ノンストレステスト

出典: meddic

non-stress test NST
BPS胎児心拍数モニタリング


概念

  • 妊娠中の胎児健康状態を評価する指標。
  • 胎動などに伴って胎児心拍数図上に一過性頻脈が出現するかどうかで判定する。

方法

  • 胎児心拍数陣痛図により胎児心拍数モニタリングを40-80分間あるいは一過性頻脈の出現まで行う(胎児は20-40分周期で睡眠覚醒を繰り返す) (QB.P-223 G10M.60)

適応

  • 分娩開始後の妊婦
  • 過期妊娠の妊婦
  • ハイリスク妊娠の妊婦検診時

判定基準

  • 15bpm以上の胎児心拍増加が15秒以上持続、これが20分間に2回以上(一過性頻脈)あれば reactive。そうでなければnon-reactive。(QB.P-223)

NSTによるreassuring fetal statusの徴候

G10M.60
1-4の全てを満たした場合reassuring fetal statusと判断。そうでない場合はコントラクションストレステスト胎児振動音刺激試験、バイオフィジカルプロファイルスコアリングで胎児の状態を判断。
  • 1. 基線が正常範囲内(110-160bpm)にある
  • 2. 基線細変動が正常に出現している
  • 3. 一過性頻脈がある
  • 4. 一過性徐脈がない


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ノンストレステスト (今月の臨床 胎児機能不全) -- (妊娠中の検査と診断)
  • 渡辺 博,多田 和美,稲葉 憲之
  • 臨床婦人科産科 62(12), 1543-1547, 2008-12
  • NAID 40016379534
  • 18.胎児心拍数モニタリング(C.産婦人科検査法,研修コーナー)
  • 岡井 崇
  • 日本産科婦人科學會雜誌 59(7), "N-202"-"N-223", 2007-07-01
  • 胎児のwell-beingを評価する方法として,胎児心拍数のモニターが不可欠である.歴史的にみて,胎児心拍数の連続記録は分娩時から始まった.1958年,分娩中に胎児の心拍数を間歇的にカウントするのではなく,連続した変化を記録して,そのパターンを分類し胎児ジストレスの診断を行う方法がHonにより開発された.分娩中は規則的な子宮収縮が存在し,子宮筋の収縮は子宮筋層内を通り絨毛間腔に流入する母体側の胎盤 …
  • NAID 110006958156
  • 分娩監視装置の異常 ノンストレステスト,コントラクションストレステスト (周産期の症候・診断・治療ナビ) -- (産科編(2)診断ナビゲーション)
  • 野澤 政代,池田 智明
  • 周産期医学 37(-), 293-299, 2007
  • NAID 40015747541

関連リンク

NSTは「ノンストレステスト」の略です。 ストレスのない状態、つまり陣痛のない状態で 赤ちゃんが元気がどうかを検査し、お産に耐えられるかどうかを調べる方法の1つです。 胎児の心拍を調べる検査なので「胎児心拍数モニタリング」とか「モニター」と言われる こと ...
お腹の赤ちゃんは今、元気ですか。ノンストレステストからわかること. 妊娠32週以降に、 母体の腹壁に胎児心拍数モニターをつけて、その記録紙から胎児が健康であるか どうかをチェックするのがノンストレステスト(NST,non-stress test)です。 ...

関連画像

 ノンストレステスト(NST,non-stressUSA☆ My Days in New Jerseyお問い合わせNST検査 ノンストレステストnst.gifノンストレステストがリ  ノンストレステスト(NST,non-stress


★リンクテーブル★
先読みBPS」「胎児心拍数モニタリング
国試過去問097I039」「099G001」「100A002」「105E052」「099D102」「104G038」「098G098
リンク元fetal well-being」「NST」「分娩前胎児心拍数モニタリング」「non-stress test」「nonstress test
関連記事テスト」「ストレス」「レス

BPS」

  [★]

biophysical profile score
バイオフィジカルプロファイルスコア

概念

  • fetal well-beingを評価する方法の一つ

BPS

参考1 G10M.62
概要 検査内容 評価時間 正常(2) 異常(0)
超音波検査で動きの評価 呼吸様運動 30 秒以上の呼吸様運動(横隔膜・胸壁の上下運動)が 30分間 1 回以上 0 回
胎動 身体か四肢の動きが 30分間 2 回以上 1 回以下
筋緊張 四肢・体幹の伸展・屈曲運動,または手の開閉が 30分間 1 回以上 0 回
超音波検査で羊水ポケットを評価 羊水量 羊水ポケット  2cm 以上 2cm 未満
胎児心拍陣痛図で評価 NST 一過性頻脈 accelerationが 20分間 2 回以上 1 回以下
RMTAN → らむたん で覚える
R:respiratory M:movement T:tone A:amniotic N:NST
BPS 評価
8 ~ 10 正常 ・1 週ごとに再検(8:羊水量が少なければ分娩)
6 胎児ジストレスの疑い ・成熟胎児であれば分娩
・未熟胎児であれば24 時間以内に再検し6 点以下であれば分娩
・羊水量が少なければ分娩
4 胎児ジストレスを強く疑う ・分娩
0 ~ 2 胎児ジストレスはほぼ確実 ・分娩
  • これらの項目であるbiophysical profileは胎児の低酸素症に対する反応で、NST、呼吸様運動、胎動、筋緊張は急性に起こり、羊水量の減少は慢性反応とされている。
  • また、低酸素状態に対しては、NST、呼吸様運動、胎動、筋緊張の順に感受性が高いとされていて、低酸素状態の初期にはNST の異常や呼吸様運動の減少が起こり、低酸素からアシドーシスに進行するに従って胎動や筋緊張が消失する。
  • 慢性反応の羊水量は、低酸素症による血流再分配機構により腎血流量が減少し、その結果、胎児の尿量が減少し羊水量の減少が出現するわけで、長期にわたる変化と考えることができる

参考

  • 1.
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/57/5709-291.pdf

国試


胎児心拍数モニタリング」

  [★]

分娩監視装置


097I039」

  [★]

  • 30歳の初妊婦。妊娠33週。胎動が少ないとの訴えで来院した。妊娠初期・中期の諸検査に異常はなかった。1週前の妊婦健康診査では血圧は正常であったが、蛋白尿と下肢に軽度の浮腫を認め、子宮内発育遅延を疑われていた。その後、胎動が次第に減少してきたので不安になり早めに受診した。血圧130/70mmHg。尿所見:蛋白1+、糖(-)。浮腫の増強はない。
  • まず行う検査はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097I038]←[国試_097]→[097I040

099G001」

  [★]

  • 34歳の初妊婦。妊娠34週の妊婦健康診査のため来院した。
  • 現在までの妊娠経過に異常を認めない。身長160cm、体重65kg(非妊時55kg)。血圧120/84mmHg。子宮底長30cm。下肢に軽度の浮腫を認める。
  • 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 超音波検査所見:羊水量正常、第1骨盤位、胎児推定体重2,300g。超音波検査が終了するころに、患者は次第に息苦しさと嘔気とを訴えるようになった。
  • まず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099F050]←[国試_099]→[099G002

100A002」

  [★]

  • 32歳の1回経産婦。胎動が少なくなってきたことを心配して来院した。1週前、妊娠36週の妊婦健康診査で異常を認めなかった。ノンストレステスト(NST)を20分間行ったが、胎動がみられず、胎児心拍数図にも一過性頻脈がみられないのでnonreactiveと判定した。
  • 次に行う対応として適切でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100A001]←[国試_100]→[100A003

105E052」

  [★]

  • 30歳の初産婦。妊娠34週に子宮内胎児発育遅延のため入院した。児頭の発育は保たれている。妊娠36過に施行したノンストレステスト(NST)はnonreactiveである。
  • 次に行うべき検査として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 105E051]←[国試_105]→[105E053

099D102」

  [★]

  • 正常妊娠で誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D101]←[国試_099]→[099D103

104G038」

  [★]

  • 妊娠末期の胎児管理の指標として有用でないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104G037]←[国試_104]→[104G039

098G098」

  [★]

  • ノンストレステスト(NST)の特徴はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G097]←[国試_098]→[098G099

fetal well-being」

  [★]

胎児well-being

検査

  • 経腹超音波断層法
  • 超音波ドプラ法
  • 胎児心拍数モニタリング
  • バイオフィジカルプロファイルスコア BPS
  • 羊水検査

目的別検査


NST」

  [★]


分娩前胎児心拍数モニタリング」

  [★]

antepartum fetal heart rate monitoring
ノンストレステスト

non-stress test」

  [★] ノンストレステスト

nonstress test」

  [★] ノンストレステスト

テスト」

  [★]

徴候

循環器内科

整形外科


  • Romberg test:下半身からの深部感覚が侵されるときに発現。開眼での閉脚起立が可能、閉眼直後の方向不定の転倒
= Finkelstein test フィンケルシュタインテスト


  • アキレス腱断裂
  • 腱板断裂
  • 棘上筋テスト
  • 外旋筋力テスト
  • lift-offテスト
  • belly pressテスト
  • 股関節脱臼
  • 十字靭帯損傷

神経内科

産婦人科


ストレス」

  [★]

stress
応力強調緊張力点

内分泌系への影響

  • 血中濃度上昇:成長ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン、プロラクチン
  • 血中濃度低下:卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモン、エストロゲン



レス」

  [★]

loess
黄土



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡