β2刺激薬

出典: meddic

beta2 agonistbeta-2 agonist
β2作用薬β2受容体刺激薬β2アゴニスト


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 第66回東邦医学会総会 シンポジウム:なぜ今敷地内禁煙なのか―受動喫煙からCOPD(慢性閉塞性肺疾患)まで 喫煙と慢性閉塞性肺疾患(COPD)のupdate 2012
  • 石田 文昭
  • 東邦医学会雑誌 60(2), 87-89, 2013-03-00
  • … 時の呼吸困難と運動能力を改善する.現在のCOPD 治療薬の主体は吸入気管支拡張薬であり,長時間作用型の抗コリン薬,β2刺激薬の新規薬剤の登場により,治療の選択肢が拡がっている.また予後改善において増悪の管理の重要性が増し,吸入ステロイド薬と長時間作用型β2刺激薬の合剤の位置づけが明らかとなってきた.症状,呼吸機能,増悪頻度,合併症を含め,総合的に重症度を評価して適切 …
  • NAID 120005306378
  • 小児気管支喘息の治療管理戦略 (第115回日本小児科学会学術集会 教育講演)
  • 浜崎 雄平
  • 日本小児科学会雑誌 = The journal of the Japan Pediatric Society 116(11), 1697-1708, 2012-11-00
  • NAID 40019490238
  • COPD、喘息、インフルエンザ この冬注目の吸入薬
  • 佐原 加奈子
  • 日経ドラッグインフォメーションpremium (181), 31-35, 2012-11-00
  • …  2011年9月に発売され、この10月に長期処方が可能になった長時間作用型β2刺激薬(LABA)のオンブレス(一般名インダカテロールマレイン酸塩)に続き、今年9月には同じLABAに分類されるオーキシス(ホルモテロールフマル酸塩水和物)が発売となった。 …
  • NAID 40019486643

関連リンク

使用中のβ2刺激薬で、上記の副作用が疑わしい症状のある人は、医師に相談してください。喘息のコントロールの最終目標は発作も薬の副作用もゼロにすることです。 内服を止めれば、副作用は消えますが、まったく使わないわけにも ...
一般的に使われる用語ではなく専門用語ですが、最近、吸入β2刺激薬(β2 Agonist)においてフルアゴ二スト、パーシャルアゴ二ストという言葉が使われるようになりました。 β2刺激薬を吸入すると多数あるβ2受容体(その数は状況に ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問107H036」「104C021」「108F023」「105I010
リンク元β2受容体刺激薬」「β2アゴニスト」「β2作用薬」「beta-2 agonist
拡張検索短時間作用型β2刺激薬」「長時間作用型β2刺激薬
関連記事刺激薬」「刺激」「

107H036」

  [★]

  • 次の文を読み、35、36の問いに答えよ。
  • 32歳の女性。持続する咳嗽を主訴に来院した。
  • 現病歴:2か月前から鼻汁鼻閉とを感じていた。1か月前から咳を自覚するようになり、3週前から咳が増強し、続いている。特に夜間に咳嗽が強い。
  • 既往歴:5歳時にアトピー性皮膚炎を発症。
  • 生活歴:両親と3人暮らし。事務職。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。5か月前からハムスターを飼っている。
  • 家族歴:父親が高血圧症で治療中。
  • 現症:意識は清明。身長160cm、体重50kg。体温36.4℃。脈拍88/分、整。血圧126/72mmHg。呼吸数20/分。SpO2 98%(room air)。咽頭粘膜に発赤を認めない。両側の胸部に強制呼出でwheezesを認める。胸部エックス線写真(別冊No.9)を別に示す。
  • 外来で通院治療していたが、自宅で歯痛があり市販の鎮痛薬を服用したところ、約30分後喘鳴と呼吸困難とを生じたため受診した。意識は清明。両側の胸部にwheezesを聴取する。
  • 直ちに行う処置はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107H035]←[国試_107]→[107H037

104C021」

  [★]

  • 42歳の男性。発作性の呼吸困難を主訴に来院した。6か月前から朝になると胸苦しさを時々自覚していた。3か月前に息苦しさが生じ横になるとより苦しくなったため時間外の外来を受辞した。両側全肺野にwheezesを聴取し、点滴とβ2刺激薬の吸入とを行うと改善した。病院から家に戻ると症状は全くなくなっていた。毎日ではないが週に1回以上同じ発作を繰り返すので、何か治療をしてもらいたいという。来院時に自覚症状はない。既往歴アレルギー歴とに特記すべきことはない。心音と呼吸音とに異常を認めない。尿、血液および胸部エックス線写真に異常を認めない。
  • 対応で最も適切なのはどれか。
  • a 入院
  • b 発作時のみの外来受診
  • c β2刺激薬の吸入による自己管理
  • d 外来での点滴β2刺激薬の吸入
  • e 副腎皮質ステロイド吸入薬による長期管理
[正答]


※国試ナビ4※ 104C020]←[国試_104]→[104C022

108F023」

  [★]

  • 33歳の 1回経妊 1回経産婦。妊娠 28週。本日朝からの軽度の下腹部痛と少量の性器出血とを主訴に来院した。妊娠 27週の妊婦健康診査までは特に異常を指摘されていなかった。腟鏡診で淡血性の帯下を少量認める。内診で子宮口は閉鎖している。胎児心拍数陣痛図で 10分周期の子宮収縮を認める。経腟超音波検査で頸管長 15 mm、内子宮口の楔状の開大を認める。腹部超音波検査で胎児推定体重は 1,200 g、羊水量は正常、胎盤は子宮底部にあり異常所見を認めない。 BPSbiophysical profile score〉は 10点である。
  • 治療薬として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108F022]←[国試_108]→[108F024

105I010」

  [★]

  • 成人気管支喘息の長期管理で、重症度にかかわらず第一選択薬となるのはどれか。


  • a テオフィリン徐放製剤
  • b 長時間作用性β2刺激薬
c 副腎皮質ステロイド吸入薬
[正答]


※国試ナビ4※ 105I009]←[国試_105]→[105I011

β2受容体刺激薬」

  [★]

beta2 agonist, β2-receptor stimulant
β2刺激薬 β2-stimulantβ2刺激薬β2作用薬β2アゴニスト
アドレナリン受容体β2受容体


β2アゴニスト」

  [★]

beta2 agonistbeta-2 agonist
β2刺激薬β2作用薬β2受容体刺激薬


β2作用薬」

  [★]

beta2 agonist
β2刺激薬β2受容体刺激薬β2アゴニスト

beta-2 agonist」

  [★]

beta2 agonist


短時間作用型β2刺激薬」

  [★]

short-acting β-agonists, SABA
長時間作用型β2刺激薬 LABA
[show details]



気管支喘息

  • 小発作から大発作の救急対応で反復吸入するkey drug
  • 20-30分おきにネブライザーで吸入。脈拍が130/分以下を保つようにする。

長時間作用型β2刺激薬」

  [★]

short-acting β-agonists LABA
短時間作用型β2刺激薬 SABA
[show details]


刺激薬」

  [★]

agoniststimulantirritantstimulating agentirritant chemicalagonistic
アゴニスト作動薬作用物質作用薬刺激剤刺激的賦活薬主動筋受容体刺激薬刺激物質刺激物


刺激」

  [★]

(刺激そのもの)stimulusstimuli。(行為)stimulation、、stimulateirritateincite、(薬物や抗原で)prime
impulse
刺激作用煽動抗原刺激扇動予備刺激




薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡