節生検」

  [★]

lymph node biopsy
リンパ節リンパ節腫脹


  • 先進性リンパ節腫脹の時の優先順位:鎖骨上窩>頚部>腋窩>肘窩>鼡径


リンパ節腫大」

  [★]

lymphadenopathy?, adenopathy?
リンパ節腫脹(どういう使い分けか?同義語か?)


リンパ節症」

  [★]

lymphadenopathy
リンパ節リンパ節腫脹リンパ節炎



鎖骨上リンパ節腫脹」

  [★]

supraclavicular lymph node swelling
鎖骨上リンパ節鎖骨上リンパ節郭清術


腋窩リンパ節腫脹」

  [★]

axillary adenopathy, axillary lymphadenopathy
リンパ節腫脹腋窩リンパ節


滑車上リンパ節腫脹」

  [★]

epitrochlear lymphadenopathy??
滑車上リンパ節 epitrochlear lymph node


頚部リンパ節腫脹」

  [★]

swelling of the cervical lymph node
頚部リンパ節


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





腫脹」

  [★]

swelling
腫大
腫大膨化膨潤膨張隆起



リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節


節腫」

  [★]

ganglion
ガングリオン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡