095B006


  • a. 体験後、時間をおいて発症する例がある。
  • b. 小児の方が成人よりも発症しやすい。
  • c. 悪夢などの睡眠障害が特徴である。
  • d. 重症例では幻覚を伴うことがある。
  • e. 脳波異常を伴うことが多い。

[正答]


※国試ナビ4※ 095B005]←[国試_095]→[095B007



★リンクテーブル★
国試過去問095B005」「095B007

095B005」

  [★]

  • 精神分裂病における精神症状の予後良好因子はどれか。
  • (1) 病前性格に循環気質的傾向が認められる。
  • (2) 病前の社会適応レベルが高い。
  • (3) 発症に際して誘因が認められる。
  • (4) 緩徐な発症・経過をとる。
  • (5) 発症年齢が低い。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 095B004]←[国試_095]→[095B006

095B007」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 095B006]←[国試_095]→[095B008