100H031

  • 18歳の女子。高校に入学して間もなく、学校での些細なことをきっかけに、腹痛を理由に登校しなくなった。家族の説得で登校したり、しなかったりが続き、結局1年後には中退してしまった。その後、1年ほど自室に閉じこもり、家族ともあまりロをきかず、外出の働きかけに興奮気味に反発し、最近「自分の考えが人に伝わる」、「家族が不幸になる」などと言うようになった。
  • 最も可能性の高いのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100H030]←[国試_100]→[100H032



★リンクテーブル★
国試過去問100H030」「100H032

100H030」

  [★]

  • 33歳の初産婦。妊娠30週。腹痛と少量の性器出血とを主訴に来院した。身長157cm、体重65kg。血圧120/80mmHg。子宮底長29cm、腹囲86cm。子宮壁の圧痛が認められる。下腿に浮腫はない。内診所見:頭位で先進児頭は固定していない。子宮口は閉鎖している。破水はない。尿蛋白(-)。血液所見:赤血球300万、Hb 8.5g/dl、白血球8,000、血清FDP40μg/ml(基準10以下)。来院時の胎児心拍数陣痛図を以下に示す。 適切な処置はどれか。
  • a. 安静にする。
  • b. ラミナリア桿を挿入する。
  • c. オキシトシンを投与する。
  • d. 人工破膜を行う。
  • e. 帝王切開術を行う。


[正答]


※国試ナビ4※ 100H029]←[国試_100]→[100H031

100H032」

  [★]

  • 68歳の男性。軽自動車を運転中に電柱に衝突し救急車で搬入された。意識は清明。激しい頸部痛を訴えている。上腕三頭筋から両下肢にかけて高度の麻痺を認める。
  • 障害部位はどれか。
  • a. 第1頸髄
  • b. 第3頸髄
  • c. 第5頸髄
  • d. 第7頸髄
  • e. 第1胸髄

[正答]


※国試ナビ4※ 100H031]←[国試_100]→[100H033