098A057

  • 45歳の男性。上部消化管造影で異常を指摘され、精密検査のため来院した。胃内視鏡検査で十二指腸潰瘍であると診断され、ウレアーゼ試験が陽性であった。この疾患の治療に組合せて用いる抗菌薬はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 098A056]←[国試_098]→[098A058



★リンクテーブル★
国試過去問098A058」「098A056

098A058」

  [★]

  • 32歳の初妊婦。妊娠32週。破水感と下腹部痛とを主訴に来院した。家族歴に特記すべきことはない。既往歴にクラミジア頚管炎の治療がある。これまでの妊娠経過に異常の指摘はない。身長165cm、体重65㎏。体温38.5℃。脈拍120/分、整。血圧130/70mmHg。意識は清明。腹部に圧痛を認め、内診では子宮口1cm開大、展退度50%。卵膜を触知せず羊水漏出を認める。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球380万、Hb11.5g/dl、Ht34%、白血球21,000、血小板25万。CRP5.0mg/dl(基準0.3以下)。胎児心拍数陣痛図で心拍数基線は180/分、心拍数基線細変動の減少を認める。5分周期の子宮収縮がある。最も考えられるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 098A057]←[国試_098]→[098A059

098A056」

  [★]

  • 27歳の女性。下腹部痛を主訴に来院した。2週前から多量の膿性帯下を認めていたが、7日前から下腹部痛をきたし、3日前から悪寒を伴う発熱がある。下腹部全体にBlumberg徴候を認め、内診でDouglas窩に抵抗と圧痛とを認める。白血球19,500、CRP10.4mg/dl(基準0.3以下)。子宮頚管分泌物検査:クラミジア抗原陽性。適切な治療はどれか。
  • a. 膣洗浄
  • b. 卵管通水
  • c. 抗菌薬殺与
  • d. 抗ウイルス薬投与
  • e. 付属器摘出術

[正答]


※国試ナビ4※ 098A055]←[国試_098]→[098A057