コホート研究

出典: meddic

cohort study
研究デザインコホート内症例対照研究




定義

  • 対照集団を要因の有無別に分けて、疾病罹患の傾向を比較する
  • ある時点で研究対象を決めて、その人たちを追跡調査するスタイルの研究
  • なんらかの共通特性をもった人たちと、その特性をもっていない人たちを追跡調査し、疾病の発症率を調べることで、特性の有無が疾病の発生リスクにどのような効果をもつかを直接計算できる。(http://phi.med.gunma-u.ac.jp/epi-spc/term4.pdf)

種類

  • 前向きコホート研究 (Prospective Cohort Study)
  • 後ろ向きコホート研究 (Retrospective Cohort Study)

特徴

  名称 患者対照研究 コホート研究
時間軸 後向き研究 前向き研究
調査の方法 既往調査、病歴調査 追跡調査
対象 曝露情報の
信頼性
患者の過去の記録やカルテに頼るため 信頼性は低い 現時点での曝露状況が判明しているので信頼性は高い
対象 偏り
バイアス
抽出の段階で、既に患者、対照群とも に偏りが発生している場合が多い 母集団から、要因の有無別に対照群が 抽出されるため、偏りは小さい
対象 まれな要因 評価不能 評価可能
調査 観察期間 なし 長期
調査 費用
労力
患者と対照のみを観察するので、費用・労力が少ない 大きな集団を長期に追跡しなければな らないので、費用・労力が多い
疾患 対照疾患 単一 複数
疾患 診断の正確性 正確性が高い 正確性が低い
→診断基準が必要
疾患 まれな疾患 可能 困難
解析 罹患率 計算不可 算出可能
解析 相対危険度 近似値の算出 算出可能
解析 寄与危険度 計算不可 算出可能

その他の特徴

  • 人口の移動の激しい地域で追跡調査は困難
  • 前もって発生頻度を予測して対照群の人口サイズを決定する必要がある
  • 診断基準の設定が必要な場合もある →長期の観察では診断方法や疾病概念が変化することがあるため
  • 因果関係について、患者対照研究よりも、より多くの情報が得られる


  • 患者対照研究に比べ、選択バイアスが生じにくい。
  • 患者対照研究に比べ、交絡因子の調整が容易。

参考

  • 1.
[display]http://phi.med.gunma-u.ac.jp/epidemiology/epi03.html
  • 2.
[display]http://phi.med.gunma-u.ac.jp/epi-spc/term4.pdf


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/05 05:20:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肥満の疫学 (特集 肥満症に関する最新知識と今後の展望)
  • 小久保 喜弘,古川 曜子
  • 診断と治療 100(11), 1811-1819, 2012-11
  • NAID 40019488630
  • 成人の変形性関節症の頻度 (特集 成人の関節痛の臨床)
  • 吉村 典子
  • 日本医師会雑誌 141(8), 1687-1690, 2012-11
  • NAID 40019469557
  • ちょっとした疑問 大規模コホート研究による甲状腺癌のリスク要因に関するエビデンス : 海藻摂取と甲状腺癌罹患の関連について
  • 道川 武紘,井上 真奈美,津金 昌一郎
  • 日本甲状腺学会雑誌 3(2), 142-145, 2012-10
  • NAID 40019484963
  • 加齢性運動器疾患の大規模コホート研究(村上研究)
  • 斎藤 トシ子,小林 量作,押木 利英子,中村 和利,Saito Toshiko,Kobayashi Ryosaku,Oshiki Rieko,Nakamura Kazutoshi
  • 新潟医療福祉学会誌 12(1), 58-58, 2012-10
  • NAID 120004878308

関連リンク

コホート研究(こほーとけんきゅう、cohort study)とは分析疫学における手法の1つであり 、特定の要因に曝露した集団と曝露していない集団を一定期間追跡し、研究対象となる 疾病の発生率を比較することで、要因と疾病発生の関連を調べる観察的研究である。
コホート研究とケースコントロール(症例対象研究) 臨床試験の代表的なものには コホート研究やケースコントロールがある。 ... また、臨床試験は「前向きか後ろ向きか」 でも分けることができ、コホート研究は前向きの研究でケースコントロールは後ろ向き 研究に ...

関連画像

コホート研究】大規模コホート研究の推進コホート研究のイメージ9.コホート研究 Cohort studyコホート研究:方法コホート研究 ・ Cohort study次世代多目的コホート研究 コホート研究


★リンクテーブル★
リンク元相対危険度
関連記事研究」「コホート

相対危険度」

  [★]

relative risk
相対リスク相対危険
コホート研究オッズ比


  • コホート研究で取られる手法
  • ある因子が、疾病発生とどの程度関連しているかを評価する。すなわち、暴露群と被暴露群の比較に主眼がおかれている。
  • 暴露群 VS 被暴露群
  • 疾病あり VS 疾病無し
  • Rが大きければ関連が強いといえる
R = A / (A + B) / ( C / (C + D) )
  • 疾患が稀な場合、 A + B ≒ B, C + D ≒ D となり
R ≒ AD / BC
→疾患が稀な時の近似的相対危険度はオッズ比に等しくなる
  疾病あり 疾病なし
暴露あり A B A+B
暴露なし C D C+D
A+C B+D T

参考

  • 1.
[display]http://www.med.nihon-u.ac.jp/department/public_health/ebm/ce105.html
  • 2.
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E5%8D%B1%E9%99%BA%E5%BA%A6

uptodate

  • In the systematic review of this trial, significantly more patients experienced clinical improvement at three months with surgery than with splinting (71 versus 51.6 percent) with a relative risk (RR) for clinical improvement favoring surgery of 1.38 (95% CI 1.08-1.75).(手術群とスプリント群で比較すると手術群の「臨床的な改善」のRRは1.38。(手根管症候群))


研究」

  [★]

調べる治験調査働く検討仕事研究開発作業リサーチ実験研究研究技術研究活動研究優先順位概要報告


コホート」

  [★]

cohort
同齢集団




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡