肝機能障害

出典: meddic

liver dysfunction, hepatic dysfunction, impaired liver function
肝障害
[show details]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/17 18:05:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Identification of 62-kDa Protein as an Immunogenic Antigen of Vibrio vulnificus for Humans
  • Tomita Yukiko,Higashibata Akira,Oishi Hirotaka,Hara Hiromitsu,Sakaguchi Yoshiro,冨田 由紀子,東端 晃,大石 浩隆,原 博満,坂口 嘉郎,トミタ ユキコ,ヒガシバタ アキラ,オオイシ ヒロタカ,ハラ ヒロミツ,サカグチ ヨシロウ
  • 福岡医学雑誌 104(7), 222-233, 2013-07-25
  • … vulnificus感染症患者の多くは基礎疾患に肝硬変や肝癌等の肝機能障害を有する.日和見感染症である本症において有効なワクチンの開発が重要であり,免疫原性の高い抗原の同定が必要である.今回我々は,V. …
  • NAID 120005323557
  • 妊娠高血圧症候群,特発性血小板減少性紫斑病合併妊娠にて分娩後,早発卵巣不全に陥り,その後免疫不全症を発症した1例
  • 笹 秀典,古谷 健一,高橋 明美,菊地 まゆみ
  • 母性衛生 54(2), 394-399, 2013-07-00
  • … 妊娠31週時, ITPの増悪,肝機能障害にて緊急帝王切開,翌日子宮動脈塞栓術施行。 …
  • NAID 110009624964
  • 肝機能障害患者におけるロクロニウム持続投与の安全性についての検討
  • 東 奈央子
  • Dokkyo journal of medical sciences 40(1), T29-T35, 2013-03-25
  • … ロクロニウム(RB)は、持続投与可能な初の筋弛緩薬であるが、肝機能障害患者では作用持続時間が延長する可能性がある。 … 本研究では、肝機能障害を有する患者のロクロニウム(RB)持続投与の安全性について調べた。 … 以上の結果から、肝機能障害を有する患者においても、筋弛緩モニタを継続的に行うことで、安全にRB持続投与を行うことが可能となると思われた。 …
  • NAID 110009561302

関連リンク

肝機能障害とは、肝臓が何らかの異常によって障害を受けることにより、正常に機能し なくなることをいいます。 γ-GTP・GOT(AST)・GPT(ALT)といった肝機能の数値で肝機能 障害がどの程度の状態であるかを判断します。 肝臓は沈黙の臓器といわれ、自覚症状 ...
肝機能障害という名前は知ってるけれど、意外と知らないその症状や改善方法について 考えます。

関連画像

肝機能障害全身症状を伴ったライム病の1  &肝機能障害の治療ちう。#buncho結果、肝機能障害を招くのです 肝機能障害の原因はいろいろあ 肝機能障害


★リンクテーブル★
国試過去問106I046」「107H030」「098F015」「107D008
リンク元シクロホスファミド」「パクリタキセル」「オメプラゾール」「肝不全」「hepatic dysfunction
関連記事障害」「機能」「機能障害」「

106I046」

  [★]

  • 45歳の男性。全身倦怠感を主訴に来院した。 20歳から毎日飲酒するようになり、日本酒を1日4合飲んでいた。その後、飲酒量は増えたものの仕事に支障をきたすことはなかった。 35歳時に職場の定期健康診断で肝機能障害を指摘され、産業医から内科受診と禁酒とを繰り返し勧められたが、受診せず飲酒を続けていた。 2か月前に仕事上のトラブルがあり、飲酒量が急激に増加した。 5日前からは、朝から飲酒し仕事に行かなくなった。 3日前から全身倦怠感が強くなり、増悪してきたため受診した。外来で肝機能障害が認められ、入院することになった。入院後3日、「ここは火葬場で、周りの人間が自分を燃やそうとしている」と言い、興奮し始めた。発汗が著明である。租大な手指振戦を認める。時々、穏やかに対応することもあるが、自分の居る場所が病院であることを理解できず困惑している様子である。
  • 現時点の対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I045]←[国試_106]→[106I047

107H030」

  [★]

  • 52歳の男性。大量飲酒を主訴に妻に伴われて来院した。23歳から飲酒を始め、10年前からは日本酒1升を毎日飲酒していた。この半年間は朝から飲酒し、食事量が減少し、仕事も休みがちになった。健康診断で肝機能障害を指摘されている。意識は清明で、静穏である。このままではいけないと説明したが、本人は「酒を飲まないと眠れない。酒はやめようと思えばやめられる」と述べている。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107H029]←[国試_107]→[107H031

098F015」

  [★]

  • 厚生花子さん。65歳の女性。3年前から、肝機能障害高脂血症とのために転院し、2か月ごとに血液検査を受けている。
  • 採血担当の研修医が最初に声をかけるのに適切なのはどれか。
  • a. 「厚生さんですね。」
  • b. 「確認のため、お名前を教えてください。」
  • c. 「検査の説明は受けていますか。」
  • d. 「前回の採血のあと、紫色になることはなかったですか。」
  • e. 「いつもの検査です。安心してください。」
[正答]


※国試ナビ4※ 098F014]←[国試_098]→[098F016

107D008」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107D007]←[国試_107]→[107D009

シクロホスファミド」

  [★]

cyclophosphamide, CPA CPM
cyclophosphamidum
Cytoxan, Neosarエンドキサン
  • first aid step1 2006 p.207,257,309,324,326,386
  • アルキル化薬


特徴

  • プロドラッグであり、肝臓で加水分解を受けて薬効を及ぼす

構造

作用機序

薬理作用

抗菌スペクトル

動態

適応

  • non-Hodgkin’s lymphoma, breast and ovarian carcinomas
  • immunosuppressants

注意

禁忌

副作用

  • 出血性膀胱炎、骨髄抑制
  • myelosuppression; hemorrhagic cystitis, which can be partially prevented with mesna

副作用(再評価結果より)

  • 再評価結果時の自覚的並びに他覚的症状緩和における安全性評価対象例5021例(経口投与を含む)中,主なものは,白血球減少1903例(37.90%),悪心嘔吐1041例(20.73%),脱毛1221例(24.32%)等であった。また,急性白血病等の造血幹細胞移植の前治療における本剤の第2相臨床試験の安全性評価対象例67例中,主なものは悪心嘔吐61例(91%),下痢口内炎各42例(各63%),脱毛38例(57%)であった。

重大な副作用

再評価結果における安全性評価例の集計

種類頻度 5%以上 5%未満 頻度不明
肝臓   肝機能異常,黄疸 コリンエステラーゼ低下
腎臓   蛋白尿浮腫 食欲不振味覚異常,胸やけ,おくび腹部膨満感
消化器 悪心嘔吐 口渇潰瘍性口内炎腹痛便秘下痢  
過敏症   発疹  
皮膚 脱毛 皮膚炎,色素沈着,爪の変形・変色  
精神神経系   頭痛眩暈不眠運動失調 倦怠感
呼吸器     肺水腫
循環器   心電図異常,心悸亢進低血圧  
内分泌系   副腎皮質機能不全 甲状腺機能亢進
性腺   無月経 無精子症卵巣機能不全
その他   発熱,注射時熱感,局所痛CKCPK上昇 創傷の治癒遅延,高血糖

添付文書

  • 注射用エンドキサン100mg/注射用エンドキサン500mg
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4211401D1033_1_10/4211401D1033_1_10?view=body




パクリタキセル」

  [★]

paclitaxel
タキソール taxol TXL、(アルブミン添加)アブラキサン
抗悪性腫瘍薬

分類

  • 抗悪性腫瘍薬
  • タキサン系

適応

パクリタキセル注
  • 卵巣癌、非小細胞肺癌、乳癌、胃癌、子宮体癌、再発又は遠隔転移を有する頭頸部癌、再発又は遠隔転移を有する食道癌、血管肉腫、進行又は再発の子宮頸癌

作用機序

  • チューブリンの脱重合を抑制して、中間径フィラメントを安定化させることで有糸分裂期(M期)を停止させ、これにより細胞分裂を阻害 (⇔ ビンクリスチン)

重要な基本的注意

  • 骨髄抑制。過敏反応。低血圧、高血圧、徐脈。関節痛(高頻度)、筋肉痛(高頻度)。発熱(高頻度)。末梢神経障害(高頻度)。感染症、出血傾向。

重大な副作用





オメプラゾール」

  [★]

omeprazole
オメプラゾールナトリウム omeprazole sodium
エンプラールオブランゼオメプトロールオメプラールオメプラゾンオメプロトンオメラップ, Prilosec
プロトンポンプ阻害薬

分類

  • 攻撃因子抑制剤

適応

相互作用

併用禁忌

副作用



肝不全」

  [★]

hepatic failure, liver failure, hepatic insufficiency, liver insufficiency
肝機能不全
肝障害, 肝機能障害, 肝臓障害, 肝機能異常


  • 病態(肝機能の低下)で定義される疾患概念。

病型と病因

  • 1. 急性肝不全:劇症肝炎(急激に肝予備能が低下。ウイルス性、薬剤性など)など。
  • 2. 慢性肝不全:非代償性肝硬変、末期肝癌など

症候

  • 1. 全身倦怠感および消化器症状(悪心、嘔吐など)
  • 2. 肝性脳症
  • 意識障害などの精神症状、羽ばたき振戦、肝性口臭など
  • 肝の機能低下および門脈大循環の側副血行路のため、血中に蓄積した物質が脳代謝障害を起こすと考えられる。
  • 血中アンモニア値上昇、フィッシャー比(血中分岐鎖アミノ酸/芳香族アミノ酸比)の低下、脳波の徐波化と三相波出現がみられる。
  • ビリルビンの代謝障害(抱合や輸送)による血中ビリルビン値の上昇。
  • 1) 膠質浸透圧低下:↓肝でのアルブミン産生量 → ↓膠質浸透圧 → ↑組織外液
  • 2) 門脈圧亢進
  • 凝固因子産生量低下


hepatic dysfunction」

  [★]

hepatic damage, hepatic insufficiency, hepatopathy, impaired liver function, liver damage, liver disorder, liver dysfunction


障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


機能」

  [★]

関数官能基機能性機能的作動手術操作官能性機能上運用操縦




機能障害」

  [★]

dysfunctionimpairmentfunctional impairmentmalfunctionfunctional disorder
機能不全障害機能異常症機能異常機能不全症
国際生活機能分類



害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡