CD25

出典: meddic

T-cell α-chemoattractant antigen, α-chain of IL-2 receptor
インターロイキン2受容体α鎖 interleukin-2 receptor α-chain、Tac抗原 Tac antigen
CD, interleukin-2 receptor

概念

  • 親和性の低いIL-2受容体はβ鎖とγ鎖からなりT細胞表面に発現している。MHC class IIと抗原複合体のTCRを介した主シグナルとB7CD28を介した副シグナルを受けるとT細胞が活性化する。するとT細胞はCD25(α鎖)を発現し、親和性の強いIL-2受容体を形成する。IL-2はT細胞を刺激して増殖や分化を促す。 (IMM.345)

発現細胞

  • 活性化したT細胞、B細胞、単球

機能

  • IL-2 receptor α chain





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/15 11:46:11」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Effect of dietary selenium and cancer cell xenograft on peripheral T and B lymphocytes in adult nude mice.
  • Cheng WH, Holmstrom A, Li X, Wu RT, Zeng H, Xiao Z.SourceDepartment of Nutrition and Food Science, University of Maryland, College Park, MD, 20742, USA, whcheng@umd.edu.
  • Biological trace element research.Biol Trace Elem Res.2012 May;146(2):230-5. Epub 2011 Oct 22.
  • Selenium (Se) is known to regulate tumorigenesis and immunity at the nutritional and supranutritional levels. Because the immune system provides critical defenses against cancer and the athymic, immune-deficient NU/J nude mice are known to gradually develop CD8(+) and CD4(+) T cells, we investigated
  • PMID 22020772
  • Pachyman treatment improves CD4+CD25+ Treg counts and serum interleukin 4 and interferon γ levels in a mouse model of Kawasaki disease.
  • Chu MP, Wang D, Zhang YY, Li BQ, Zhou AH, Chen XW, Qian Y.SourceDepartment of Pediatrics, Heart Center, the First Affiliated Hospital of Wenzhou Medical College, Wenzhou, Zhejiang 325000, P.R. China.
  • Molecular medicine reports.Mol Med Report.2012 May;5(5):1237-40. doi: 10.3892/mmr.2012.799. Epub 2012 Feb 20.
  • The aim of this study was to explore the effect of pachyman, a mushroom extract, on CD4+CD25+ regulatory T cells (Tregs), serum interleukin 4 (IL-4) and interferon γ (IFN-γ) levels in a mouse model of Kawasaki disease. Lactobacillus casei cell wall extract wa
  • PMID 22367425
  • LADA and T1D in Estonian population - Two different genetic risk profiles.
  • Kisand K, Uibo R.AbstractAIMS/HYPOTHESIS: The aim of our study was to analyze combined impact of 17 polymorphisms at 8 gene regions previously shown to be associated with autoimmunity in diabetes. We hypothesized that the genetic predisposition is multiplicative and joint risk of different diabetic phenotypes forms by distinct combination of susceptibility loci.
  • Gene.Gene.2012 Apr 15;497(2):285-91. Epub 2012 Feb 3.
  • AIMS/HYPOTHESIS: The aim of our study was to analyze combined impact of 17 polymorphisms at 8 gene regions previously shown to be associated with autoimmunity in diabetes. We hypothesized that the genetic predisposition is multiplicative and joint risk of different diabetic phenotypes forms by disti
  • PMID 22326526

和文文献

  • 4)免疫学的異常による流産原因の解明(シンポジウム1「流産の原因と対策」,第63回日本産科婦人科学会・学術講演会)
  • 中島 彰俊
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(12), 2185-2197, 2011-12-01
  • … We have reported that CD4^+CD25^<high> … In this study, we constructed a pregnant mice model with lower number of regulatory T cell by an administration of anti-CD25 monoclonal antibodies at days 4.5 and 7.5 of gestation. … The ratio of regulatory T cells in CD4^+ regulatory T cells was decreased in proportion to the dosage of anti-CD25 monoclonal antibody. …
  • NAID 110008799037
  • CD4+CD25(high)CD127(low/-) Treg cell frequency from peripheral blood correlates with disease activity in patients with rheumatoid arthritis.
  • Kawashiri Shin-Ya,Kawakami Atsushi,Okada Akitomo,Koga Tomohiro,Tamai Mami,Yamasaki Satoshi,Nakamura Hideki,Origuchi Tomoki,Ida Hiroaki,Eguchi Katsumi
  • The Journal of Rheumatology 38(12), 2517-2521, 2011-12
  • To investigate whether the frequency of peripheral blood (PB) regulatory T cells (Treg) correlates with the clinical disease activity of rheumatoid arthritis (RA).
  • NAID 120003751866
  • Prevention of Experimental Cerebral Malaria by Flt3 Ligand during Infection with Plasmodium berghei ANKA
  • Tamura Takahiko,Kimura Kazumi,Yuda Masao,Yui Katsuyuki
  • Infection and Immunity 79(10), 3947-3956, 2011-10
  • … These CD8+ T cells expressed CD11c and upregulated CXCR3, while the expression of CD137, CD25, and granzyme B was reduced. …
  • NAID 120003751870

関連リンク

CD25(IL-2R1,Tacまたはp55)抗原は、分子量55kDaの単鎖糖タンパクで、IL-2の低親和性レセプタです。 CD122(IL-2Rβ、p75)およびCD132(IL-2Rγ、p64)との組み合わせで、高親和性IL-2R複合体を形成します。活性化したTおよびB ...
IL-2受容体α鎖(CD25)とは? IL-2受容体α鎖(CD25)は、活性化T細胞に多く発現するIL-2受容体のサブユニットのひとつです。 α鎖が発現することによってβ鎖、γ鎖とともにαβγ複合体を構成し、細胞内に増殖シグナルを伝達する高親和性 ...
CD25 抗体は、ヒトCD25抗原を認識します。CD25は低親和性インターロイキン-2レセプター α 鎖 (IL-2Rα) としても知られている、55 kDa の糖タンパク質です。CD25 は活性化した T細胞, B細胞とマクロファージ、また活性化していない CD4+ T ...

関連画像

 Music Hall CD25.2cd4 cd25 and cd4 cd25 t cells are IL-2 receptor, CD25, CD122 and CD132 occurring CD4 + CD25 + regulatory T cellsRegulatory T Cells And HivMANIGLIA FRIGO VERT.CD25CD25-26 - Home - DANCEWEARBioText Search Engine: Figure


★リンクテーブル★
リンク元慢性リンパ性白血病」「悪性リンパ腫」「成人T細胞白血病」「表面抗原分類」「IL-2
関連記事CD2」「CD

慢性リンパ性白血病」

  [★]

chronic lymphocytic leukemia, chronic lymphoid leukemia, CLL
白血病
  • first aid step1 2006 p.300,302,303,304,309,310,427,430

概念

  • the accumulation of nonproliferating mature-appearing lymphocytes in the blood, marrow, lymph nodes, and spleen.
  • monoclonal B lymphocytes.
  • CD5+ and CD23+CD5, CD23
  • derived from memory B cell.

細胞表面マーカー WCH.2438

condition smIg CD5 CD10 CD11c CD19 CD20 CD22 CD23 CD25 CD43 CD79b CD103 FMC7
chronic lymphocytic leukemia Dim ++ -/+ ++ Dim -/+ ++ +/- -/+
Waldenstrom macroglobulinemia ++ -/+ ++ ++ -/+ +/-
prolymphocytic leukemia +++ -/+ -/+ -/+ ++ +++ ++ ++ -/+ ++
hairy cell leukemia +++ ++ +++ +++ +++ +++ +++ +++
hairy cell leukemia variant +++ ++ +++ +++ +++ +++ +++
splenic lymphoma with villous lymphocytes ++ -/+ -/+ +/- ++ ++ ++ +/- -/+ ++ -/+ ++
marginal zone B-cell lymphoma ++ +/- ++ ++ +/- +/- -/+ ++
mantle cell lymphoma ++ ++ -/+ ++ ++ ++ ++ ++
follicular lymphoma ++ -/+ ++ ++ ++ ++ -/+ ++ ++

臨床像

HIM.693
  年齢 子供における頻度 男性(%) ステージI,II vs III,IV(%) B症状(%) 骨髄浸潤(%) 消化管浸潤(%) 5年生存率(%)
B細胞CLL/小リンパ球性リンパ腫 65 まれ 53 9 vs 91 33 72 3 51

疫学

YN.G-49
  • 全白血病の2-3%
  • 60歳以上に多い。
  • 男女比=2:1

病態

YN.G-49
  • 正常な免疫グロブリンの産生が抑制されるばかりでなく、異常な自己抗体を産生 → 続発性免疫不全症、自己免疫性溶血性貧血


USMLE

  • Q book p.246 42

参考

  • 1. [charged] Epidemiology and clinical manifestations of chronic lymphocytic leukemia - uptodate [1]
  • 2. [charged] Pathologic features, diagnosis, and differential diagnosis of chronic lymphocytic leukemia - uptodate [2]
  • 3. [charged] Pathophysiology and cytogenetics of chronic lymphocytic leukemia - uptodate [3]



[show details]


悪性リンパ腫」

  [★]

malignant lymphoma
lymphoma malignum

悪性リンパ腫とマーカー

悪性リンパ腫.xls
  sIg CD5 CD10 CD19 CD20 CD23 CD43 bcl cyclin TdT その他 転座
小リンパ性リンパ腫 small lymphocytic lymphoma
慢性リンパ性白血病 chronic lymphocytic leukemia
       
濾胞性リンパ腫 FL
 
      bcl2 +      
MALTリンパ腫
 
                 
マントル細胞リンパ腫 MCL
 
             
びまん性大細胞性B細胞リンパ腫 DLBL
 
+/-     bcl6 +        
前駆Bリンパ芽球性リンパ腫
急性Bリンパ球性白血病 LBL/ALL
                 
バーキットリンパ腫 BL
 
          Myc, Ki-67 t(8,14)Myc;IgH ~80%
t(2,8)κ;Myc ~15%
ホジキンリンパ腫
 
                    CD15, CD30, CD45 - t(8,22)Myc;λ ~10%
成人T細胞白血病 ATL
 
                    CD2, CD3, CD4, CD25, HLA-DR, CD8 -  

病期

参考

  • 1.
http://www.rinpashu.com/inspection/

国試




成人T細胞白血病」

  [★]

adult T cell leukemia, adult T-cell leukemia ATL
成人T細胞白血病リンパ腫 adult T-cell leukemia/lymphoma ATLL
ヒトTリンパ球向性ウイルス

特徴

  • CD4陽性Tリンパ球に感染して白血病/リンパ腫を起こす  →  成熟したT細胞に感染し、それが腫瘍性に増殖
(CD2+, CD3+, CD4+, CD25+, HLA-DR+, CD8-)

病型

  • 急性型、慢性型、くすぶり型、リンパ腫型
  急性型 リンパ腫型 慢性型 くすぶり型
典型的な症状 腫瘍随伴症状(腫瘍熱、高カルシウム血症(意識障害・脱水・腎機能障害)
(50%で認められる))が初発症状であることが多い。
臓器浸潤による症状(消化管浸潤(下痢・腹痛)、肝臓浸潤(黄疸)、
肺浸潤(呼吸困難)、中枢神経浸潤(脳神経症状))
リンパ節腫大は全例で認められる。
腫瘍熱、高カルシウム血症を初発症状とする場合もある。
末梢血中の形態的異常細胞は1%以下
多くの場合、自覚症状を欠き、健康診断などで偶然診断される。
日和見感染症や腫瘍の浸潤に伴う皮膚症状(皮疹、皮膚腫瘤)、
肺病変(労作時息切れ、咳嗽)が診断の発端となる場合もある。
リンパ球増多を伴わないため、血液検査では診断に至らない。
無症候キャリアーと同様、多くの患者では症状を欠く。
PS>1 67.6% 45.4% 27.2% 22.7%
感染性併発症 26.9% 10.9% 35.5% 35.6%
皮膚病変 40.2% 25% 46.1% 48.9%
肺病変 20.2% 10.9% 15.1% 15.6%
肝腫大 35.9% 16% 13.8% 0%
脾腫大 29.9% 15.4% 11.2% 0%
4個以上の腫大リンパ節 80.7% 62.2% 54% 6.7%
高カルシウム血症 50.3% 16.7% 0% 0%
貧血(Hb<10g/dl) 10.1% 4.5% 4% 0%
血小板減少(10万/ul) 19.4% 4.5% 2% 6.7%

疫学

  • 日本に約120万人の感染者
  • 男性に多い。
  • 1000-2000人に1。50歳以上で発症(平均58歳)。

病原体

潜伏期間

感染経路

  • 母乳感染 ← 哺乳の停止・人工乳による感染防止
  • 輸血
  • 性交

病理

参考1
  • 末梢血、骨髄:花弁状、脳回転状に分葉した異型細胞 → ATL細胞:CD4陽性、CD8陰性
[show details]
  • リンパ節
  • その他:(皮膚)皮膚T細胞リンパ腫のように表皮向性をもち、ポートリエ微小膿瘍を伴って皮膚に浸潤することがある。このばあい、緩徐進行型の経過をたどる
  • 免疫表現型
  • 遺伝子:決まった核型異常や遺伝子異常はない。

病態

  • ATL細胞はPTHrP、IL-1α、TNF-βを産生 → 高カルシウム血症、全身症状?(発熱、全身倦怠感など)
  • 正常T細胞の減少 → 易感染性

症状

  • 初発症状は皮膚症状、リンパ節腫脹、肝脾腫、高カルシウム血症など。貧血や出血症状の頻度は少ない。
  • 皮膚症状
  • リンパ節腫脹
  • 肝脾腫
  • 高カルシウム血症:ATL細胞の産生する副甲状腺ホルモン関連蛋白質(PTHrP)により破骨細胞の活性化が起こるため。

検査

  • 血液塗沫
  • 花弁状の腫瘍細胞

合併症

  • HTLV-1 associated myelopath(HAM) = tropical spastic paraparesis(TSP) →まとめて「HAM/TSP」と呼ばれることがある。

検査

治療

  • 慢性(進行型を除く)・くすぶり型
  • 経過観察
  • 急性・リンパ腫型・慢性進行型

予後

  • 急性型とリンパ腫型は予後不良
  • LDH、血清Ca濃度が予後と関連(PMID 16122659)

参考

  • 1. [charged] Clinical manifestations, pathologic features, and diagnosis of adult T cell leukemia-lymphoma - uptodate [4]

国試






表面抗原分類」

  [★]

cluster of differentiation, CD
  • 細胞の表面抗原を認識する抗体を整理した分類
Bリンパ球 CD10,CD19,CD20
Tリンパ球 CD2,CD3,CD5,CD7
幹細胞 CD34
顆粒球 CD13,CD33
単球 CD14:LPSをリガンドとし、Toll-like receptorと共役して細胞内シグナルを伝達する分子。
巨核球 CD41(GpIIb),CD42(GpIb)
NK細胞CD16(IgGのFc部に対する受容体)、CD56(NCAM-I)


CD1 CD21 CD41 CD61 CD81
CD2 CD22 CD42 CD62 CD82
CD3 CD23 CD43 CD63 CD83
CD4 CD24 CD44 CD64 CD84
CD5 CD25 CD45 CD65 CD85
CD6 CD26 CD46 CD66 CD86
CD7 CD27 CD47 CD67 CD87
CD8 CD28 CD48 CD68 CD88
CD9 CD29 CD49 CD69 CD89
CD10 CD30 CD50 CD70 CD90
CD11 CD31 CD51 CD71 CD91
CD12 CD32 CD52 CD72 CD92
CD13 CD33 CD53 CD73 CD93
CD14 CD34 CD54 CD74 CD94
CD15 CD35 CD55 CD75 CD95
CD16 CD36 CD56 CD76 CD96
CD17 CD37 CD57 CD77 CD97
CD18 CD38 CD58 CD78 CD98
CD19 CD39 CD59 CD79 CD99
CD20 CD40 CD60 CD80 CD100


IL-2」

  [★]

interleukin-2, interleukin 2
インターロイキン2T細胞増殖因子 T-cell growth factor TCGF
インターロイキン


産生細胞

機能

文献によりまちまち

受容体


参考

  • 1.
[display]http://www.i-l-fitness-jp.com/comment/img/killer-t-cell-7.JPG
  • 2.
[display]http://www.medicalfood.org/disease-management/listerv.html
  • 3.
[display]http://www.j-tajiri.or.jp/source/translation/b/03/01.html


CD2」

  [★]

Leucine-5, SRBC receptor, LFA-2
CD


発現細胞

分子量

  • 45-58

機能

  • 接着分子、CD58(LFA-3)に結合。細胞内部でLckに結合し、T細胞を活性化
  • リンパ球が抗原提示細胞と相互作用するのに重要 (IMM.343)

別名

ファミリー

  • immunoglobulin



CD」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「certificate of deposit / (また『C.D.』)Civil Defense民間防衛」


"http://meddic.jp/CD25" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3