100H003

  • 27歳の女性。反復する流産を主訴に来院した。妊娠6週、10週および15週で自然流産の既往がある。染色体検査の結果、13番と18番との染色体に相互転座が認められた。
  • 次の妊娠に向けて必要なのはどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 100H002]←[国試_100]→[100H004



★リンクテーブル★
国試過去問100H002」「100H004

100H002」

  [★]

  • 28歳の女性。会社事務員。27歳の時に結婚し、平成18年1月1日から7日間の月経を最後に無月経となったため2月15日に来院した。月経周期は28日、整。子宮は前傾前屈、鵞卵大、軟。子宮腔内に径23mm(妊娠6週3日相当)の胎嚢を認め、胎児心拍動が確認できた。平成18年のカレンダーを以下に示す。この女性が産前休暇を取れるようになるのはいつか。
  • a. 7月3日
  • b. 7月17日
  • c. 8月14日
  • d. 8月28日
  • e. 9月11日


[正答]


※国試ナビ4※ 100H001]←[国試_100]→[100H003

100H004」

  [★]

  • 24歳の研修医。採血中に患者に使用した注射針を誤って指に刺した。患者と研修医との検査結果を表に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。
  • a. 経過観察
  • b. HBワクチンの投与
  • c. 抗HBs人免疫グロブリンの投与
  • d. 抗HBs人免疫グロブリンとHBワクチンの投与
  • e. インターフェロンの投与

[正答]


※国試ナビ4※ 100H003]←[国試_100]→[100H005