100D036

  • 次の文を読み、35、36の問いに答えよ。
  • 38歳の男性。直下型地震で倒壊した家屋の下敷きになり救急車で搬入された。
  • 現病歴 :地震で倒れた柱に両側下肢を挟まれ、救助隊が到着するまで身動きができなかった。両側下肢に激痛がある。尿は出ていない。
  • 現症 : 意識は混濁。身長177cm、体重72kg。体温37.1℃。脈拍112/分、整。血圧76/32mmHg。皮膚は蒼白で冷たい。頸静脈拍動が臥位で認められない。両側下肢に皮下出血と腫脹とを認める。救出から搬入まで尿は出ておらず、入院後にカテーテルの導尿によって10mlの尿が得られた。
  • 検査所見:尿所見:色調はコーラ色、蛋白1+、糖(-)、潜血1+。血液所見:赤血球310万、Hb11.2g/dl、Ht30%、白血球13,700、血小板34万。血清生化学所見:総蛋白6.5g/dl、アルブミン4.5g/dl、尿素窒素40mg/dl、クレアチニン2.5mg/dl、尿酸8.0mg/dl、総ビリルビン0.9mg/dl、AST700単位、ALT140単位、CK10,200単位(基準10~40)、Na135mEq/l、K7.1mEq/l、Cl111mEq/l。心電図でT波の増高が認められる。


  • 輸液として最も適切なのはどれか。


  • a. 生理食塩液
  • b. 脂肪栄養液
  • c. アミノ酸栄養液
  • d. 5%ブドウ糖液
  • e. カリウム含有低張液

[正答]


※国試ナビ4※ 100D035]←[国試_100]→[100D037



★リンクテーブル★
国試過去問100D035」「100D037
リンク元圧挫症候群

100D035」

  [★]

  • 次の文を読み、35、36の問いに答えよ。
  • 38歳の男性。直下型地震で倒壊した家屋の下敷きになり救急車で搬入された。
  • 現病歴 :地震で倒れた柱に両側下肢を挟まれ、救助隊が到着するまで身動きができなかった。両側下肢に激痛がある。尿は出ていない。
  • 現症 : 意識は混濁。身長177cm、体重72kg。体温37.1℃。脈拍112/分、整。血圧76/32mmHg。皮膚は蒼白で冷たい。頸静脈拍動が臥位で認められない。両側下肢に皮下出血と腫脹とを認める。救出から搬入まで尿は出ておらず、入院後にカテーテルの導尿によって10mlの尿が得られた。
  • 検査所見:尿所見:色調はコーラ色、蛋白1+、糖(-)、潜血1+。血液所見:赤血球310万、Hb11.2g/dl、Ht30%、白血球13,700、血小板34万。血清生化学所見:総蛋白6.5g/dl、アルブミン4.5g/dl、尿素窒素40mg/dl、クレアチニン2.5mg/dl、尿酸8.0mg/dl、総ビリルビン0.9mg/dl、AST700単位、ALT140単位、CK10,200単位(基準10~40)、Na135mEq/l、K7.1mEq/l、Cl111mEq/l。心電図でT波の増高が認められる。
  • 尿がコーラ色なのは何を含んでいるためか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100D034]←[国試_100]→[100D036

100D037」

  [★]

  • 次の文を読み、37、38の問いに答えよ。
  • 68歳の男性。下腹部の痛みと尿が出ないこととを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 3年前から頻尿、残尿感および排尿困難があったが放置していた。2時間前に自宅で晩酌をしていたところ、下腹部に痛みが出現し、触ると痛みが増強した。排尿ができず、痛みも持続している。
  • 既往歴 : 5年前から高脂血症を指摘されているが放置している。
  • 生活歴 : 喫煙20本/日を30年間。飲酒晩酌程度。
  • 現症 : 意識は清明。身長163cm、体重65kg。体温36.5℃。脈拍100/分、整。血圧156/90mmHg。上腹部はほぼ平坦で、肝・脾は触知しない。下腹部は軽度膨隆しており、正中に腫瘤を触知し、同部に圧痛を認める。下肢に浮腫を認めない。骨盤部超音波写真を以下に示す。


  • この患者にまず行うのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100D036]←[国試_100]→[100D038

圧挫症候群」

  [★]

crush syndrome
挫滅症候群クラッシュ症候群バイウォーターズ症候群 Bywaters syndrome


国試