mother
母親

WordNet

  1. care for like a mother; "She fusses over her husband" (同)fuss, overprotect
  2. a stringy slimy substance consisting of yeast cells and bacteria; forms during fermentation and is added to cider or wine to produce vinegar
  3. a woman who has given birth to a child (also used as a term of address to your mother); "the mother of three children" (同)female parent
  4. a condition that is the inspiration for an activity or situation; "necessity is the mother of invention"
  5. a term of address for a mother superior
  6. a term of address for an elderly woman

PrepTutorEJDIC

  1. 『母』 / 〈C〉母親のような人 / 〈U〉《the ~》(…の)源(みなもと),原因《+『of』+『名』》 / ・・・‘を'生む,‘の'母親になる / ・・・‘を'母のように世話する
  2. 酢母(酢の表面にできる薄皮)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/19 20:47:11」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 自閉症の子どもを持つ親研究に関する文献的検討:当事者としての筆者の自閉症子育て体験の視点から
  • 高岡 忍
  • 人間文化研究科年報 28, 133-144, 2013-03-31
  • This article reviewed two main research approaches about mothers with autistic children:" mother's stress" and" acceptance of disability." I have a child with autism; therefore, in this paper, I discu …
  • NAID 110009560063
  • 日中幼児教育観の違い:「たまごちゃんのお父さん おさんになろう」の実践活動に焦点をあてて
  • 楊 静
  • 人間文化研究科年報 28, 145-155, 2013-03-31
  • In China,"being parents of an egg" is regarded as a practical activity to help children understand how hard parents work and to help them love their parents. The activity is letting each child hold a …
  • NAID 110009560029

Related Links

母:今台所でゴキブリをみました → 息子:殺した? → 母:みました → 息子:みただけ?殺してないの? → 母:みました。殺してないです → 息子:じゃあ帰りにほう酸団子でも買ってくる → 母:早く帰ってきて ...
母 毋毌 34 : ななしのよっしん :2014/10/08(水) 23:44:55 ID: WAn+Pfe6BY お母さんのおっぱい ちゅっちゅしたいよおおおお!!!!!そういう プレイがしたいよおおおお!!!!! 35 : ななしのよっしん :2014/12/16(火) 01:16 :11 の ...


Related Pictures

綠度母母との新年 - 宮方葉子 - ゆうゆ 双子の母のひとりごと - Yahoo 所属词条 > 《母仪天下》精神再生者 ウルトラの父・母・ゾフィー

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • ウイルスワクチン類

販売名

ガーダシル水性懸濁筋注

組成

製法の概要

  • 本剤は、高度に精製した4価の組換えヒトパピローマウイルス(HPV)6、11、16及び18型L1たん白質ウイルス様粒子(VLP)からなる無菌の懸濁液である。L1たん白質は遺伝子組換え技術から得られた酵母(Saccharomyces cerevisiae CANADE 3C-5、菌株1895)を培養して製造され、自己集合によりVLPを構築する。各型のVLPは精製後、アルミニウムを含有するアジュバント(アルミニウムヒドロキシホスフェイト硫酸塩)に吸着させ、緩衝液と混合、製剤化して本剤とする。また本剤は製造工程で、ウシの乳由来成分(D-ガラクトース及びカザミノ酸)を使用している。

組成

  • 本剤は、0.5mL中に下記の成分・分量を含有する。

有効成分

  • ヒトパピローマウイルス6型L1たん白質ウイルス様粒子 20μg
    ヒトパピローマウイルス11型L1たん白質ウイルス様粒子 40μg
    ヒトパピローマウイルス16型L1たん白質ウイルス様粒子 40μg
    ヒトパピローマウイルス18型L1たん白質ウイルス様粒子 20μg

添加物

  • アルミニウムヒドロキシホスフェイト硫酸塩(アルミニウムとして) 225μg
    塩化ナトリウム(安定剤) 9.56mg
    L-ヒスチジン塩酸塩水和物(緩衝剤) 1.05mg
    ポリソルベート80(安定剤) 50μg
    ホウ砂(緩衝剤) 35μg

禁忌

(予防接種を受けることが適当でない者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合には、接種を行ってはならない。
  • 明らかな発熱を呈している者
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  • 本剤の成分に対して過敏症を呈したことがある者
  • 上記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者


効能または効果

  • ヒトパピローマウイルス6、11、16及び18型の感染に起因する以下の疾患の予防
  • ・子宮頸癌(扁平上皮細胞癌及び腺癌)及びその前駆病変(子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)1、2及び3並びに上皮内腺癌(AIS))
  • ・外陰上皮内腫瘍(VIN)1、2及び3並びに腟上皮内腫瘍(VaIN)1、2及び3
  • ・尖圭コンジローマ


  • HPV6、11、16及び18型以外のHPV感染に起因する子宮頸癌又はその前駆病変等の予防効果は確認されていない。
  • 接種時に感染が成立しているHPVの排除及び既に生じているHPV関連の病変の進行予防効果は期待できない。
  • 本剤の接種は定期的な子宮頸癌検診の代わりとなるものではない。本剤接種に加え、子宮頸癌検診の受診やHPVへの曝露、性感染症に対し注意することが重要である。
  • 本剤の予防効果の持続期間は確立していない。
  • 9歳以上の女性に、1回0.5mLを合計3回、筋肉内に注射する。通常、2回目は初回接種の2ヵ月後、3回目は6ヵ月後に同様の用法で接種する。

接種間隔

  • 1年以内に3回の接種を終了することが望ましい。なお、本剤の2回目及び3回目の接種が初回接種の2ヵ月後及び6ヵ月後にできない場合、2回目接種は初回接種から少なくとも1ヵ月以上、3回目接種は2回目接種から少なくとも3ヵ月以上間隔を置いて実施すること。

他のワクチン製剤との接種間隔

  • 生ワクチンの接種を受けた者は、通常、27日以上、また他の不活化ワクチンの接種を受けた者は、通常、6日以上間隔を置いて本剤を接種すること。ただし、医師が必要と認めた場合には、同時に接種することができる(なお、本剤を他のワクチンと混合して接種してはならない)。

慎重投与

(接種の判断を行うに際し、注意を要する者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合は、健康状態及び体質を勘案し、診察及び接種適否の判定を慎重に行い、予防接種の必要性、副反応及び有用性について十分な説明を行い、同意を確実に得た上で、注意して接種すること。
  • 血小板減少症や凝固障害を有する者〔本剤接種後に出血があらわれるおそれがある。〕
  • 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害等の基礎疾患を有する者
  • 予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者
  • 過去に痙攣の既往のある者
  • 過去に免疫不全の診断がなされている者及び近親者に先天性免疫不全症の者がいる者〔免疫抑制療法、遺伝的欠損、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染あるいは他の要因のいずれかによる免疫応答障害を有する被接種者は、能動免疫に対する抗体産生反応が低下することがある(「相互作用」の項参照)。また、HIV感染患者に対する本剤の安全性、免疫原性及び有効性は十分に評価されていない。〕
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人〔「妊婦、産婦、授乳婦等への接種」の項参照〕


重大な副作用

  • 次のような副反応があらわれることがあるので、接種後は観察を十分に行い、異常が認められた場合は、適切な処置を行うこと。

過敏症反応(アナフィラキシー反応(頻度不明)、アナフィラキシー様反応(頻度不明)、気管支痙攣(頻度不明)、蕁麻疹(頻度不明)等)

ギラン・バレー症候群(頻度不明)

血小板減少性紫斑病(頻度不明)

急性散在性脳脊髄炎(頻度不明)

薬効薬理

  • 本剤はヒトパピローマウイルスのL1たん白質からなるウイルス様粒子(VLP)を含有する。このVLPは野生型ウイルス粒子に類似したたん白質であるが、ウイルス由来のDNAを含まないため、細胞への感染能及び増殖能はない。このたん白質はHPVに関連した疾病の原因にはならない。HPVはヒトにのみ感染するが、ヒト以外の動物のパピローマウイルスを用いた試験により、VLPワクチンは液性免疫を惹起することにより、その効果を発揮すると考えられる。

★リンクテーブル★
国試過去問103F028
リンク元mother」「母親
拡張検索毛母」「第二次卵母細胞

103F028」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 53歳の男性。1か月以上続く咳と37℃台の微熱とを主訴に来院した。
  • 既往歴 : 23歳時に肺結核で1年間入院治療した。
  • 家族歴 : 母(76歳、降圧薬服用中)、妻(51歳、高脂血症薬服用中)、長男(29歳、交通事故後遺症で義肢装着中)、長男の妻(27歳、気管支喘息で気管支拡張薬服用中)、孫(生後1か月)、
  • 現 症 : 身長165cm、体重55kg。体温37.2℃。呼吸数18/分。脈拍84/分、整。血圧116/72mmHg。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛や抵抗を認めない。
  • 検査所見 : 胸部エックス線写真で右上肺野に石灰化陰影とその周囲に軟らかい浸潤影とを認める。結核菌の喀痰塗抹検査は陰性であった。
  • 経 過 : 担当医は結核症の可能性が極めて高いと判断し、治療を開始することとした。患者は外来治療を希望していたが、担当医は同居家族の状況から入院治療が必要と判断した。入院後、抗結核薬の4剤併用投与を開始した。治療開始前に行った喀痰培養で結核菌が陽性で、薬剤感受性菌であることが後日判明した。治療開始3か月の時点でも自覚症状と胸部エックス線陰影とが改善せず、喀痰塗抹検査が陽性となり、結核菌が証明された。抗結核薬の服用が不規則で飲み残しの多いことが判明し、担当医は規則的な服薬を再度強く指導した。
  • 入院治療が必要と判断したのはどの家族のためか。
  • a.
  • b. 妻
  • c. 長男
  • d. 長男の妻
  • e.

[正答]


※国試ナビ4※ 103F027]←[国試_103]→[103F029

mother」

  [★]

  • n.
motherhood

               

母親」

  [★]

mothermotherhood
母性

毛母」

  [★]

hair matrix
毛母基
  • 毛乳頭を囲む数層の未熟な上皮細胞群
  • メラノサイトが存在する。 → 皮膚でメラノサイトが存在するのは表皮基底層と毛母

[display]http://www.uraken.net/zatsugaku/zatsugaku138.gif
[display]http://www.ikumou1.com/atp/icon/atp13.gif

第二次卵母細胞」

  [★]

secondary oocyte
卵娘細胞
卵形成