ドーパミン受容体

出典: meddic

ドパミン受容体

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/13 16:07:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • CIN85の機能欠損はドーパミン受容体のエンドサイトーシスを抑制し多動を引き起こす
  • 下川 哲昭,鯉淵 典之
  • The Kitakanto medical journal 61(3), 455-455, 2011-08-01
  • NAID 120003338790
  • CIN85はドーパミン受容体のエンドサイトーシスを制御しマウスの行動に影響を及ぼす
  • 下川 哲昭
  • 比較内分泌学 = Comparative endocrinology 37(140), 39-41, 2011-02-28
  • NAID 10027947562

関連リンク

現在知られているドーパミンの受容体は5つある。下記の2群に分け、それぞれ興奮性、 抑制性に作用すると論じられることが多いが、実際にはドーパミンの薬理学的、電気 生理学的作用は単純ではない。興奮性、抑制性作用の議論は主として、即時型遺伝子 ...
2002年11月26日 ... ドーパミンはそういう化学物質のひとつです。放出されたドーパミンは受け手のニューロン の膜にある受容体(この場合はドーパミンがくっつくのでドーパミン受容体といいます) というたんぱく質にくっつきます。ドーパミン受容体には現在5種類ある ...

関連画像

脳内のドーパミンD1受容体  作動性神経に結合して抑制機能230px-3PBL_(D3).png


★リンクテーブル★
リンク元ドパミン受容体」「ドーパミン作動性ニューロン」「ドンペリドン」「ドパミンレセプター
拡張検索ドーパミン受容体作動薬」「ドーパミン受容体拮抗薬」「ドーパミン受容体遮断薬
関連記事受容体」「受容」「」「ドーパミン

ドパミン受容体」

  [★]

dopamine receptor DA-R
ドーパミン受容体
ドパミンドーパミン作動性ニューロン受容体カテコールアミン受容体
[show details]
  • GOO.249
  • 7回膜貫通型Gタンパク共役型受容体
  • D1受容体
Gsアデニル酸シクラーゼ活性化→[cAMP]i
低用量での血管拡張はこの受容体を介して起こる
大脳基底核の神経回路では直接路にかかわる(SP.377)。
Giアデニル酸シクラーゼ抑制→[cAMP]i↓、K+チャネル活性化、Ca2+チャネル抑制
中枢神経系に存在
シナプス後ニューロン、ドーパミン作動性ニューロンの細胞体・樹状突起軸索・終末部に存在し、興奮性の調節に関わる
autoreceptor
大脳基底核の神経回路では間接路にかかわる(SP.377)。

作動薬(アゴニスト)

拮抗薬(アンタゴニスト)



ドーパミン作動性ニューロン」

  [★]

dopaminergic neuron
ドパミンニューロンドーパミンニューロンドパミン神経ドーパミン神経ドパミン作働性ニューロンドーパミン作働性ニューロンドパミン作動性ニューロン
ドーパミン
[show details]

概念

ドーパミン受容体

ドンペリドン」

  [★]

domperidone
アースレナンジャックマールドンペリンナウゼリンナシロビンノーゼアハドドリンフォリメジンペリゼリンペロリックミオナゼリンモンロビア
ドーパミン受容体その他の消化器官用薬


  • ベンズアミド系

構造

薬理作用

  • 抗ドパミン作用


ドパミンレセプター」

  [★]

dopamine receptor
ドパミン受容体ドーパミン受容体ドーパミンレセプター


ドーパミン受容体作動薬」

  [★]

dopamine receptor agonist
ドパミン受容体作動薬ドパミン受容体刺激薬

ドーパミン受容体拮抗薬」

  [★] ドパミン受容体拮抗薬


ドーパミン受容体遮断薬」

  [★] ドパミン受容体遮断薬

受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


ドーパミン」

  [★] ドパミン dopamine DA




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡