p53

出典: meddic

(遺伝子)p53 gene p53遺伝子
(蛋白質)p53 protein p53蛋白質


p53遺伝子

  • 癌抑制遺伝子
  • MDM2はp53と結合して安定化し、ユビキチン化を介してP53の分解に導く
  • 活性化ATM(DNA損傷などが引き金となる)はp53をリン酸化する
  • リン酸化されたp53は次の経路を活性化する
Bax→アポトーシス
→p21WAP1/CII1→細胞周期停止
→GADD45


---

p53(蛋白質)=

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/10 21:07:29」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Induction of apoptosis in non-small cell lung cancer by downregulation of MDM2 using pH-responsive PMPC-b-PDPA/siRNA complex nanoparticles.
  • Yu H, Zou Y, Jiang L, Yin Q, He X, Chen L, Zhang Z, Gu W, Li Y.SourceCenter of Pharmaceutics, Shanghai Institute of Materia Medica, Chinese Academy of Sciences, 501 Haike Road, Shanghai 201203, China.
  • Biomaterials.Biomaterials.2013 Apr;34(11):2738-47. doi: 10.1016/j.biomaterials.2012.12.042. Epub 2013 Jan 24.
  • Non-small cell lung cancer (NSCLC) accounts for the majority of lung cancer caused human death. In this work, we selected oncogene mouse double minute 2 (MDM2) as a therapeutic target for NSCLC treatment and proposed that sufficient MDM2 knockdown could inhibit tumor growth via induction of cell cyc
  • PMID 23352573
  • Mdm2 antagonists induce apoptosis and synergize with cisplatin overcoming chemoresistance in TP53 wild-type ovarian cancer cells.
  • Mir R, Tortosa A, Martinez-Soler F, Vidal A, Condom E, Pérez-Perarnau A, Ruiz-Larroya T, Gil J, Giménez-Bonafé P.SourceDepartament de Ciències Fisiològiques II, Faculty of Medicine, Campus of Health Sciences of Bellvitge, Universitat de Barcelona, IDIBELL, Spain.
  • International journal of cancer. Journal international du cancer.Int J Cancer.2013 Apr 1;132(7):1525-36. doi: 10.1002/ijc.27832. Epub 2012 Oct 11.
  • Ovarian cancer (OVCa) is the leading cause of death from gynecological malignancies. Although treatment for advanced OVCa has improved with the introduction of taxane-platinum chemotherapy, the majority of patients will develop resistance to the treatment, leading to poor prognosis. One of the cause
  • PMID 22961628
  • Addition of interferon-α to the p53-SLP® vaccine results in increased production of interferon-γ in vaccinated colorectal cancer patients: A phase I/II clinical trial.
  • Zeestraten EC, Speetjens FM, Welters MJ, Saadatmand S, Stynenbosch LF, Jongen R, Kapiteijn E, Gelderblom H, Nijman HW, Valentijn AR, Oostendorp J, Fathers LM, Drijfhout JW, van de Velde CJ, Kuppen PJ, van der Burg SH, Melief CJ.SourceDepartment of Surgery, Leiden University Medical Center, Leiden, The Netherlands.
  • International journal of cancer. Journal international du cancer.Int J Cancer.2013 Apr 1;132(7):1581-91. doi: 10.1002/ijc.27819. Epub 2012 Nov 21.
  • We previously established safety and immunogenicity of a p53 synthetic long peptides (p53-SLP®) vaccine. In the current trial, we investigated whether combination of interferon-alpha (IFN-α) with p53-SLP® is both safe and able to improve the induced p53-specific IFN-γ response. Eleven colorectal
  • PMID 22948952
  • p53 regulates epithelial-mesenchymal transition induced by transforming growth factor β.
  • Termén S, Tan EJ, Heldin CH, Moustakas A.SourceLudwig Institute for Cancer Research, Science for Life Laboratory, Uppsala University, Uppsala, Sweden.
  • Journal of cellular physiology.J Cell Physiol.2013 Apr;228(4):801-13. doi: 10.1002/jcp.24229.
  • Epithelial plasticity characterizes embryonic development and diseases such as cancer. Epithelial-mesenchymal transition (EMT) is a reversible and guided process of plasticity whereby embryonic or adult epithelia acquire mesenchymal properties. Multiple signaling pathways control EMT, and the transf
  • PMID 23018556

和文文献

  • A more efficient method to generate integration-free human iPS cells.
  • Okita Keisuke,Matsumura Yasuko,Sato Yoshiko,Okada Aki,Morizane Asuka,Okamoto Satoshi,Hong Hyenjong,Nakagawa Masato,Tanabe Koji,Tezuka Ken-Ichi,Shibata Toshiyuki,Kunisada Takahiro,Takahashi Masayo,Takahashi Jun,Saji Hiroh,Yamanaka Shinya
  • Nature methods, 2011-04-03
  • … 2011-04-05.We report a simple method, using p53 suppression and nontransforming L-Myc, to generate human induced pluripotent stem cells (iPSCs) with episomal plasmid vectors. …
  • NAID 120002949763
  • LBH589, a deacetylase inhibitor, induces apoptosis in adult T-cell leukemia/lymphoma cells via activation of a novel RAIDD-caspase-2 pathway.
  • Hasegawa H,Yamada Yasuaki,Tsukasaki Katsumi,Mori N,Tsuruda Kazuto,Sasaki Daisuke,Usui Tetsuya,Osaka Akemi,Atogami Sunao,Ishikawa Chie,Machijima Yoshiaki,Sawada S,Hayashi Tomayoshi,Miyazaki Yasushi,Kamihira Shimera
  • Leukemia : official journal of the Leukemia Society of America, Leukemia Research Fund, U.K 25(4), 575-578, 2011-04
  • … Analyses, including with a DNA microarray, revealed that neither death receptors nor p53 pathways contributed to the apoptosis. … Furthermore, small interfering RNA experiments targeting caspase-2, caspase-9, RAIDD, p53-induced protein with a death domain (PIDD) and RIPK1 (RIP) indicated that activation of RAIDD is crucial and an event initiating this pathway. …
  • NAID 120002835134
  • 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術(PPPD)後の残胃の癌発生に関する臨床病理組織学的検討
  • 古川 健司,西川 俊郎,桂川 秀雄,山本 雅一
  • 東京女子医科大学雑誌 81(1), 13-22, 2011-02-25
  • … [対象と方法]:1984年から2003年までに経験したPPPD後の胃癌4例を対象に、発生母地粘膜の萎縮、ピロリ菌の有無、TFF2陽性細胞の有無、p53蛋白の発現、DGRに関しては、DGRが原因で発癌する場合、高率に認められるgastritis cystic polyposa(GCP)の有無について検討した。 … また、萎縮粘膜内でp53蛋白の発現が認められたが、GCPは、1例も認められなかった。 …
  • NAID 110008426932

関連リンク

JST基礎研究事業の一環として、九州大学 生体防御医学研究所の中山 敬一教授らは、がん抑制遺伝子注1) p53によって誘導される細胞死を抑える新たな仕組みを発見しました。 p53は、多くのヒトがん患者で ...
不活性化 2010年、米ソーク生物学研究所はガンを抑える遺伝子として知られる「p53」が不活性化される新たな仕組みを突き止めた。 アデノウイルスがつくるタンパク質「E4-ORF3」がp53遺伝子からできたタンパク質が ...
「臨床検査薬」に掲載されている情報は、適切にご理解していただくため、医療関係者の方を対象としています。 ... *保険適用: 抗p53抗体は、食道癌、大腸癌又は乳癌が強く疑われる患者に対して行った場合に月1回に限り算定 ...

関連画像

functions as a new key player in the p53 the p53 pathway is complex at least 50 figure 8 p53 cassettes created by p53 bound to dna from the protein databank  loop controls cellular levels of p53enzymes apoptosisembracing dnap53 Pathways

コメント

投稿日:2014-10-25

【症例報告】Li-Fraumeni syndrome with simultaneous osteosarcoma and liver cancer: Increased expression of a CD44 variant isoform after chemotherapy (BMC Cancer 2012, 12:444)家族歴のないTP53の(c.722 C>T, p.Ser241Phe) という点突然変異による骨肉腫、肝癌の同時性発症と治療後の癌幹細胞マーカーCD44の異所性発現http:/


★リンクテーブル★
国試過去問098G055」「105G032
リンク元子宮体癌」「胆嚢癌」「膠芽腫」「癌抑制遺伝子
関連記事p

098G055」

  [★]

  • 誤っている組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G054]←[国試_098]→[098G056

105G032」

  [★]

  • 機能の不活性化がヒトでの発癌につながる遺伝子はどれか。 2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 105G031]←[国試_105]→[105G033

子宮体癌」

  [★]

uterine corpus cancer, carcinoma of uterine corpus, cancer of the uterine body
carcinoma corporis uteri
子宮内膜癌 endometrial carcinoma endometrial cancer
子宮腫瘍産婦人科学子宮内膜増殖症(前癌病変)
  • G9M.157(進行期分類)

定義

  • 子宮体部内膜に発生する上皮性悪性腫瘍。

疫学

  • 発生頻度は欧米に多く、日本では少ない(女性人口10万当たり4)→高齢化、生活習慣との関連
  • 発症年齢は50歳代が最も多く、閉経後が7割を占める。40歳以下の婦人は5%程度。
  • 妊娠中および分娩後5年以内に体癌が発見されることはほとんどない。
  • 日本では近年増加傾向。子宮癌全体の30%を占める(みえる9.150)

リスクファクター

プロゲステロンに拮抗されずに、エストロゲンに長期暴露されることによる
  • 典型像:60歳くらいの太った未産の女性
  • 未婚不妊、閉経後、高い初婚・初妊年齢、少ない妊娠・出産回数、卵胞ホルモン服用歴、肥満
  • 卵巣機能異常(無排卵周期症PCOSなどの既往) → 正常量のエストロゲンが存在するものの、これに拮抗するプロゲステロンが欠乏する
出典不明

症状

  • ほとんどの場合に症状がある。
  • 9割で不正性器出血がみられる。そのほか過多月経、異常帯下、下腹部痛など。

子宮体癌の組織的分類

()内の頻度はG9M.155
  • 子宮内膜癌
  • 腺癌:ほとんどが腺癌

G9M.155

  • 腺癌(95%以上)
  • 類内膜癌(80-90%) → 類内膜腺癌(60-70%)、扁平上皮への分化を伴う類内膜腺癌(20-30%)
細胞異型が強い場合にはGradeを上げる。
  • Grade1(高分化型)充実増殖の占める割合が腺癌成分の5%以下。プロゲステロン受容体陽性率高。予後良好
  • Grade2(中分化型)充実増殖の占める割合が腺癌成分の6-50%。プロゲステロン受容体陽性率中。予後中等度
  • Grade3(低分化型)充実増殖の占める割合が腺癌成分の50%超。プロゲステロン受容体陽性率低。予後不良
  • その他(扁平上皮癌など(5%以下))

発生機序による分類

  • type I:エストロゲン依存性。発症は遺伝子変異とエストロゲンの長期持続刺激による子宮内膜細胞の異常増殖
  • type II:エストロゲン非依存性。子宮内膜異型増殖症を介さないで癌化する
  I型子宮体癌 II型子宮体癌
発生機序 エストロゲンへの長期暴露 de novo癌
好発年齢 閉経前-閉経早期  
頻度 80-90% 10-20%
病巣周辺の
子宮内膜異型増殖症
あり なし
組織型 類内膜腺癌 漿液性腺癌
明細胞腺癌
分化度 高分化型 低分化型
筋層浸潤 軽度 高度
予後 比較的良好 不良
遺伝子変異 K-ras, PTEN p53

検査

超音波エコー(経膣超音波)

腫瘍マーカー

MRI

  • T2画像が有用。
  • junctional zoneの菲薄化・欠損
  • 子宮内膜>腫瘍>筋層>junctional zone

診断

  • スクリーニング:細胞診
  • 子宮腔内の吸引あるいは擦過細胞診による検出率:90%以上
  • 子宮頚・腟部からの細胞採取による検出率:50%以下
  • 確定診断:子宮内膜の試験掻爬組織診

手術進行期分類 (日産婦 1995,FIGO1998)

原則として手術進行期分類を用い、手術を行っていない例では臨床進行期分類を用いる
体 → 頚 → 骨盤内 → 骨盤外
0期: 子宮内膜異型増殖症
I期: 子宮体部に限局
Ia期: 子宮内膜に限局
Ib期: 浸潤が子宮筋層1/2以内
Ic期: 浸潤が子宮筋層1/2を越える
II期: 子宮頸部に及ぶ
IIa期: 頸管腺のみ
IIb期: 頸部間質浸潤
III期: 子宮外に広がるが小骨盤腔を越えない、または所属リンパ節転移
IIIa期: 漿膜浸潤、付属器浸潤、腹膜細胞診陽性
IIIb期: 膣転移
IIIc期: 所属リンパ節転移(骨盤リンパ節傍大動脈リンパ節)
IV期: 小骨盤腔を越える、または明らかな膀胱または腸粘膜を侵す
IVa期: 膀胱、腸粘膜へ浸潤
IVb期: 遠隔転移(腹腔内リンパ節、鼠径リンパ節転移を含む)


転移

  • 直接浸潤
  • リンパ行性転移

症状

  • 不正性器出血、腹痛

治療

  • 手術療法、放射線療法、薬物療法(抗ガン剤、ホルモン療法)
  • 治療法の基本は手術療法(単純子宮全摘術、準広汎子宮全摘術、広汎子宮全摘術)。
  • 補助的に摘出術を追加することがある:両側付属器切除術、リンパ節郭清、部分大網切除術
  • 薬物療法・放射線療法:手術不能例、再発例、術後の補助療法

薬物療法

抗悪性腫瘍薬

  • シスプラチン、アドリアマイシン、タキサン系の多剤併用療法
化学療法のレジメン
参考:http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/nmk/cr/report/200702/502818.htm

ガイドライン的には「アンスラサイクリン系とプラチナ製剤を含む薬剤の選択が薦められている(グレードB)。タキサン系製剤も併用さているが、その十分な根拠は得られていない(グレードC)。(子宮体癌の治療ガイドライン2006年)

一般的な抗腫瘍薬による副作用

ホルモン療法

  • ホルモン療法単体:挙児希望のGrade1のIa期:高用量MPA
  • 術後補助療法:再発リスクの低い場合、高用量黄体ホルモン療法は非推奨(グレードD)(参考2)

手術療法

  • 1. 子宮摘出術
  • 単純子宮全摘術
  • 子宮体部に限局しているとき
  • 準広汎子宮全摘術
  • 子宮体部に限局しているとき
  • 広汎子宮全摘術
  • MRIや肉眼で明らかな頸部間質浸潤が認められるとき。
  • 2. 両側付属器切除術
  • 3. リンパ節郭清
  • 骨盤リンパ節郭清:基本的に施行。省略するのは、類内膜癌Grade1で、画像診断で病変が子宮内膜に限局すると推定される場合のみ。
  • 傍大動脈リンパ節郭清
  • 鼠径リンパ節郭清
  • 4. 部分大網切除術

傍大動脈リンパ節郭清術と部分大網切除術の適応

転移リスクが高いため
  • 1. 骨盤リンパ節転移例
  • 2. 付属器転移例
  • 3. 筋層浸潤が1/2を超す例
  • 4. 予後不良例(組織型が類内膜癌Grade3、漿液性腺癌明細胞腺癌、癌肉腫など)。太字の物は特に大網転移率が高い。

放射線療法

  • 子宮頚癌(扁平上皮癌)より放射線は有効ではない。 → 放射線療法は腺癌に奏効しづらい!!!

子宮温存を希望する若年性子宮体癌

  • 根治治療ではなく、いずれは子宮全摘が必要。
  • 再発例では子宮全摘

適応

  • 画像診断上Ia期(内膜限局)
  • G1の類内膜腺癌

治療

  • 子宮内膜全面掻爬
  • 高用量黄体ホルモン療法

予後

予後規定因子

  • 筋層浸潤の深さ、頚部浸潤、子宮外進展、リンパ節転移、病理組織型、組織学的分化度、血管・リンパ管侵襲

5年生存率

臨床進行期 5年生存率(%)
出典不明(相対) NGY.229
I 86 79
II 68 66.8
III 42 37.5
IV 16 8.5

国試


症例

  • 55歳の女性。不正性器出血を主訴に来院した。未経妊、閉経51歳。不妊治療をした経験がある。子宮は鶏卵大で卵巣は両側とも触知しない。経膣超音波で子宮内膜の肥厚が見られる。

子宮体癌治療ガイドライン(2006年)

  • FIGOは子宮体癌の手術進行期分類を採用。
  • 1)進行期決定のために手術術式の選択が必要である。
  • 2)子宮体癌は放射線感受性が低く、抗ガン剤の標準治療の確立が遅れている。
  • このことから子宮体癌では手術療法が第一選択。高齢や内科的合併症などの理由で、放射線療法が選択される場合もある。

参考

  • 1.
[display]http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2006/10/post_d2b6.html
  • 2. 子宮体がん治療ガイドライン2009年版:(金原出版)
http://www.jsgo.gr.jp/guideline/taigan.html
  • 3. ガイドライン
http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0050/1/0050_G0000135_GL.html



胆嚢癌」

  [★]

gallbladder cancer, carcinoma of the gallbladder
胆道癌胆管癌

疫学

  • 高齢者女性。
  • 60歳代。男女比=1:2

リスクファクター(ガイドラインより)

  • 1. 膵・胆管合流異常
  • 胆管拡張をともなわない膵・胆管合流異常は胆嚢癌のハイリスクファクターである。
  • 膵・胆管合流異常の胆嚢において粘膜過形成,K-ras遺伝子変異,p53蛋白過剰発現が高頻度に認められる
  • 胆嚢癌の発生母地病変として腺腫や異型上皮,腸上皮化生が関与する可能性が報告されている
  • 胆嚢ポリープが10mm以上で,かつ増大傾向を認める場合,または大きさにかかわらず広基性病変では胆嚢癌の頻度が高いと考えられる。

不明

  • 現時点では胆嚢結石と胆嚢癌との直接的因果関係は証明されておらず,無症候性胆嚢結石の場合,長期間経過観察しても胆嚢癌が発生する危険は少ないといえる。
  • 胆嚢壁の石灰化や陶器様胆嚢と胆嚢癌との因果関係は現段階では統一見解がない。
  • 2. 胆嚢腺筋腫症
  • 現時点で胆嚢腺筋腫症が胆嚢癌のリスクファクターであるか否かの結論は得られていない。


早期癌

  • 早期胆嚢癌:組織学的深達度が粘膜(m)・固有筋層(mp)にとどまるもの。リンパ節転移の有無は問わない。癌の先端部がRokitansky-Aschoff sinusに限局していれば、深達度に寄らず粘膜内癌 (YN.B-74)

症状

  • 初期には無症状
  • 腹痛(72%)、黄疸(58%)、体重減少(47%)
  • 黄疸が出現した頃にはかなり進行している

検査

  • CT
[show details]

予後

  • 早期癌:op後の累積5年生存率は80%。
  • 進行癌:漿膜下層限局で5年生存率は50%。漿膜波及で10%。

ガイドライン

国試



膠芽腫」

  [★]

glioblastoma
神経膠芽腫多形膠芽腫 glioblastoma multiforme
グリア芽細胞腫グリア芽腫膠芽細胞腫グリオブラストーマ膠芽腫神経膠芽細胞腫
脳腫瘍星状細胞腫


  • 神経系 091009IV

分類

概念

  • 肉眼的・組織的に多彩な形態を示すので多形膠芽腫とも呼ばれる(SCN.170)

病因

  • primary dlioblastoma:genetic defects(EGFR amplification, MDM2 overexpression, p16 deletion, PTEN mutation):older patients
  • secondary glioblastoma:p53 tumor suppressor gene inactivating → PDGF-A amplification:young patiens

病理

  • 壊死、出血、嚢胞形成 (SCN.170)
  • 大小様々の円型、紡錘型、不整型の細胞が密に増殖 (SCN.170)
  • 腫瘍内の様々な壊死。壊死周囲に核が柵状に配列する所見(nuclear pseudopalisading, pseudopalisading necrosis)、血管の増殖、内皮細胞の増殖(SCN.170)
  • pseudopalisading necrosisは膠芽腫に特徴的(palisade:柵)

治療

  • 手術療法 + 放射線療法&化学療法

参考

  • 1. MRI画像
http://square.umin.ac.jp/sawamura/braintumors/astrocytictumor.html



癌抑制遺伝子」

  [★]

tumor suppressor gene, tumor suppressor genes, suppressor oncogene, anti-oncogene
がん抑制遺伝子腫瘍抑制遺伝子
癌遺伝子



p」

  [★]

10の-12乗
pico


"http://meddic.jp/p53" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡