103H025

  • 45歳の男性。頭痛を主訴に来院した。初診時の医師と患者との会話を以下に示す。
  • 医師 「いかがなさいましたか」
  • 患者 「ひどい頭痛が3週前に始まりました。だんだん悪くなっています」
  • 医師 「悪くなったのですね」
  • 患者 「はい。今はもう耐え難いくらいです。夜中の2時に痛みで目が覚め、だんだんひどくなって、責めさいなまれるようになります。自分ではそれから1時間も続くように思えますが、たぶん30分間くらいのものかもしれません。痛みは少しずつ治まって、また眠ることができるようになります」
  • 医師 「毎晩ですか」
  • 患者 「そう、毎晩です。痛みはとてもひどくて、誰かが頭に錐で穴を開けているような感じです。いつも右側で、特に目の後ろが強い感じです」医師 「右目の後ろですね」
  • 患者 「そうです。こんな痛みはこれまで経験したことがありません。以前は右の頭痛がありましたが、その時はこれほどではありませんでした。またこんなに長くは続きませんでした。痛みが起きると、横になっていたいと思っても、起きて歩き回らなければならなくなります」
  • 医師 「歩き回ると楽になりますか」
  • 患者 「ええ、ほんの少しですが。痛みを軽くするのはそれだけなのです」
  • 用いられているコミュニケーションスキルはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 103H024]←[国試_103]→[103H026



★リンクテーブル★
国試過去問103H026」「103H024

103H026」

  [★]

  • 67歳の男性。1時間前からの胸痛を主訴に来院した。意識は清明。呼吸数24/分。脈拍112/分、整。血圧104/68mmHg。心電図胸部誘導ではV2からV6にST上昇、心エコー検査では前壁の壁運動低下、血液検査ではトロポニンTの高値を認めた。診療開始45分後に心室細動となり、二次救命処置を施行したが心拍は再開せず、家族の前で死亡を確認した。次に行うのはどれか。
  • a. 死亡診断書の作成
  • b. 死体検案書の作成
  • c. 警察署への届出
  • d. 裁判所への届出
  • e. 保健所への届出

[正答]


※国試ナビ4※ 103H025]←[国試_103]→[103H027

103H024」

  [★]

  • 32歳の女性。咽頭痛と発熱とを主訴に来院した。2日前から咽頭痛が出現し、本日朝には発熱も加わった。抗菌薬投与を考えるのはどれか。
  • a. [[]]
  • b. [[]]
  • c. [[]]
  • d. [[]]
  • e. [[]]

[正答]


※国試ナビ4※ 103H023]←[国試_103]→[103H025