098A040



★リンクテーブル★
国試過去問098A039」「098A041

098A039」

  [★]

  • 1歳5か月の男児。腹部腫瘤を主訴として来院した。発育と栄養状態とは正常である。左上腹部が膨隆し、径15cmの弾性硬、表面平滑な腫瘤を触れる。尿所見は正常。血液所見:赤血球378万、Hb11.0g/dl、白血球7,200、血小板22万。血清生化学所見:AST32単位(基準40以下)、ALT20単位(基準35以下)、LDH770単位(基準176~353)。α-フェトプロテイン(AFP)正常。尿中VMA正常。腹部造影CTを以下に示す。診断はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098A038]←[国試_098]→[098A040

098A041」

  [★]

  • 30歳の女性。多量の粘液性帯下を主訴に来院した。子宮頸部は腫大していたが、子宮体部は正常大で、両側付属器は触知しない。頸部擦過細胞診のPapanicolaou染色標本とコルポスコピィ写真とを以下に示す。最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098A040]←[国試_098]→[098A042