095D043

  • 12歳の男児。発熱と咽頭痛とを主訴に来院した。急性咽頭炎と診断された。血圧104/68mmHg。来院時尿所見:蛋白1+、沈渣に赤血球1~2/1視野、白血球1~2/1視野。翌日には解熱し、症状も軽快した。その時再検した尿所見:蛋白2+、沈渣に赤血球1/数視野、白血球1~2/1視野。血液所見:赤沈6mm/1時間。血清生化学所見:総蛋白7.0 g/dl、アルブミン4.5g/dl、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.5 mg/dl、総コレステロール150 mg/dl。血清補体価正常。今後の方針として適切なのはどれか。
  • (1) 蛋白制限食を勧める。
  • (2) 入院を勧める。
  • (3) 早朝第1尿を検査する。
  • (4) 前弯負荷前後の検尿をする。
  • (5) 腎生検を予約する。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 095D042]←[国試_095]→[095D044



★リンクテーブル★
国試過去問095D044」「095D042

095D044」

  [★]

  • 65歳の男性。昨日左眼の前が突然真っ暗になり、1時間ほどで回復したが心配になり来院した。5年前から高血圧症と糖尿病との治療を受けている。半年前から右手に持っている箸を落したり、ろれつが回りにくくなるなどの一過性の症状に気付いていたが放置していた。神経学的に異常所見を認めない。最も可能性の高いのはどれか。
  • a. 左鎖骨下動脈の狭窄
  • b. 左椎骨動脈起治部の狭窄
  • c. 左内頚動脈起始部の狭窄
  • d. 左中大脳動脈起始部の狭窄
  • e. もやもや病

[正答]


※国試ナビ4※ 095D043]←[国試_095]→[095D045

095D042」

  [★]

  • 14歳の女子。4か月前から毎月ほぼ同時期に腹部膨満感と下腹部痛とが出現し、次第に増強するので来院した。初経は発来していない。恥骨上6cmに達する腫瘤を触知るする。乳房や陰毛の発育は正常である。この患者に適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095D041]←[国試_095]→[095D043