100F059

  • 48歳の男性。易疲労感と食思不振とを主訴に来院した。自動車用バッテリー再生工場内でフォークリフト運転等の作業に従事している。身長163cm、体重54kg。血圧142/88mmHg。眼瞼結膜は蒼白。胸腹部に異常を認めない。便潜血(-)。血液所見:赤血球370万、Hb9.8g/dl、Ht29%、網赤血球7‰、白血球7,500。鉛健康診断で血液中鉛68μg/dl(生物学的許容値40)、尿中のデルタアミノレブリン酸7mg/l(生物学的許容値5)。上部消化管造影で異常を認めない。
  • 異常が予想されるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100F058]←[国試_100]→[100F060



★リンクテーブル★
国試過去問100F058」「100F060

100F058」

  [★]

  • 23歳の女性。上口唇の小水疱と痛みとを主訴に来院した。2日前から上口唇部がぴりぴりしていた。今朝起きると小さい水疱が出ていた。3年前から年に1, 2回、上口唇に同様の水疱ができて、7~10日くらいで軽快するエピソードを繰り返していた。上口唇の写真を以下に示す。
  • この病変を起こす病原体の初感染によって生じるのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 100F057]←[国試_100]→[100F059

100F060」

  [★]

  • 56歳の男性。意識障害(昏迷)のため救急車で搬入された。自殺を目的として、1時間前に除草剤のパラコートを飲んだ。
  • 対応として適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100F059]←[国試_100]→[100G001