閉鎖孔

出典: meddic

obturator foramen
foramen obturatum
寛骨

通過する構造物

臨床関連



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 右大腿骨転子下骨折術後に発症した左閉鎖孔ヘルニアの1例
  • 田澤 賢一,山口 哲司,土屋 康紀 [他]
  • 外科 74(8), 881-884, 2012-08
  • NAID 40019395416
  • 両側腸骨動脈の分割再建で治癒し得た高齢者人工血管感染例
  • 吉田 有里,稲葉 雅史,菊地 信介 [他]
  • 北海道外科雑誌 57(1), 36-39, 2012-06
  • NAID 40019408676

関連リンク

R-15, 内閉鎖筋 · 坐骨・恥骨(閉鎖孔縁)、閉鎖膜(内面), 大腿骨(大転子、転子窩), 仙骨 神経叢 · 股関節の外旋. R-14, 外閉鎖筋 · 恥骨(閉鎖孔縁下部)、閉鎖膜(外面), 大腿骨( 転子窩), 閉鎖神経 · 股関節の外旋・内転(弱). S-1, 長内転筋 · 恥骨結合および恥骨( ...
閉鎖孔から脱出するヘルニア. 疫学. 高齢のやせた女性に多い → (1)骨盤が広く、閉鎖 感が大きい、(2)老化・多産により骨盤支持組織の脆弱化、(3)体重減少により後腹膜 脂肪組織の減少による閉鎖管 ... 閉鎖孔ヘルニアについて、わかりやすく解説しています 。

関連画像

症例 80 代 女性 主訴 腹痛 嘔吐 閉鎖孔ヘルニア2Retropubic vs. Transobturatorこの ページ の 上部 へ


★リンクテーブル★
先読み寛骨
リンク元下肢の筋」「下腹部痛」「閉鎖神経」「内閉鎖筋」「外閉鎖筋
拡張検索閉鎖孔ヘルニア
関連記事閉鎖

寛骨」

  [★]

coxal bone, hip bone
無名骨 innominate bone
os coxae
[[]]



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


下肢の筋」

  [★]

下肢の筋

関節で分類

下肢の筋の起始停止

下肢の筋

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
R-2 大腰筋   T12(椎体)、L1-L5(椎体横突起) 大腿骨(小転子) 腰神経叢 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-4 小腰筋   T12、L1(椎体椎間円板) 腸恥隆起 腰神経叢 脊柱屈曲の補助
R-3 腸骨筋   腸骨(腸骨窩) 大腿骨(小転子) 腰神経叢大腿神経 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-7 大殿筋   腸骨(後殿筋線)、仙骨尾骨(後面)、仙結節靭帯 大腿筋膜(腸脛靭帯)、大腿骨(殿筋粗面) 下殿神経 股関節伸展(特に屈曲位からの伸展)、外旋
R-8 中殿筋   腸骨(前殿筋線後殿筋線の間) 大腿骨(大転子外側面) 上殿神経 股関節外転内旋
R-9 小殿筋   腸骨(前・後殿筋線下殿筋線の間) 大腿骨(大転子) 上殿神経 股関節外転内旋
R-6 大腿筋膜張筋   腸骨(上前腸骨棘腸骨稜脛骨(外側)(腸脛靭帯を介して) 上殿神経 大腿筋膜の緊張、大腿屈曲外転内旋
R-10 梨状筋   仙骨(前面)、腸骨(大坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 坐骨神経層(K) 股関節外旋
R-16 上双子筋   坐骨(坐骨棘小坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-17 下双子筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-19 大腿方形筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(転子間稜) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-15 内閉鎖筋   坐骨恥骨(閉鎖孔縁)、閉鎖膜(内面) 大腿骨(大転子転子窩) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-14 外閉鎖筋   恥骨(閉鎖孔下部)、閉鎖膜(外面) 大腿骨(転子窩) 閉鎖神経 股関節外旋内転(弱)
S-1 長内転筋   恥骨結合および恥骨(恥骨稜) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-2 短内転筋   恥骨(恥骨結合恥骨結合の間) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-3 大内転筋   坐骨(坐骨結節)、恥骨(恥骨下枝) 大腿骨(粗線内転筋結節) 閉鎖神経脛骨神経 股関節内転伸展
S-6 恥骨筋   恥骨(恥骨櫛) 大腿骨(恥骨筋線) 閉鎖神経大腿神経 股関節内転屈曲の補助
S-7 薄筋   恥骨(恥骨結合外側縁) 脛骨(上部の内側面) 閉鎖神経 股関節内転膝関節屈曲、下肢の内旋
S-9 大腿直筋   腸骨(下前腸骨棘寛骨臼の上縁) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展股関節屈曲
S-11 中間広筋   大腿骨(上部3/4) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-12 外側広筋   大腿骨(大転子粗線外側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-13 内側広筋   大腿骨(粗線内側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-14 縫工筋   腸骨(上前腸骨棘) 脛骨(上部の内側面) 大腿神経 股関節屈曲外旋外転膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 短頭 大腿骨(粗線外側唇) 脛骨(腓骨頭) 腓骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 長頭 坐骨(坐骨結節) 脛骨(腓骨頭) 脛骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-3 半膜様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(内側顆)、大腿骨(外側顆) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
T-4 半腱様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(上部の内側面) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
U-2 腓腹筋 外側頭 外側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-2 腓腹筋 内側頭 内側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-3 ヒラメ筋   脛骨(ヒラメ筋線)、腓骨(頭、骨幹上部) 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈
U-5 足底筋   大腿骨(外側顆の上部) アキレス腱内側縁 脛骨神経 足関節底屈
U-6 膝窩筋   大腿骨(外側顆) 脛骨(上部の後面) 脛骨神経 膝関節屈曲下の下床を形成する
V-7 後脛骨筋   脛骨(後面)、腓骨(後面) 舟状骨、3個の楔状骨立方骨、第2-4中足骨 脛骨神経 足関節内反底屈
V-1 前脛骨筋   脛骨(外側面)、骨間膜 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節の背屈内反足底のアーチ維持
V-2 長腓骨筋   腓骨(上部の外側面・腓骨頭)、脛骨(外側顆) 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-3 短腓骨筋   腓骨(下部の外側面) 第5中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-4 第三腓骨筋   腓骨下部の前面) 第5中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節外反背屈


下腹部痛」

  [★]

lower abdominal pain
下腹痛腹痛

診療エッセンシャルズ.271 改変

  • 右下腹部+左下腹部
消化器 虫垂炎腸炎憩室炎炎症性腸疾患虚血性大腸炎ヘルニア嵌頓(内鼠径/外鼠径、閉鎖孔大腿)、過敏性腸症候群、S状結腸捻転、腸結核
婦人科 子宮外妊娠卵巣腫瘍茎捻転骨盤内炎症性疾患子宮内膜症
泌尿器 尿管結石膀胱炎精巣捻転

産婦人科疾患

NGY.138

急性かつ重篤な下腹痛

中等度の下腹痛

  • 1. 鎖陰
  • 2. 卵巣嚢腫破裂
  • 3. 子宮内膜症
  • 4. 月経困難症
  • 5. 子宮筋腫
  • 6. 急性付属器炎、子宮内膜炎:子宮内膜炎は子宮内操作や流産後などに起こり、ほとんどが上行性感染と考えられ、発熱や不正出血などの随伴症状を伴うことが多い。卵管に炎症が波及し付属器炎になると下腹痛も増悪し、骨盤腹膜炎を来すことがある。起因菌はクラミジアの頻度が増加している。(参考1)
  • 7. 流産

産婦人科の下腹部痛の鑑別疾患

参考1

妊娠の有無による鑑別

参考

  • 1. (12)日本産婦人科医会研修プログラム;痛みの診断と治療

3)急性腹症,がん性疼痛への対応 - 日産婦誌58巻9号

http://www.jsog.or.jp/PDF/58/5809-395.pdf


閉鎖神経」

  [★]

obturator nerve
nervus obturatorius
腰神経叢陰部神経管
  • 図:N.327(閉鎖動脈との伴行) N.521(筋枝、皮枝の分布) N.380,390(膀胱との関係)

由来

支配

筋枝

皮枝

走行

  • 大腰筋の内側縁に沿って下行
  • 閉鎖孔閉鎖管を抜ける
  • 前枝と後枝に分かれる

前枝

後枝

臨床関連



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

内閉鎖筋」

  [★]

obturator internus (K), obturator internus muscle (M,N,KA)
股関節の筋陰部神経管

起始

停止

神経

機能

カテゴリ

下肢帯の筋>:下肢帯の筋~ 深層外旋六筋>:深層外旋六筋

外閉鎖筋」

  [★]

obturator externus (M,K,KL), obturator externus muscle (N,KH,KA)
股関節の運動に関与する筋

起始

停止

神経

  • 閉鎖神経
    • 深層外旋六筋のうち唯一閉鎖神経支配だが、その神経の走行を考えれば理にかなう

機能

カテゴリ

下肢帯の筋>:下肢帯の筋~ 深層外旋六筋>:深層外旋六筋


閉鎖孔ヘルニア」

  [★]

obturator hernia
骨盤部ヘルニア

疫学

  • 高齢のやせた女性に多い → (1)骨盤が広く、閉鎖感が大きい、(2)老化・多産により骨盤支持組織の脆弱化、(3)体重減少により後腹膜脂肪組織の減少による閉鎖管の拡大。(SSUR.488)

症状

検査


診断

  • CTや大腿部超音波検査。

治療

  • 手術

国試



閉鎖」

  [★]

closure
縫合
  • 手術・外傷により生じた組織損傷を縫い合わせること




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡