血管造影

出典: meddic

angiography
血管撮影アンギオグラフィ



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/01 15:39:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血管造影検査にかかわる急変 (特集 "治療・処置に伴う急変"を見抜く&防ぐ! 起こりがちな! 急変徴候への対応 : "もしかして…!?"すぐに気づいて迷わず動ける!)
  • 胸部下行大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術中に生じたKounis症候群の1例
  • 穐山 大治,久冨 一輝,坂本 一郎[他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 89(1), 44-48, 2014-03-25
  • … 下行大動脈人工血管置換術後の末梢吻合部拡大に対するステントグラフト内挿術中に,造影剤が原因と考えられるアレルギー反応とこれに伴う冠動脈攣縮(Kounis症候群)を発症した症例を経験した.血管造影室で全身麻酔導入後,放射線科医師による処置開始後より徐々に血圧の低下と心拍数の上昇が生じた.心電図上で著明なST上昇と心室性期外収縮を認めたため,手術操作の中止と循環維持のための治療を開始した.診断目的 …
  • NAID 110009804756
  • 実験用豚を用いた3種の造影剤(ヨード、ガドリニウム、二酸化炭素)における腹腔・腎動脈血管造影(DSA: Digital Subtraction Angiography)の描出能の検討
  • 新村 耕平,馬場 康貴,林 完勇 [他]
  • 鹿児島大学医学雑誌 65(2・3), 25-35, 2014-03
  • NAID 40020069783

関連リンク

頭部血管造影検査とは、頭部の血管にX線を透さない造影剤を注入してX線撮影し、動脈、静脈、毛細血管の異常を観察する検査です。くも膜下出血や脳出血による出血部位の判定、また脳腫瘍の存在などを診断します。
血管造影はX線を用いて血管の詳細な画像を描出する検査で、CT血管造影や磁気共鳴血管造影と区別するために従来型血管造影と呼ぶこともあります。血管造影をしながら、医師が血管の障害を治療することも可能です。

関連画像

34脑血管造影静脉窦期所属词条 > 脑血管造影血管造影状况 全面 了解 的 一 种 诊断 脑血管造影很可怕吗? 金标准”-全脑血管造影术(DSA


★リンクテーブル★
国試過去問109B054」「110I078」「112F054」「083D024」「112D051」「108A059」「112A071」「101A042」「101B092」「086B012
リンク元angiography」「動脈造影」「vascular imaging」「血管画像法」「血管イメージング
拡張検索ディジタルサブトラクション血管造影術」「頚動脈血管造影」「心血管造影法
関連記事血管」「造影」「

109B054」

  [★]

  • 次の文を読み、53~55の問いに答えよ。
  • 81歳の男性。発熱を主訴に来院した。
  • 現病歴:5日前から37℃台の発熱が出現し、3日前から腰痛が出現した。腰痛は鈍痛で、運動時と安静時ともに自覚していた。自宅で様子をみていたが改善しないため受診した。
  • 既往歴:61歳から糖尿病のため内服加療中。
  • 家族歴:父親が胃癌。母親が大腸癌。
  • 生活歴:妻との2人暮らし。海外渡航歴はない。
  • 現症:意識は清明。身長165cm、体重57kg。体温38.2℃。脈拍96/分、整。血圧 138/80mmHg。呼吸数 22/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸部リンパ節を触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腰部正中に叩打痛を認める。足背動脈の触知は良好で左右差を認めない。下腿に浮腫を認めない。神経学的所見に異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体1+、潜血(-)、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 476万、Hb 12.9g/dL、Ht 40%、白血球 13,300(桿状核好中球 32%、分葉核好中球 54%、好酸球 1%、好塩基球 1%、単球 2%、リンパ球 10%)、血小板 43万。血液生化学所見:総蛋白 7.5g/dL、アルブミン 3.8g/dL、総ビリルビン 0.9mg/dL、直接ビリルビン 0.3mg/dL、AST 30IU/L、ALT 28IU/L、LD 170IU/L(基準 176~353)、ALP 402IU/L(基準 115~359)、γ-GTP 49IU/L(基準 8~50)、アミラーゼ 121IU/L(基準 37~160)、CK 58IU/L(基準 30~140)、尿素窒素 19mg/dL、クレアチニン 1.0mg/dL、尿酸 7.1mg/dL、血糖 148mg/dL、HbA1c 8.5%(基準 4.6~6.2)、総コレステロール 199mg/dL、トリグリセリド 180mg/dL、Na 130mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 98mEq/L。CRP 3.2mg/dL。動脈血ガス分析(room air):pH 7.37、PaCO2 36Torr、PaO2 98Torr、HCO3- 20mEq/L。12誘導心電図で異常を認めない。胸部エックス線写真に異常を認めない。腹部CTに異常を認めない。腰部MRI(別冊No. 7A、B)を別に示す。
  • 4時間後、検査室から血液検体でGram陽性球菌が検出されたとの報告があった。
  • この時点で追加すべき検査はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109B053]←[国試_109]→[109B055

110I078」

  [★]

  • 48歳の女性。手関節と手指の腫れを主訴に来院した。6か月前から両側の手首や手指の関節の痛みを自覚していた。市販の消炎鎮痛薬と貼付剤とで様子をみていたが改善しないため受診した。朝起きてから約1時間は手指を動かしにくい。身長 155 cm、体重 45kg。体温 36.5℃。脈拍 72/分、整。血圧 132/74mmHg。両手関節、両手示指の中手指節関節(MP関節)および近位指節間関節(PIP関節)に腫脹と圧痛とを認める。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 392万、Hb 12.1g/dL、Ht 36%、白血球 8,800、血小板 45万。血液生化学所見:総蛋白 7.2g/dL、アルブミン 3.7g/dL、クレアチニン 0.7mg/dL、Na 140mEq/L、K 3.8mEq/L、Cl 103mEq/L。免疫血清学所見:CRP 2.8mg/dL、リウマトイド因子(RF) 80IU/mL(基準 20未満)、抗CCP抗体 52U/mL(基準 4.5未満)、CH50 55U/mL(基準 30~50)、抗核抗体陰性、抗SS-A抗体陰性。手の単純エックス線写真で異常を認めない。
  • この患者の早期の病変評価に有用な検査はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 110I077]←[国試_110]→[110I079

112F054」

  [★]

  • 54歳の男性。吐血を主訴に来院した。3日前から黒色便であったがそのままにしていたところ、今朝コップ1杯程度の吐血があったため救急外来を受診した。意識は清明。体温 36.4℃。脈拍 124/分、整。血圧 86/60mmHg。呼吸数 20/分。皮膚は湿潤している。四肢に冷感と蒼白とを認める。眼瞼結膜は軽度貧血様であるが、眼球結膜に黄染を認めない。腹部は平坦で、心窩部に圧痛を認めるが、筋性防御はない。まず急速輸液を開始し、脈拍 96/分、血圧 104/68mmHgとなった。
  • 次に行うべきなのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 112F053]←[国試_112]→[112F055

083D024」

  [★]

  • 42歳の女性。10年前から両足にびりびりするしびれ感が出現し、次第に上行した。4年前から下痢と便秘とを繰り返すようになり、半年前から立ちくらみが頻回に出現するようになったので、精査のために来院した。上下肢に、広範な筋萎縮、筋力低下および触圧覚低下を認める。腱反射は上下肢で消失。血圧は安静時臥位で120/80mmHg、起立3分後に90/54mmHgである。
  • 診断上有用な検査はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]

112D051」

  [★]

  • 65歳の男性。飲酒後の悪心と上腹部痛とを主訴に来院した。身長 165cm、体重 90kg。体温 37.5℃。脈拍 112/分、整。血圧 108/60mmHg。腹部は平坦で、上腹部に圧痛を認める。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液生化学所見:総ビリルビン 0.8mg/dL、AST 35U/L、ALT 30U/L、アミラーゼ 2,540U/L(基準 37~160)、尿素窒素 19mg/dL、クレアチニン 0.9mg/dL。腹部超音波検査を行ったが、消化管ガスのため上腹部の観察は困難であった。
  • 次に行うべき検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 112D050]←[国試_112]→[112D052

108A059」

  [★]

  • 64歳の女性。乳がん検診のマンモグラフィで異常を指摘され来院した。左乳房に長径約 2 cmの腫瘤を触知する。腫瘤は境界不明瞭で硬く圧痛を認めない。乳頭からの分泌物を認めない。マンモグラム (別冊 No. 29)を別に示す。
  • 次に行うべき検査として適切なのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 108A058]←[国試_108]→[108A060

112A071」

  [★]

  • 64歳の女性。乳がん検診のマンモグラフィで異常を指摘され来院した。左乳房に長径約2cmの腫瘤を触知する。腫瘤は境界不明瞭で硬く圧痛を認めない。乳頭からの分泌物を認めない。マンモグラム(別冊No. 36)を別に示す。
  • 次に行うべき検査はどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 112A070]←[国試_112]→[112A072

101A042」

  [★]

  • 53歳の女性。朝からものが二重に見えることを主訴に来院した。意識は清明。右眼瞼下垂と右眼球運動障害とを認める。頭部単純MRIのT1強調像とT2強調像とを以下に示す。
  • 診断の確定に必要なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A041]←[国試_101]→[101A043

101B092」

  [★]

  • 画像検査でヨード造影剤が用いられるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B091]←[国試_101]→[101B093

086B012」

  [★]

  • (1) 肝良性腫瘍のうちで最も多い
  • (2) 黄疸を高率に認める
  • (3) 腹部超音波検査で低エコー像を呈する
  • (4) 腹部X線単純CTで高吸収を呈する
  • (5) 血管造影で綿花状濃染像を認める
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

angiography」

  [★] 血管造影

WordNet   license wordnet

「roentgenographic examination of blood vessels after injection of a radiopaque contrast medium; produces an angiogram」


動脈造影」

  [★]

arteriography
動脈造影法、血管造撮影、血管造影脳血管造影


vascular imaging」

  [★]

angiographicangiography


血管画像法」

  [★]

vascular imaging
血管造影血管イメージング


血管イメージング」

  [★]

vascular imaging
血管造影血管画像法


ディジタルサブトラクション血管造影術」

  [★]

digital subtraction angiography
デジタルサブトラクション血管造影デジタルサブトラクション血管造影法


頚動脈血管造影」

  [★]

carotid angiography, CAG
頚動脈



心血管造影法」

  [★]

cardioangiography
心血管造影


血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類




造影」

  [★]

imaging
イメージング画像処理画像診断造影法画像法


影」

  [★]

shadow
陰影




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail25
2CATTLE SKIN DEHIDER mail14
3SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
4SHEEP BLEEDING LINE mail10
5CATTLE BLEEDING PAN mail9
6SHEEP BLEEDING PAN mail9
7OVINE LEG B IN mail5
8Norpseudoephedrine mail4
9右室梗塞4
10クモ膜嚢胞4
11ソーセージ様手指とは4
12右PICA後閉塞 s/o4
13裂脳症close4
14Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
15BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail4
16MONOSODIUM GLUTAMAT mail4
17グリコフォームとは4
18CATTLE BLEEDING HOOK mail3
19OVINE 6 WAYS CUT mail3
20パリスターキリアン3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1OVINE LEG B IN mail4
2Norpseudoephedrine mail4
3グリコフォームとは3
4SI 血清鉄 3
5+多発性単純性腎嚢胞+皮質3
6メサコリン2
7ガラクトキナーゼ欠損2
8膜性骨化2
9プラスミノーゲンアクチベーター2
10尿細管性アシドーシス+嚢胞2
11atbi2
12兎眼+原因2
13Al Said and Superyacht A manufacturers-and-suppliers companies contacts us in Libya mail2
14BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail2
15大伏在静脈2
16蕁麻疹用血管炎2
17www.balkhair.com mail2
18局在関連性てんかん2
19医療電子教科書+アシドーシス2
20オノアクト+作用機序1