アミノグリコシド

出典: meddic

アミノグリコシド系抗菌薬

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/06/07 15:07:43」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アミノグリコシド系薬のTDM : 感染性心内膜炎に対するゲンタマイシン処方例 (こうすれば上手くいく! 抗菌薬TDMガイドラインの実践的活用法) -- (症例からみる投与設計のポイント)
  • 西 圭史,笠原 敬
  • 月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly 55(1), 65-69, 2013-01-00
  • NAID 40019548245
  • アミノグリコシド系薬のTDM : 多剤耐性菌感染症に対するアミノグリコシド系薬処方例 (こうすれば上手くいく! 抗菌薬TDMガイドラインの実践的活用法) -- (症例からみる投与設計のポイント)
  • 三鴨 廣繁,木村 匡男,山岸 由佳
  • 月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly 55(1), 59-64, 2013-01-00
  • NAID 40019548235
  • アミノグリコシド系薬のTDM : MRSA感染症に対するアルベカシン処方例 (こうすれば上手くいく! 抗菌薬TDMガイドラインの実践的活用法) -- (症例からみる投与設計のポイント)
  • 浜田 幸宏,?倉 俊二
  • 月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly 55(1), 53-57, 2013-01-00
  • NAID 40019548222

関連リンク

アミノグリコシド系について解説しています ... アミノグリコシド系抗生物質の特徴 アミノ糖とアミノサイクリトールがグリコシド結合をした構造を有するアミノグリコシド系に属する抗生剤は大きく、ストレプトマイシン群 ...
これらアミノグリコシド系抗生物質はグラム陰性菌(緑膿菌を含む)によく作用するので、比較的多く使用されていますが、第8脳神経障害の他にも腎毒性をも持ちますので、その使用は短期間が望ましいとされています。 上記の文章 ...

関連画像

アミノグリコシド系抗生物質の  アミノグリコシド系抗生物質アミノグリコシド系抗生物質の アミノグリコシド系抗生物質の カナマイシン』の画像を検索 アミノグリコシド系抗生物質


★リンクテーブル★
リンク元眩暈」「低マグネシウム血症」「アミノグリコシド系抗菌薬」「ファンコーニ症候群」「Pseudomonas aeruginosa
拡張検索アミノグリコシド耐性腸球菌」「アミノグリコシド系」「アミノグリコシド修飾酵素」「アミノグリコシド系薬物耐性菌
関連記事グリコシド」「グリコ

眩暈」

  [★]

げんうん、めまい
vertigo, dizziness
vertigo
めまい発作 dizzy spell
めまい、耳鳴り

めまいの分類

IMD. 276

SOD.134

原因部位による分類

めまいをきたしうる疾患

IMD.277

原因部位と眼振

原因部位の鑑別

研修医当直御法度 症例帳 p.22
  末梢性めまい 中枢性めまい
眼振 水平性 水平性
回転性 回転性
  垂直性
耳鳴、難聴
頭位 増強 軽度変化
カロリックテスト 陰性/低下 正常
意識消失 なし あり
神経症状 あり
IMD.279
  末梢前庭性めまい 中枢性めまい
性状 回転性が多い 回転性は少ない
強さ 強い 軽度
持続時間 数日まで 数日以上
眼振の方向 一方向性 注視方向性
自発眼振の性状 水平回旋性が多 純回旋性、垂直性
固視の影響 抑制される 抑制されない
注視眼振の増強する方向 健側 患側
蝸牛症状 多い
中枢神経症候 なし あり
悪心・嘔吐 軽度~重度 ない or 軽度

疫学

IMD.277
  • 1. 末梢前庭性眩暈:4-5割 → 良性発作性頭位眩暈が多い。
  • 2. 中枢性眩暈  :3割

眩暈、難聴をきたす疾患

    前庭症状 蝸牛症状 特徴
眩暈 難聴 耳鳴
薬剤性 ループ利尿薬 投与歴
アミノグリコシド系抗菌薬 投与歴
感染症 内耳炎  
新生物 小脳橋角部腫瘍 CT, MRI異常
特発性 突発性難聴 単発
特発性 メニエール病 発作性、反復性
特発性 良性発作性頭位眩暈症 ×   特定の頭位で発生。眩暈頭位の反復で減衰
炎症 前庭神経炎 × × 単発

検査

  • 中枢性めまいを疑う → 頭部単純CT
  • 末梢性めまいを疑う → Dix-Hallpike test

参考

  • 1. [charged] Benign paroxysmal positional vertigo - uptodate [1]



低マグネシウム血症」

  [★]

hypomagnesemia
マグネシウム高マグネシウム血症電解質異常

定義

  • 血清中のマグネシウム値低下による症状。
  • 正常範囲以下(1.5mg/dl以下)となった病態  正常範囲は 1.5-2.3 mg/dl

病因

  • 食事摂取量不足
  • 消化管(腸管)からの吸収障害:飢餓状態嘔吐、長期の胃腸液吸引、吸収不良症候群*、急性膵炎*、肝硬変
  • 腎からの排泄増加
  • 体内分布異常


病態生理

症状

  • 神経筋機能の異常:テタニー振戦てんかん発作筋脱力、運動失行、眼振めまい感情鈍麻、うつ、易刺激性、譫妄(delirium)、精神症状 (HIM.2373)
  • 心血管系:不整脈(洞性頻脈、上室性頻拍、心室性不整脈)、PR/QT延長、T波平坦化/陰性T波、ST straightening (HIM.2373)
  • 電解質:低カルシウム血症低カリウム血症 ← 個別に治療しても無駄。マグネシウムを補正する必要がある。1,25(OH)2Dの産生を阻害、細胞にPTHへの耐性をもたせ、さらに<1mg/dLではPTHの分泌を阻害する。 (HIM.2373) また、低マグネシウム血症では尿細管でのカリウム再吸収が低下するらしい。
  • その他:ジギタリス毒性上昇(MgはATPaseの補酵素だからね)

低マグネシウム血症と高マグネシウム血症の比較

低Mg血症、Mg欠乏症 高Mg血症
神経・筋肉 クボステック徴候トルソー徴候テタニー痙攣、筋肉振戦、筋力低下易疲労性アテトーゼ様運動舞踏病様運動眼振めまい運動失調 深部反射低下・消失、瞳孔拡大、平滑筋麻痺、呼吸筋抑制
精神 抑うつ、無欲、著明な不安、興奮 錯乱昏迷
心血管 頻脈、不整脈 PR/QT時間延長、T波平低化、T波拡大、ジギタリス作用増強 徐脈起立性低血圧、心室内伝導障害、PR/QRS/QT時間延長、心停止
消化器 食欲不振嚥下困難 嘔気嘔吐
その他 貧血 皮膚潮紅、末梢温暖


検査

心電図

HIM.2373
  • PR延長
  • QT延長
  • T波:平坦/陰転
  • ST:平坦

合併症


アミノグリコシド系抗菌薬」

  [★]

aminoglycoside antibiotic
抗菌薬、アミノグリコシド系薬、アミノグリコシド
GOO. chapter.45
  • タンパク質合成阻害による抗菌薬は静菌的なのもが多いが、アミノグリコシド系抗菌薬は「殺菌的」に作用

構造

  • amino sugars linked to an aminocyclitol ring by glycosidic bonds (GOO.1155)
  • 名前の通りアミノ基-NH2を多数有しているため正電荷を帯びる
→経口吸収不良
→脳脊髄液に移行しにくい。
→腎排泄されやすい

動態

  • 内服不可能→外来患者に使いにくい
  • 細胞膜(内膜)の通過は膜電位ポテンシャルに依存している。ここが律速段階となる。 → 細胞内移行性悪
阻害、拮抗要素:二価陽イオン、高浸透圧、pHの低下、嫌気的条件
膿瘍など嫌気的条件、酸性の高浸透圧尿など細菌の膜電位ポテンシャルが低下する場合に薬効低下

作用機序

  • 1. 翻訳開始を阻害
  • 2. 翻訳を停止させる
  • 3. 誤ったアミノ酸を取り込ませる
  • 異常蛋白が細胞膜に挿入され、膜の透過性を変えてさらにアミノグリコシド系抗菌薬の取り込みを促す

薬理作用

  • 薬効は迅速。濃度依存的
  • post-antibiotic effectがある。
抗菌薬の血漿濃度がminnimum inhibitory concentration以下になっても殺菌活性が残存。殺菌活性の残存時間は濃度依存的

抗菌スペクトル

  • 広い

副作用

  • 腎障害:近位尿細管の壊死変性。用量依存的
  • 耳毒性:CN VIII障害。内耳の有毛細胞を破壊。用量依存的
  • 神経・筋遮断作用:(稀であるが)神経筋遮断作用(およびこれによる無呼吸)を呈する。遮断作用はネオマイシンが一番強く、カナマイシン、アミカシン、ゲンタマイシン、トブラマイシンがこれに続く。通常、胸腔内、腹腔に大量投与した時に生じるが、静脈内、筋肉内、あるいは経口投与でも起こりうる。大抵の発作(神経筋接合部が遮断される発作)は麻酔薬やその他の神経筋接合部遮断薬の投与で生じる(←どういう意味?)。重症筋無力症の患者はアミノグリコシド系抗菌薬による神経筋接合部遮断作用を受けやすい。(GOO.1164)

アミノグリコシド系抗菌薬



ファンコーニ症候群」

  [★]

Fanconi's syndrome, Fanconi syndrome
ファンコニ症候群ファンコニー症候群Fanconi症候群近位腎尿細管機能障害 proximal renal tubular dysfunctionデトーニ・ドゥブレ・ファンコニ症候群 De Toni-Debre-Fanconi syndrome腎ファンコニー症候群 renal Fanconi syndrome
腎尿細管転送障害症尿細管性アシドーシス

概念

  • 以下の病態の総称 : 近位尿細管の障害 → アミノ酸 + 糖 + リン酸 などの漏出 & 近位尿細管アシドーシス(RTA I)

原因

参考1,2
  • 先天性
  • 後天性
  • 薬物
  • 症候性

病態

参考

  • 1. SPE.606
  • 2. Etiology and clinical manifestations of renal tubular acidosis in infants and children - uptodate [2]




Pseudomonas aeruginosa」

  [★]

Pseudomonas aeruginosa
シュードモナス・エルジノーサ
日和見感染SPACE
  • 院内感染症
  • 健常人には病原性は低い

治療



アミノグリコシド耐性腸球菌」

  [★]

aminoglycoside-resistant Enterococci
腸球菌属

アミノグリコシド系」

  [★] アミノグリコシド系抗菌薬


アミノグリコシド修飾酵素」

  [★]

aminoglycoside-modifying enzyme


アミノグリコシド系薬物耐性菌」

  [★]

aminoglycoside系薬物耐性菌

グリコシド」

  [★]

glycoside
配糖体
強心配糖体


グリコ」

  [★]

glycoglycated
糖化




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡