骨盤腹膜炎

出典: meddic

pelvic peritonitis
骨盤内腹膜炎




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/06 20:23:20」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 付属器炎・骨盤腹膜炎(PID) (特集 外来診療マニュアル) -- (婦人科・腫瘍)
  • 高村 一紘,柴原 浩章,鈴木 光明
  • 産婦人科の実際 59(11), 1916-1920, 2010-10
  • NAID 40017369214
  • 当院における近年の産婦人科救急症例の検討
  • 西尾 美穂,岡田 十三,武居 和佳子,酒本 あい,吉見 佳奈,市田 耕太郎,安田 立子,村越 誉,本山 覚
  • 産婦人科の進歩 62(4), 321-326, 2010
  • … 無などを詳細に分析した.受診理由として母体搬送では切迫早産が最も多く,母体搬送以外の紹介例では子宮外妊娠,卵巣腫瘍などが多かった.初診症例では切迫流産などの流産関連疾患,月経困難症,骨盤腹膜炎が多く認められた.産婦人科一次救急では約半数の症例が救急搬送であるが,多くは帰宅可能な軽症例で,かかりつけ医をもたずその場しのぎの受診となっている症例が多く認められた.一方で,緊急手 …
  • NAID 130000441119

関連リンク

骨盤腹膜炎とはどんな病気か. 骨盤内には前に膀胱、後ろに直腸、その間に子宮・卵管 があり、それらの表面は腹膜でおおわれています。この骨盤腹膜に起こった炎症が、 骨盤腹膜炎です。 原因は何か. 骨盤腹膜炎の多くは、前述の子宮頸管炎(けいかんえん ) ...
女性性器すなわち子宮・卵管・卵巣、あるいはその周囲にある組織(腹膜や結合組織)に 起こる感染症を総称して骨盤内感染症(Pelvic inflammatory disease : PID)と呼び ます。この中で、腹痛や発熱などの炎症症状が激烈で腹膜炎を併発していると考え られる ...

関連画像

骨盤腹膜炎はどんな病気 マジデ~骨盤腹膜炎・・・絶対 マジデ~骨盤腹膜炎・・・絶対 約1週間のセフェム系抗生剤 骨盤腹膜炎・・・。わけの マジデ~骨盤腹膜炎・・・絶対


★リンクテーブル★
国試過去問104A036」「107A044」「098A058」「107I037」「106A017
リンク元Chlamydia trachomatis」「骨盤内炎症性疾患」「骨盤内腹膜炎
関連記事腹膜炎」「骨盤」「腹膜」「

104A036」

  [★]

  • 80歳の女性。腹痛を主訴に来院した。本日0時ころから右側腹部痛が出現した。9時ころ自宅近くの診療所で抗コリン薬と非ステロイド性抗炎症薬とを投与されたが、腹痛は改善しなかった。午後から発熱が出現したため、15時ころに来院した。数か月前から尿混濁に気付いていたが、排尿に異常はなく、尿失禁は認めなかった、50歳時に子宮頚癌で子宮全摘術の既往がある。意識レベルはJCS I-2、体温38.0℃、脈拍80/分、整。血圧158/78mmHg。心尖部に2/6度の収縮期雑音を認める。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦で、右側腹部に軽度の圧痛を認める。筋緊張と反跳痛とは認めない。右肋骨脊柱角に叩打痛を認める。尿所見:蛋白2+、糖(-)、細菌1+、潜血3+、沈渣に赤血球100以上/1視野、白血球100以上/1視野。血液所見:赤血球 337万、Hb 10.7g/dl、Ht 32%、白血球 15,000(桿状核好中球7%、分葉核好中球88%、好酸球0%、好塩基球0%、単球1% リンパ球4%)、血小板 18万。血清生化学所見:血糖 185mg/dl、アルブミン 3.4g/dl、尿素窒素 20mg/dl、クレアチニン 1.1mg/dl、Na 135mEq/l、K 3.9mEq/l、Cl 103mEq/l。CRP 6.9mg/dl。腹部造影CT(別冊No、15)を別に示す。
  • 考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104A035]←[国試_104]→[104A037

107A044」

  [★]

  • 24歳の女性。腹痛を主訴に来院した。昨日朝から心窩部不快感悪心とを自覚した。本日朝から右下腹部に痛みが出現し、一度嘔吐した。午後になって歩行時に腹部に響く痛みがあり、前かがみで歩行するようになったため受診した。昨日は排便があったが、本日はない。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。喫煙歴と飲酒歴とはない。最終月経は2週前。体温37.9℃。脈拍84/分。血圧120/80mmHg。身体所見で腹部はやや膨満し、腸雑音は聴取しない。触診で右下腹部は硬く、圧痛と反跳痛とを認める。血液所見:赤血球430万、Hb 12.9g/dl、Ht38%、白血球16,300(桿状核好中球10%、分葉核好中球72%、好酸球1%、単球3%、リンパ球14%)、血小板23万。血液生化学所見:AST 25IU/l、ALT 10IU/l、ALP 250IU/l(基準115~359)、アミラーゼ49IU/l(基準37~160)。CRP 8.9mg/dl。妊娠反応は陰性。腹部超音波検査では、下腹部は消化管ガスのため観察が困難である。腹部単純CT(別冊No.17)を別に示す。
  • 最も考えられる疾患はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107A043]←[国試_107]→[107A045

098A058」

  [★]

  • 32歳の初妊婦。妊娠32週。破水感と下腹部痛とを主訴に来院した。家族歴に特記すべきことはない。既往歴にクラミジア頚管炎の治療がある。これまでの妊娠経過に異常の指摘はない。身長165cm、体重65㎏。体温38.5℃。脈拍120/分、整。血圧130/70mmHg。意識は清明。腹部に圧痛を認め、内診では子宮口1cm開大、展退度50%。卵膜を触知せず羊水漏出を認める。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球380万、Hb11.5g/dl、Ht34%、白血球21,000、血小板25万。CRP5.0mg/dl(基準0.3以下)。胎児心拍数陣痛図で心拍数基線は180/分、心拍数基線細変動の減少を認める。5分周期の子宮収縮がある。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098A057]←[国試_098]→[098A059

107I037」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107I036]←[国試_107]→[107I038

106A017」

  [★]

  • クラミジア感染症が原因となるのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106A016]←[国試_106]→[106A018

Chlamydia trachomatis」

  [★]

クラミジア・トラコマティストラコーマクラミジア
特殊な細菌クラミジアクラミジア感染症クラミジアトラコマティス症

特徴

  • 扁性細胞寄生菌 ← 細胞内への移行性・ペプチドグリカン無く、βラクタム無効、アミノグリコシド無効
  • 細胞壁有り
  • ペプチドグリカン無し

感染症

眼科

SOP.176

産婦人科

G9M.67,68,74
  • 潜伏期間2-3週間で、多くは無症状で経過。帯下は軽度増量し、水様透明の漿液性

泌尿器科

  • 尿道炎
  • 精巣上体炎

一般的な治療

国試




骨盤内炎症性疾患」

  [★]

pelvic inflammatory disease, PID
子宮付属器炎、淋疾骨盤内感染症

定義

  • 外性器から上行性に感染が波及して、骨盤内に炎症を起こすこと。(NGY.178)

病因

症状

  • 下腹部痛、あるいは無症状
  • 症状がない無症候性骨盤内感染症を発症し、子宮付属器周辺の癒着などを起こす。不妊の原因となる

検査

  • 子宮頚管分泌物の細菌培養、クラミジア抗原検査、淋菌培養

超音波検査

  • 骨盤内腫瘤

診断

  • 内診痛、性交痛、下腹部痛、発熱、白血球増加

鑑別疾患

  • 虫垂炎、腸炎、憩室炎などの消化器疾患
  • 卵巣腫瘍の茎捻転、子宮外妊娠

上行性感染



骨盤内腹膜炎」

  [★]

pelvic peritonitis
骨盤腹膜炎


腹膜炎」

  [★]

peritonitis
腹膜
  sensitivity(%) specificity(%) positive likehood ratio
garding 13~69 56~97 2.6
rigidity 6~31 96~100 5.1
rebound tenderness 40~95 20~89 2.1
rectal tenderness 20~53 41~96 n.s.
positive abdominal wall tenderness test 1~5 32~72 0.1

国試




骨盤」

  [★]

pelvis (Z)
小骨盤


  • N.340-341,342(性差) KA.435(性差, 上面)

血管分布

動脈

  1. 内腸骨動脈
  2. 卵巣動脈
  3. 正中仙骨動脈
  4. 上直腸動脈

静脈

  1. 内腸骨静脈
  2. 卵巣静脈精巣静脈
  3. 正中仙骨静脈
  4. 上直腸静脈
  5. 内椎骨静脈叢



腹膜」

  [★]

peritoneum (Z) < peritonaion < peritonos < peri-'around'+-tonos'stretched' ; perineumと勘違いしないように
漿膜




炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡