重症度判定


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 心配な脱水症の見つけ方,重症度判定のポイント (特集 脱水って何? 命にかかわるの!?)
  • 咳喘息 : 患者数の増加,咳の重症度判定の仕方,喘息への移行 (特集 咳嗽をめぐって)
  • 重症度の判定と検査所見 (特集 新生児・乳児消化管アレルギーの臨床と病型分類)

Related Pictures

JTAS2012緊急度判定支援システム 2008年急性膵炎重症度判定基準熱傷の重症度の判定基準と収容 -Pugh分類(肝硬変の重症度判定 成人喘息重症度判定表(長期 成人喘息 重篤度判定表



★リンクテーブル★
国試過去問108E067
関連記事判定」「重症

108E067」

  [★]

  • 次の文を読み、 66~ 68の問いに答えよ。
  • 72歳の女性。労作時呼吸困難を主訴に来院した。
  • 現病歴:約半年前から労作時の呼吸困難を自覚していた。当初は階段や急な坂を登る時のみであったが次第に悪化し、より軽い労作でも呼吸困難を感じるようになった。現在では 2. 3分の平地歩行でも呼吸困難を自覚するようになったが、安静時には症状はない。
  • 既往歴: 20歳時に副鼻腔炎手術。 38歳時に子宮筋腫手術。 10年前から高血圧症に対し内服治療中。
  • 生活歴:喫煙歴はない。 1年前から室内でネコを飼っている。
  • 家族歴:夫が 3年前に肺癌で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 152 cm、体重 52 kg。体温 36.1℃。脈拍 88/分、整。血圧 122/68 mmHg。呼吸数 18/分。 SpO2 97% ( room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張と口唇のチアノーゼとを認めない。心雑音を聴取しないが胸骨左縁第 2肋間で II音の亢進を認める。呼吸音は正常で、呼吸副雑音を聴取しない。腹部診察で異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白 (-)、糖 (-)。血液所見:赤血球 396万、 Hb 13.0 g/dl、Ht 38%、白血球 6,800、血小板 23万、 Dダイマー 3.6 μg/ml(基準 1.0以下 )。血液生化学所見:総蛋白 7.2 g/dl、アルブミン 4.2 g/dl、総ビリルビン 0.7 mg/dl、AST22 IU/l、ALT 20 IU/l、LD 256 IU/l(基準 176.353)、尿素窒素 10 mg/dl、クレアチニン 0.6 mg/dl、Na 139 mEq/l、K 4.9 mEq/l、Cl 109 mEq/l、脳性ナトリウム利尿ペプチド〈BNP〉140 pg/ml(基準 18.4以下 )。 CRP 0.2 mg/dl。
  • 胸部造影 CT(別冊 No.17A)と心電図 (別冊 No.17B)とを別に示す。
  • 重症度判定に有用な検査はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108E066]←[国試_108]→[108E068

判定」

  [★]

determinationdecisionassessmentdeterminedecide
アセスメント決断決定査定試験診断測定定量判断評価特定決める影響評価確定

重症」

  [★]

severe diseasesevere
重篤苛酷激しい重度