腹腔穿刺

出典: meddic

abdominocentesis, abdominal puncture, abdominal paracentesis, abdominal tap
paracentesis abdominalis
腹水穿刺腹膜穿刺

適応

  • 診断、治療

対象疾患

(NSU.715)
  • 腹水を生じる疾患
  • 腹腔内出血(腹部外傷、肝癌の破裂、子宮外妊娠は列など)
  • 腹腔内限局性膿瘍

目的による分類

  • 試験的/診断的穿刺:腹腔内貯留液の有無及び正常の確認(NSU.715)
  • 治療的穿刺:腹水の排除、膿瘍のドレナージ、抗癌薬の注入など(NSU.715)

禁忌と注意

  • 腸管癒着の疑われる手術創周囲、腸管拡張の著名なとき、妊娠子宮・肝脾腫などにも注意。(NSU.715)
  • 腸管内ガスの大量貯留、複数の手術痕、妊婦(YN.B-6)

穿刺部位

also see LAB.239
  • 腹直筋鞘外縁の上下左右の4個所、両側中側腹部臍下:腹膜4分画穿刺 (出典不明)
  • モンロー・リヒター線の外側1/3を穿刺。あるいは右前腸骨棘と臍を結ぶ外側1/3の点を穿刺する。腹部外傷時には左右上腹部を穿刺することもある(NSU.715)

腹腔穿刺所見で推定できる疾患

YN.L-30
  • 非凝固性血性の液:子宮外妊娠、卵巣出血、外傷
  • 血漿液性:荒野区政イレウス、卵巣嚢腫経年点、急性膵炎、急性腸間膜動脈閉塞
  • 膿性悪臭:消化管穿孔、穿孔性腹膜炎
  • 無臭:原発性腹膜炎、卵管炎
  • 胆汁混合:十二指腸潰瘍穿孔、胆嚢穿孔




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腹腔穿刺術 (特集 1ページイラストでわかる!看護がわかる! 消化器外科ナースのための手術以外の治療と検査)
  • 和田 浩志,丸橋 繁,川本 弘一 [他]
  • 消化器外科nursing 16(9), 888-891, 2011-09
  • NAID 40018980638
  • 腹腔穿刺法 (特集 内科医に必要な基本的診療手技のノウハウ)
  • 中尾 将光,喜多 宏人
  • 診断と治療 99(4), 657-662, 2011-04
  • NAID 40018792194
  • P1-269 当科における症状緩和としての腹腔穿刺の検討(Group33 婦人科腫瘍その他3,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 樋田 一英,久慈 志保,高橋 伸卓,武隈 宗孝,永井 景,平嶋 泰之
  • 日本産科婦人科學會雜誌 62(2), 438, 2010-02-01
  • NAID 110007685626

関連リンク

穿刺部位の出血は圧迫止血する. ②感染:消毒不十分と頻回穿刺などによることが 多い. (5)禁忌. ダグラス窩に広範な腸管の癒着がある場合や腫瘍による占拠が明らか な場合は禁忌であ. る. 2)腹水穿刺. 腹腔内の液体貯留を経皮的に穿刺し,検体採取 ...
利尿剤を使っても腹水が増えてくる場合には、腹壁を刺して直接腹水を抜く(腹腔穿刺― ふくくうせんし)治療をします。以前は「腹水はできるだけ抜かない方がいい」と言われ 続けていましたが、米国を中心とした多くの大規模比較試験(信頼できる結果が得られる ...

関連画像

腹腔穿刺・腹腔ドレナージ腹腔穿刺腹腔穿刺术:腹腔穿刺多用套管针画像を見る(大)h22-22.jpghqdefault.jpg麦可龙腹腔穿刺器


★リンクテーブル★
国試過去問106B050」「105B040」「107D059」「095F036」「097F047」「097F034」「100H015」「096F041」「104D023」「095G030」「104I044」「098I025
リンク元abdominocentesis」「腹膜穿刺」「腹水排液
関連記事穿刺」「腹腔

106B050」

  [★]

  • 63歳の男性。発熱と腹痛とを主訴に来院した。現病歴:昨日から38℃台の発熱と腹部全体の痛みとがある。痛みは持続的で、下痢と嘔吐とはない。家族の話では、いつもと比べて何となくぼんやりしているという。
  • 既往歴 53歳時にC型肝炎を、 60歳時に肝硬変を指摘された。
  • 生活歴 喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴 父親が脳梗塞のため84歳で死亡。
  • 現 症 意識レベルはJCS I-2。体温38.1℃。脈拍96/分、整。血圧106/56mmHg。呼吸数24/分。腹部は膨隆し、打診では仰臥位から左側臥位への体位変換で濁音境界が移動する。腹部全体に軽度の圧痛を認める。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球295万、 Hb9.2g/dl、Ht27%、白血球4,200、血小板4.3万。血液生化学所見:総蛋白5.8g/dl、アルブミン2.6g/dl、尿素窒素15mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、総ビリルビン1.0mg/dl、 AST94IU/l、 ALT64IU/l、 ALP230IU/l(基準115-359)、アンモニア73μg/dl(基準18-48) 。腹部超音波検査で肝臓に腹痛を認めない。
  • 病態把握のために最も重要な検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B049]←[国試_106]→[106B051

105B040」

  [★]

  • 58歳の女性。腹痛を主訴に来院した。 2年前に胃切除術を受け、以後順調に経過していた。昨夜突然、腹痛が出現し、周期的に増強するようになった。意識は清明。身長155cm、体重48kg。体温36.8℃。脈拍96/分、整。血圧112/84mmHg。腹部はやや膨隆し、腹部全体に圧痛を認めるが、 Blumberg徴候と筋性防御とは認めない。肝・脾を触知しない。腸雑音は亢進している。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 346万、 Hb9.7g/dl、 Ht 28%、白血球9,100、血小板 16万。血液生化学所見:血糖 106mg/dl、総蛋白 7.1g/dl、アルブミン 4.0g/dl、尿素窒素 19mg/dl、クレアチニン 1.1mg/dl、総コレステロール 211mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 35IU/l、ALT38IU/l、LD 346U/l(基準176-353)、ALP 224IU/l(基準115-359)、 Na l34mEq/l、K 4.l mEq/l、Cl 96 mEq/l。CRP 1.2mg/dl。腹部エックス線写真(別冊No.2)を別に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105B039]←[国試_105]→[105B041

107D059」

  [★]

  • 40歳の女性。自転車で走行中に転倒し右の側腹部を強打し搬入された。激しい右背部痛を訴えている。意識は清明。体温37.5℃。脈拍120/分、整。血圧84/56mmHg。呼吸数22/分。SpO2100%(リザーバー付マスク10l/分酸素投与下)。心音と呼吸音とに異常を認めない。右の側腹部に発赤と圧痛とを認める。尿所見で肉眼的血尿を認める。血液所見:赤血球312万、Hb 9.8g/dl、Ht 31%、白血球12,000、血小板15万。血液生化学所見:総蛋白6.5g/dl、アルブミン3.2g/dl、尿素窒素25mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、AST 320IU/l、ALT 90IU/l、CK 8,400IU/l(基準40~200)、Na 140mEq/l、K 4.5mEq/l、Cl 108mEq/l。腹部造影CT(別冊No.32)を別に示す。今後行う可能性のある対応を患者と駆けつけた家族とに説明することになった。
  • 説明する内容として適切なのはどれか。3つ選べ。
  • a 輸血
  • b 腹腔穿刺
  • c 右腎摘出術
  • d 右腎瘻造設術
  • e 右腎動脈塞栓術



[正答]


※国試ナビ4※ 107D058]←[国試_107]→[107D060

095F036」

  [★]

  • 次の文を読み、35、36の問いに答えよ。
  • 60歳の女性。発熱と腹痛とを主訴に午前1時に救急車で来院した。
  • 現病歴 : 50歳ころから血圧が高いと言われたが、多忙のためにきちんとした管理をしてこなかった。また数年前から脂っこい食事を食べた後、心窩部から右季肋部にかけての重苦しさを自覚し、市販薬を時々服用していた。数日来右季肋部にいつもより強い間欠的な痛み、背部痛および嘔気を自覚するようになった。昨夕からしぼられるような痛みとなり、ガクガク震えた後40℃まで発熱した。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現 症 : 小柄で肥満の傾向。意識は清明。体温39.6℃。脈拍104/分、整。血圧116/88mmHg
  • 誤っている対応はどれか。
  • a. 胸腹部エックス線単純撮影
  • b. 血清生化学検査
  • c. 血液培養検査
  • d. 腹部超音波検査
  • e. 腹腔穿刺
[正答]


※国試ナビ4※ 095F035]←[国試_095]→[095F037

097F047」

  [★]

  • 次の文を読み、47、48の問いに答えよ。
  • 63歳の女性。交通事故後に救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 自転車に乗っていて自動車に衝突され受傷した。
  • 現症 : 意識は清明。体温36.7℃。脈拍104/分、整。血圧96/72mmHg。骨盤周囲に強い圧痛がある。右下腿には開放創があり、泥が付着した骨折部が露出している。
  • 検査所見 : 尿所見:黄色透明、蛋白(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球350万、Hb11.3g/dl、Ht32%、白血球11,000、血小板25万。骨盤エックス線単純写真(別冊No.6)を別に示す。


  • 静脈路確保を行った後、優先して行うべき検査はどれか。
  • a. 腹部エックス線断層撮影
  • b. 腹部単純CT
  • c. 腹部単純MRI
  • d. 腹腔穿刺
  • e. 腹腔鏡検査
[正答]


※国試ナビ4※ 097F046]←[国試_097]→[097F048

097F034」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 26歳の1回経妊、未産婦。今朝、多量の性器出血と下腹部痛とが突然出現したため来院した。
  • 現病歴 : 2か月前に経ロ避妊薬の服用を中止し、消退出血があった。その後、持続する性器出血があったが、自然に消失した。
  • 現症 : 意識は清明。身長156cm、体重50㎏。体温36.5℃。臥位で、脈拍68/分、整。血圧104/76mmHg。腹部はほぼ平坦であるが、下腹部に圧痛を認める。双合診で子宮の大きさは鷲卵大、軟。両側付属器に異常を認めない。膣鏡診で外子宮ロから多量の出血を認める。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球380万、Hb11.2g/dl、Ht35%、白血球6,300、血小板19万。
  • この患者の処置について正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097F033]←[国試_097]→[097F035

100H015」

  [★]

  • 19歳の男性。バイクで走行中に転倒し、救急車で搬入された。呼吸数24/分。脈拍104/分、整。血圧88/60mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)90%(酸素10l/分投与下)。呼び掛けると開眼する。瞳孔は左右とも4mmで対光反射はある。前額部に5cm長の挫創がありガーゼで圧迫止血されている。右側胸部から右上腹部に打撲痕がある。右胸部は吸気時に陥凹し、呼気時に突出し、握雪感を認める。右胸部の呼吸音は聴取しない。腹部は平坦で、腸雑音を聴取する。右上腹部に圧痛がある。骨盤に可動性はない。四肢に擦過傷を認めるが、運動障害と感覚障害とを認めない。末梢静脈路を確保して乳酸加リンゲル液の投与を開始した。
  • 次に行うのはどれか。
  • a. 輸血
  • b. 気管挿管
  • c. 腹腔穿刺
  • d. 右胸腔ドレナージ
  • e. 左鎖骨下静脈穿刺
[正答]


※国試ナビ4※ 100H014]←[国試_100]→[100H016

096F041」

  [★]

  • 次の文を読み、41、42の問いに答えよ。
  • 65歳の男性。吐血のため救急車で来院した。
  • 現病歴 : 2日前から風邪気味で感冒薬を服用していた。今朝、突然嘔気があり洗面器一杯の新鮮血液を吐血した。
  • 既往歴 : 25年前に胃切除術の際に輸血を受けた。数年前から肝硬変を指摘されていた。
  • 現症 : 身長165cm、体重61kg。体温36.6℃。脈拍120/分、微弱、整。血圧72/40mmHg。皮膚は蒼白で頚部にクモ状血管腫がみられる。眼瞼結膜に著明な貧血を認め、眼球結膜に黄疸を認める。胸部所見では心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は軽度膨隆し、肝・脾は触知しない。
  • 直ちに行うべきことはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096F040]←[国試_096]→[096F042

104D023」

  [★]

  • 65歳の男性。吐血のため搬入された。起床時から悪心があり、朝食前に洗面器・いっぱいの吐血があった。肝硬変で通院中である。意識は清明。身長167cm、体重42kg。体温36.8℃。脈拍108/分、整。血圧96/60mmHg。腹部は膨隆。血液所見:赤血球 340万、Hb 8.5g/dl、Ht 26%、白血球 3,800、血小板 7.2万。血液生化学所見:総蛋白 5.5g/dl、アルブミン 2.9g/dl、尿素窒素 45mg/dl、クレアチニン 1.4mg/dl、総ビリルビン 1.3mg/dl、直接ビリルビン 0.8mg/dl、AST 55IU/l、ALT 30IU/l。
  • 血管確保後にまず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104D022]←[国試_104]→[104D024

095G030」

  [★]

  • 35歳の男性。1週前から腹部膨満感が出現したため来院した。3か月前から時々黒色便があったが放置していた。2か月で3kgの体重減少がある。身長165cm、体重50kg。眼瞼結膜に貧血を認める。左鎖骨上窩に小指頭大の硬いリンパ節を触知るする。肺肝境界の上昇と波動のある腹部膨隆とを認める。腹腔穿刺をしたところ腹水が採取された。この腹水について予想されるのはどれか。
  • (1) 血性である
  • (2) 蛋白は少ない
  • (3) 糖は低値である
  • (4) 細胞成分は少ない
  • (5) 利尿薬に反応しにくい
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095G029]←[国試_095]→[095G031

104I044」

  [★]

  • 生後1か月の乳児。嘔吐を主訴に来院した。生後3過ころから哺乳後にミルクを嘔吐するようになり、その頻度と量が増加している。それまでの体重増加は順調であったが、最近の1週間は体重増加が止まっている。患児の上腹部の写真(別冊No.5)を別に示す。
  • 診断確定のために行うのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104I043]←[国試_104]→[104I045

098I025」

  [★]

  • 28歳の女性。突然の下腹部痛とそれに引き続く意識混濁のため、家族に付き添われ救急車で搬入された。意識は傾眠状態。36.0℃。脈拍136/分、微弱。収縮期血圧60mmHg。皮膚は蒼白で冷たく、腹部は膨隆している。尿の妊娠反応は陽性である。直ちに行うべき処置はどれか。
  • a. 血管拡張薬の投与
  • b. 止血薬の投与
  • c. 利尿薬の投与
  • d. 輸液
  • e. 腹腔穿刺
[正答]


※国試ナビ4※ 098I024]←[国試_098]→[098I026

abdominocentesis」

  [★] 腹腔穿刺

WordNet   license wordnet

「centesis of the belly to remove fluid for diagnosis」
paracentesis

腹膜穿刺」

  [★]

peritoneal puncture, peritoneal tap
腹腔穿刺


腹水排液」

  [★]

腹水腹腔穿刺


穿刺」

  [★]

punctureparacentesisprickstabneedlingpricking
穿開術穿刺術微小穿刺プリッキングパンクチャー


腹腔」

  [★]

abdominal cavity (Z)
cavum abdominis
腹膜腔




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡