アルカリホスファターゼ

出典: meddic

alkaline phosphatase ALP AlP AP
アルカリホスファターゼアイソザイム


局在

  • 腎(近位尿細管)、小腸(粘膜上皮)、骨芽細胞、胎盤、肝(毛細胆管)、乳腺
  • 細胞膜に局在し、膜を通してのリン酸の転送に関与しているらしい

基準値

  • 260IU/L以下(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.13)

アイソザイム(→アルカリホスファターゼアイソザイム)

  • ALP1、ALP2:肝臓由来
  • ALP3:骨由来(骨芽細胞) ← 成長ホルモンの分泌、体重負荷増大→骨芽細胞増殖→ALP3↑
  • ALP4:胎盤由来 ← 妊娠
  • ALP5:小腸粘膜。B型・O型の人が脂肪食を摂取すると上昇する


-アルカリフォスファターゼ


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/29 12:18:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 26 ダイズ菌根共生における感染率とアルカリホスファターゼ活性の変動(関東支部講演会,2009年度各支部会)
  • 後藤 確帆,斎藤 勝晴
  • 日本土壌肥料学会講演要旨集 (56), 268, 2010-09-07
  • NAID 110008510949
  • 血清アルカリホスファターゼ高値を認め, 頭痛, 胸痛, 左肩違和感を訴えた67歳の男性
  • 草野 暢子,西川 正憲
  • 日本内科学会雑誌 99(7), 1730-1731, 2010-07-10
  • NAID 10026550477
  • パーリンのリン酸化修飾の検出と修飾部位の予測
  • 高木 良介,宮下 知幸
  • Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University (25), 17-24, 2010-3
  • Departmental Bulletin Paper貝殻形成に関与するタンパク質の多くはカルシウム結合能を持ち、加えて様々な結合様式を呈する。その中で、翻訳後修飾が関与する機構は重要であり、主に2つの機構が考えられる。1つは糖鎖に結合した硫酸基を介するもので、もう1つはリン酸基を介するものである。これらの修飾を受けた部位は負電荷を持つためにカルシウムイオンを引き寄せる。本研究では、カルシウム結合 …
  • NAID 120002187971

関連リンク

ALPとは、リン酸化合物を分解する酵素のことで、肝臓や骨、小腸などに含まれ、特に肝臓や胆道に障害があると、血液中に増加します。γ-GTP、LAPと同様に胆道系酵素と呼ばれ、肝・胆道疾患の指標とされています。
γ-GTPとともに胆道系酵素と呼ばれ、肝臓や胆道系の障害時、骨病変で上昇します。ALTとも略されます。 ... 健康診断でアルカリホスファターゼを測る場合、γ-GTPと同様に血液検査で測定します。 アルカリホスファターゼは多く臓器の細胞の中 ...
要望・質問など 質問等はこちらにお願いします 知識の泉BBS そのほかの問い合わせは こちら (記事の編集修正への参加、など) なお、医療相談は受け付けておりません

関連画像

図 4.1 T4 RNA リガーゼの反応機構アルカリホスファターゼの画像  アルカリホスファターゼ基質アルカリホスファターゼの画像 アルカリホスファターゼ(ALP 染色用アルカリホスファターゼ アルカリホスファターゼ標識 ONE DNA-アルカリホスファターゼ


★リンクテーブル★
国試過去問098F033」「098D052」「096G094」「096B037」「096B016」「098H036」「095E029」「099B030
リンク元検査値」「好中球」「100Cases 58」「AP」「胆道系酵素
拡張検索アルカリホスファターゼ染色」「アルカリホスファターゼ反応」「好中球アルカリホスファターゼ陽性指数」「白血球アルカリホスファターゼ値
関連記事アルカリ

098F033」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 62歳の女性。意識障害のため家族とともに来院した。
  • 現病歴 : このところ忙しく便秘気味であった。昨夕から食事中に箸を落としたり、しばらくボーッとするなど、少し様子がおかしいことに家族が気付いた。
  • 既往歴 : 30歳時分娩の際に大量出血をきたし輸血を受けた。病院に行くのが嫌いなため、その後血液検査を受けたことがない。
  • 現症 : 意識はやや低下している。身長157cm、体重56kg。体温35.8℃。脈拍80/分、整。血圧146/82mmHg。眼球結膜に軽度の黄染を認める。胸部にくも状血管腫を認める。腹部は平坦、軟で、心窩部に肝を8cm触知する。脾は触知しないが、脾濁音界は拡大している。下肢に浮腫は認めない。
  • この患者の血中で低下しているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F032]←[国試_098]→[098F034

098D052」

  [★]

  • 2歳6か月の女児。歩行障害と下肢の変形とを主訴に受診した。
  • 母親の妊娠・出産歴に特記すべきことはない。7か月までは母乳で育てられ順調に成長していた。母親は患児を祖父に預けて農作業をしていた。祖父は病弱でほとんど外出することがなく、家の中で生活していた。
  • 患児は1歳ころから肘をついて這っていた。1歳6か月ころから背部が突出する変形がみられ、さらに下肢の変形を伴い、歩行できないため受診した。
  • 下肢の写真と手根骨エックス線写真とを以下に示す。
  • この疾患の血清で低値が予想されるのはどれか。2つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 098D051]←[国試_098]→[098D053

096G094」

  [★]

  • 血清アルカリホスファターゼ値が上昇するのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096G093]←[国試_096]→[096G095

096B037」

  [★]

  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096B036]←[国試_096]→[096B038

096B016」

  [★]

  • 閉塞性黄疸で血液中に増加するのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096B015]←[国試_096]→[096B017

098H036」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 098H035]←[国試_098]→[098H037

095E029」

  [★]

  • 食事摂取の影響を最も受ける血清生化学検査項目はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095E028]←[国試_095]→[095E030

099B030」

  [★]

  • 原発性甲状腺機能亢進症で誤っているのはどれか。
  • a. T3高値
  • b. T4高値
  • c. TSH高値
  • d. 131I甲状腺摂取率上昇
  • e. アルカリホスファターゼ高値
[正答]


※国試ナビ4※ 099B029]←[国試_099]→[099B031

検査値」

  [★]

laboratory data
臨床検査

変動要因

食事

  • 影響ほとんどなし:総コレステロール( 肝臓で産生されるコレステロール >> 腸管から吸収されるコレステロール
  • 影響有り

運動

体位

個体間の変動

LAB.464
男性>女性 尿酸クレアチニンヘモグロビン
女性>男性 HDL-CクレアチンLHFSH
個体差 コリンエステラーゼアルカリホスファターゼコレステロールγGTPアミラーゼ
年齢 幼小児 アルカリホスファターゼリン
女性(閉経後) アルカリホスファターゼHDL-C

生活リズムによる変動

LAB.464
時間帯 日中 夜間
午前 午後
早朝   夕刻  
血清鉄 高値 低値    
カルシウム       低値
ACTH 高値   低値  
コルチゾール 高値   低値  
TSH 低値     高値
GH 低値     高値
プロラクチン 低値     高値
カテコラミン 高値     低値
レニン 高値   低値  
cAMP   高値    
尿アミラーゼ 低値   高値  

好中球」

  [★]

neutrophil (Z),neutrophile ,neutrophils
血液血球白血球

特徴

  • マクロファージより貪食能が高い
  • 非特異的感染防御に関与
  • 寿命:1週間。(他の資料:1週間以内。血中で6-7時間,活性化時1-2日。)
  • 好中球比率(対白血球):50-60%。文献によっては50-70%
  • ケモカインによって走化能を示し、異物を貪食する
貪食食胞形成→proteolysis (lysosome: 約30種類)

分化・成熟

骨髄芽球:顆粒なし
  ↓
前骨髄球アズール顆粒出現
  ↓
骨髄球:好中球に特異な顆粒(ALPリゾチーム)が出現
  ↓
後骨髄球:核が分葉。細胞分裂(-)
  ↓
桿状核球:末梢血中に現れる�  ↓
  ↓
分葉核球:成熟細胞

顆粒

  • 特殊顆粒 (HIS.194)

成長とリンパ球・好中球数

PED.703
  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。

臨床関連

末梢血好中球数1500/μl以下 、特に500/μl以下 (定義:[1])
末梢血好中球数7500/μ以上
  • 慢性肉芽腫症:NADPH酸化酵素の異常による好中球の活性酸素産生障害をきたす疾患。常染色体劣性遺伝。
  • チェディアック・東症候群:細胞内輸送蛋白(CHS1)の調節の異常により巨大顆粒の形成、殺菌性蛋白・溶菌性酵素の食胞内放出が障害され、また好中球の遊走能が低下する疾患。常染色体劣性遺伝。







100Cases 58」

  [★]

63歳 女性
主訴口渇頻尿
来院のきっかけ:(GPから)多尿精査のために泌尿器科医に紹介された。
症状
 (主訴にまつわる症状)
 ・多尿:(発症時期)4週間前。(発症様式)突然。(頻度)一晩に5回排尿
 (主訴以外の症状)
 ・全身倦怠感:3ヶ月間体中調子悪い。
背部痛
 ・体重減少:3ヶ月前から3kg体重減少
 ・頭痛悪心:朝に悪心持続する前頭部頭痛。(増悪因子)臥床咳嗽
既往症:8年前、乳癌のために乳房切断術放射線照射をうけた。
職業歴:市に公務員に勤めていたが、現在退職している。
嗜好歴:喫煙歴無し。飲酒は10 units/week
服薬歴:なし
身体所見 examination
全身:やせている。筋肉萎縮(muscles are wasted)。
循環器系脈拍 72 /分、血圧 120/84 mmHg頚静脈怒張なし。I, II音に亢進減弱無く、過剰心音雑音を認めない。
四肢浮腫なし
呼吸器系腹部神経系に異常所見なし。
眼:眼底乳頭浮腫を認める。
検査所見 investigations
高値Ca(軽度高値)、アルカリホスファターゼ
尿検査蛋白(-)、血尿(-)
frequency n.頻尿
pass urine 排尿する
servant n. 公務員
mastectomy 乳房切断術
乳癌が脳に転移し、視床下部浸潤圧迫尿崩症を来している。頭痛悪心頭蓋内圧によるもので、眼底の乳頭浮腫はこれを指示している。また、朝の頭痛頭蓋内圧亢進症に特徴的らしい。また、咳や体位により増悪するのも頭蓋内圧亢進によるものということを支持している。背部痛があるので、胸椎から腰椎骨転移しており、骨破壊によりCa, AlP上昇を来していると理解される。
尿崩症尿比重血液検査
頭蓋内圧亢進症:頭部MRI。利尿剤によって頭痛が軽快するか検査
骨転移胸部or腰部MRI。ガリウムシンチグラフィーで全身転移巣を精査

AP」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「antipersonnel / (またA.P.)Associated Press」

胆道系酵素」

  [★]

  • 胆汁うっ滞時に血中に増加


アルカリホスファターゼ染色」

  [★]

好中球アルカリホスファターゼ染色

NAPスコアと診断意義

慢性骨髄性白血球とその急性転化の診断

異常好中球の判定

発作性夜間血色素尿症

  • 低値

真性赤血球増加症と二時性赤血球増加症の鑑別

  • 真性赤血球増加症:高値
  • 二次性赤血球増加症:通常


アルカリホスファターゼ反応」

  [★]

alkaline phosphatase reaction
alkaline phosphatase反応
アルカリホスファターゼ


好中球アルカリホスファターゼ陽性指数」

  [★] 好中球アルカリホスファターゼスコア

白血球アルカリホスファターゼ値」

  [★] 好中球アルカリホスファターゼスコア

アルカリ」

  [★]

alkalialkaline
アルカリ性アルカリ属





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡