肺活量

出典: meddic

vital capacity, VC
努力肺活量

幼小児の肺活量

  • 呼吸機能検査が困難であるために予測肺活量の計算式はない。
  • 身長と体重から推測する式はある。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/03/20 10:49:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 研究・症例 ピルフェニドン単独投与が有効であった重症特発性肺線維症の1例
  • 奥田 良,萩原 恵里,遠藤 高広 [他]
  • 日本胸部臨床 71(11), 1144-1150, 2012-11
  • NAID 40019480547
  • 心臓血管外科手術後患者の肺活量の回復に関連する要因
  • 渡利 太,横山 茂樹,西崎 真里 [他]
  • ヘルスプロモーション理学療法研究 2(3), 113-118, 2012-10
  • NAID 40019490125

関連リンク

肺活量は肺の内部で行われているガス交換の能力・機能の絶対値を測定する 「能力値」 として捕らえる事が可能です。 ですから肺活量が多い、少ないという基準は肺の換気能力の影響を大きく受けることになります。
楽器演奏・吹奏楽・ボーカリスト・スポーツ選手など肺活量を鍛えたい人のための肺活量アップ トレーニング法 ... 歌手、舞台俳優、管楽器奏者で歌唱力、肺活量をもっと高めたい方、肺活量を上げて運動能力をスピーディに向上 ...

関連画像

肺活量計測写真肺活量(団体用オール 肺活量肺活量は身長,年齢,性別に 気量分劃:「肺活量を 肺活量の検査方法


★リンクテーブル★
先読み努力肺活量
国試過去問107D052」「095G014」「095G013」「096A015」「100G102」「106A016」「101H006」「104B062」「108G019」「099D098」「096E012
リンク元%VC」「VC」「pulmonary capacity
拡張検索努力性肺活量
関連記事」「活量

努力肺活量」

  [★]

forced vital capacity, FVC
努力呼気肺活量 forced expiratory vital capacity
[[]]


  • 最大の吸息のあとに最大の速度で肺活量を全て呼出するときに計測された「肺活量」のこと。このときに強制呼出曲線が得られる(PT.350)。
  • 努力肺活量測定において、最初の1秒間に呼出される量を一秒量(FEV1.0)とよぶ。
  • 一秒量の努力肺活量に対する割合を一秒率(%)(FEV1.0/FVC*100)と呼ぶ
  • 閉塞性肺障害(肺気腫喘息慢性気管支炎など)の診断に利用される。


107D052」

  [★]

  • 68歳の男性。労作時の呼吸困難を主訴に来院した。3年前から労作時の呼吸困難を自覚していたが、3か月前から徐々に増強した。喫煙は20本/日を35年間。10年前に禁煙した。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。意識は清明。身長172cm、体重73kg。脈拍72/分、整。血圧136/76mmHg。呼吸数18/分。SpO2 95%(room air)。聴診で両側の背下部にfine cracklesを聴取する。血液所見:赤血球461万、Hb 13.9g/dl、Ht 44%、白血球8,700(好中球58%、好酸球5%、単球6%、リンパ球31%)、血小板26万。血液生化学所見:総蛋白7.6g/dl、アルブミン4.1g/dl、尿素窒素14mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、AST 22IU/l、ALT 19IU/l、LD 247IU/l(基準130~235)。免疫学所見:CRP 1.0mg/dl、サーファクタントプロテインD(SP-D)240ng/ml(基準0~109)。胸部エックス線写真(別冊No.26A)と胸部高分解能CT(別冊No.26B)とを別に示す。
  • この患者で低下しているのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 107D051]←[国試_107]→[107D053

095G014」

  [★]

  • 55歳の男性。2か月前から労作時の息切れ乾性咳とが出現し、最近増悪したので来院した。 35年前から18年間絶縁体の製造に従事していた。胸部エックス線写真と気管支肺胞洗浄液May-Giemsa染色標本とを以下に示す。
  • この疾患で正しいのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 095G013]←[国試_095]→[095G015

095G013」

  [★]

  • 56歳男性。多量の膿性喀痰労作時呼吸困難とが出現したので来院した。10歳代から咳と喀痰とを自覚していた。20歳時に慢性副鼻腔炎を指摘され、30歳代から咳と喀痰とが増悪したが放置していた。喫煙歴はない。胸部エックス線写真、胸部CTおよび肺生検H-E染色標本を以下に示す。この患者でみられないのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 095G012]←[国試_095]→[095G014

096A015」

  [★]

  • 61歳の男性。事務職。6か月前から労作時呼吸困難を自覚し、徐々に悪化したので来院した。2年前から乾性咳嗽に気付いていたが放置していた。胸部にfine crackles(捻髪音)を聴取する。白血球5,600。CRP0.2mg/dl(基準0.3以下)。胸部エックス線写真と胸部単純CTとを以下に示す。この疾患で低下しないのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096A014]←[国試_096]→[096A016

100G102」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100G101]←[国試_100]→[100G103

106A016」

  [★]

  • 胸部単純CT(別冊No. 1)を別に示す。
  • この患者の肺機能検査所見として考えられるのはどれか。 2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 106A015]←[国試_106]→[106A017

101H006」

  [★]

  • 79歳の女性。胃癌の手術後に肺炎を併発し、1か月間の臥床を余儀なくされた。
  • 起こりにくいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101H005]←[国試_101]→[101H007

104B062」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 104B061]←[国試_104]→[104C001

108G019」

  [★]

  • 長期の安静臥床により増加するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G018]←[国試_108]→[108G020

099D098」

  [★]

  • スパイロメトリで計測できないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D097]←[国試_099]→[099D099

096E012」

  [★]

  • 高齢者で低下していないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096E011]←[国試_096]→[096E013

%VC」

  [★]

肺活量 vital capacity
  • 標準的な肺活量に対する測定された肺活量の百分率。
  • 80%未満で拘束性肺疾患と判定される。

VC」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Victoria Cross」

pulmonary capacity」

  [★]

  • 肺活量
vital capacity

努力性肺活量」

  [★]

forced vital capacity
肺活量努力肺活量


量」

  [★]

amountvolumecontentquantity
含有量含量体積達する容積内容物内容ボリューム

活量」

  [★]

activity
活動度




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡