抗ペプシン薬


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • ラットの前胃部潰瘍について : ブタの胃食道部潰瘍の実験モデルとしての有用性
  • 小久江 栄一,榑林 陽一
  • 日本獸醫學雜誌 42(4), 395-399, 1980-08-25
  • … その結果, 抗ペプシン薬のペプスタチン, 増粘剤のポリアクリル酸ソーダ, 増粘剤で"むねやけ"の一般治療薬として使用されているアルギン酸ソーダが有効な予防薬であると判定された. …
  • NAID 110003919535
  • 抗ペプシン薬, Sulfated Glyptide(GLPS), および制酸薬, 重炭酸ナトリウムの抗Shay潰瘍作用, 抗ペプシン作用, 制酸作用に関する研究
  • 岡部 進,竹内 孝治,本田 一男,高木 敬次郎
  • 藥學雜誌 94(8), 1037-1039, 1974-08-25
  • Sulfated glyptide strongly inhibited gastric ulceration caused by pylorus-ligation with increasing dose, even though the anti-peptic activity was lessened at higher doses. Reduction of gastric acidity …
  • NAID 110003651886

Related Links

抗ペプシン剤で始まる薬の検索結果。アルサルミン,オーネスミン,シューアルミン,スクラルファート,ツナルミン,テイガスト,ビンガスト,ムッテルミン - goo薬検索では、約7000の薬剤の成分や効能(効果)、正しい服用法・使用法 ...
抗ペプシン薬 ペプシンと結合し酵素の働きを防ぐ薬でアルサミンやイサロンなどがあります。 抗ガストリン薬 ガストリン受容体に結合するのを防ぐ薬で胃酸を抑える効果もあります。セクレパンやストロカインなどがあります。 抗ム ...


Related Pictures

役に立つ薬の情報~専門薬学 メールで送信 BlogThis! Twitter で コランチル[ジサイクロミン プロトンポンプ阻害薬」を  ラックス[制酸薬]作用機序主細胞からはペプシノーゲンが



★リンクテーブル★
関連記事ペプシン」「」「

ペプシン」

  [★]

pepsin
pepsinum

分泌細胞

  • 胃の主細胞からペプシノーゲンが分泌される
  • ペプシノーゲンから「H+」または「ペプシン」の触媒によりペプシンに転換される

性質

  • 至適pH1.0-3.0
  • pH4-4.5以上になると不活化 (SPC.299)

機能

  • プロテアーゼの一種
  • タンパク質の分解

分泌調節

  • ↑:迷走神経刺激、pHの上昇

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品

抗」

  [★]

anti
アンチ