総胆管

出典: meddic

common bile duct (Z), CBD
ductus choledochus, ductus biliaris
胆管系胆嚢肝臓オッディ括約筋


解剖

胆管


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/08 20:55:34」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急性膵炎を契機に診断された胆嚢癌の1 例
  • 寺内 厳織,鈴木 一義,須田 季晋,片山 裕視,草野 祐実,北濱 彰博,関山 達彦,豊田 紘二,玉野 正也,山岸 秀嗣
  • Dokkyo journal of medical sciences 40(1), 73-78, 2013-03-25
  • … 80 歳,女性.急性膵炎の診断で入院した際の腹部CT と超音波検査で,胆嚢に3.6 cm 大の腫瘍を認めた.MRCP で膵・胆管合流異常症の合併は否定された.膵炎軽快後に胆嚢腫瘍の診断で腹腔鏡下胆嚢摘出術が施行された.病理診断は胆嚢癌であり,腫瘍表面は脆弱性で一部に脱落と考えられる所見を認めた.本症例は,腫瘍片が総胆管へと脱落することによって惹起された急性膵炎によって診断された稀な胆嚢癌と思われた. …
  • NAID 110009561255
  • 22. 絞扼性イレウスによりY脚消失,および短腸症候群となった総胆管拡張症術後の1例の治療戦略(一般演題,第47回日本小児外科学会関東甲信越地方会)
  • 益子 貴行,内田 広夫,川嶋 寛,田中 裕次郎,出家 亨一
  • 日本小児外科学会雑誌 48(7), 1078, 2012-12-20
  • NAID 110009562288
  • 当院における超高齢者の総胆管結石症に対する治療方針の検討
  • 真田 香澄,島本 真里,影山 真理,平田 祐一,白川 敦史,岡田 雄介,中瀬 浩二朗,萬代 晃一朗,鈴木 安曇,森川 宗一郎,河村 卓二,河端 秀明,盛田 篤広,宮田 正年,田中 聖人,宇野 耕治,安田 健治朗
  • 京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital 33, 39-45, 2012-12-00
  • 総胆管結石のため当院に入院し内視鏡的結石除去術あるいは内視鏡的胆管ステント留置術を試みた85 歳以上の182 例について検討した.内視鏡的に完全切石した症例(66 例)を完全切石群とし,完全切石を行わず,胆管ステントを留置して経過観察している症例(116 例)をステント留置群とした.両群の平均入院期間は19 日および16 日であった.経過観察が可能であった症例での検討では,両群ともに約半数に再発を認 …
  • NAID 120005156038

関連リンク

総胆管結石症と内視鏡による結石治療について。治療を受けるにあたって知りたいこと・知っておいていただきたいこと。監修:京都第二赤十字病院 副院長 安田 健治朗 先生
胆道結石は、症状が全くない場合もありますが、結石が胆嚢の出口や胆管の十二指腸への出口に嵌(はま)ってしまうと、痛みが生じます(図2)。また、脂っこいものを食べた後に心靴窩部(みぞおち)や右季肋部(みぞおちの右)が ...
腹部に4ヶ所〈1cm ~ 0.5cm〉の穴を開け炭酸ガスでお腹を膨らませます。 胆嚢の石が総胆管に落ちたと考えられる場合 胆嚢管(胆嚢と総胆管をつなぐ管)から胆道鏡を挿入し,総胆管内の結石を除去する(経胆嚢管的切石)。

関連画像

6~8mm胆嚢結石症・総胆管結石症 総胆管結石のERCP画像総胆管とは?医療レポート(総胆管結石)コメントをどうぞ コメントを


★リンクテーブル★
先読み肝臓」「オッディ括約筋」「胆管系
国試過去問095D028」「101G029」「106E037」「087B043」「095F003
リンク元胆嚢」「大十二指腸乳頭」「胆嚢管」「CBD」「choledochus
拡張検索総胆管結石」「総胆管拡張症」「先天性総胆管拡張症
関連記事胆管」「

肝臓」

  [★]

liver
肝臓の病理肝区域
  • 図:N.279-283

発生学的由来

  • 発生第3週の中頃に、前腸末端における内胚葉性上皮芽として現れる。
  • 造血細胞、クッパー細胞、結合 組織細胞は横中隔の中胚葉に由来
  • 肝芽は横中隔(心膜腔と卵黄嚢柄)との間の中胚葉板に進入

肝臓の周辺の膜

肝臓に関係する血管

解剖

  • 体重の約2%。1.2-1.5kg。(YN.B-2)

参考資料

肝臓研究室
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/intmed3/medical_3.html

組織

肝臓の病理

体表解剖

  • 第4肋間以下のレベルで貫通する障害を受けたとき、肝臓が損傷する。

肝区域

機能

  • 物質の合成と貯蔵 → (肝障害時)低下:アルブミン、凝固因子、補体、LCAT、コレステロール、コリンエステラーゼ
  • 解毒
  • 血糖コントロール
  • 胆汁の合成分泌
  • 血液循環と濾過
  • 血液循環:肝循環の調整、血清Na, Kの調整 → (肝障害時)腹水、Kプールの減少
  • Kupffer細胞による菌・有害物の貪食 → (肝障害時)易発熱性

薬物代謝 PPC.51

  • phase I: oxidation, reduction
  • phase II: hydrolysis, conjugation

年齢との関連

  • I相:加水分解、酸化、還元 :加齢により低下
  • II相:抱合 :不変

酵素

肝酵素

画像

CT


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




オッディ括約筋」

  [★]

Oddi sphincter, sphincter of OddiOddi's sphincter
musculus sphincter Oddii
胆膵管膨大部括約筋 sphincter of hepatopancreatic ampulla musculus sphincter ampullae hepatopancreaticae膨大部括約筋 musculus sphincter ampullae総胆管括約筋 sphincter of common bile ductオディ括約筋Oddi括約筋
胆膵管膨大部
[show details]


収縮

弛緩

  • 胆汁圧のたかまり


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


胆管系」

  [★]

biliary tract, biliary system
胆道系胆道 bile duct肝外胆路 extrahepatic bile duct、胆路系



095D028」

  [★]

  • 20歳の男性。上腹部痛があり、近医での超音波検査で胆道系の異常を指摘されて来院した。腹部身体所見で腫瘤を触知しない。ERCPと腹部造影CTとを以下に示す。
  • 認められる所見はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 095D027]←[国試_095]→[095D029

101G029」

  [★]

  • 20歳の男性。上腹部痛があり、近医での腹部超音波検査で異常を指摘され来院した。腹部に腫瘤を触知しない。ERCP写真と腹部造影CTとを以下に示す。
  • みられるのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 101G028]←[国試_101]→[101G030

106E037」

  [★]

  • 胆道疾患と治療の組合せで正しいのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E036]←[国試_106]→[106E038

087B043」

  [★]

  • 胆石について誤っているのはどれか
[正答]

095F003」

  [★]

  • 45歳の男性。眼球結膜の黄染に気付き来院した。画像診断で総胆管の完全閉塞を認める。この病態でみられないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095F002]←[国試_095]→[095F004

胆嚢」

  [★]

gallbladder (Z)
vesica fellea
  • 図:N.290

解剖

  • 胆嚢径:長径8cm x 短径4cm以下
  • 胆嚢壁:3mm以下

胆管

血管

動脈

  • 後上膵十二指腸動脈と胃十二指腸動脈が十二指腸後部の胆管に血液を送る
  • 胆嚢動脈が胆管の近位部に血液を送る
  • 右肝動脈が胆管の中部に血液を送る

静脈

壁構造

胆嚢の収縮

臨床関連

胆嚢の徴候

胆嚢壁の肥厚


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




大十二指腸乳頭」

  [★]

major duodenal papilla (M,Z)
papilla duodeni major
ファーター乳頭 Vater乳頭 Vater's papilla papilla of Vaterファーテル乳頭
主膵管総胆管胆膵管膨大部括約筋小十二指腸乳頭十二指腸乳頭




胆嚢管」

  [★]

cystic duct (KH,Z)
ductus cysticus
胆管系総胆管胆道
  • 胆嚢頚部~総肝管・総胆管の合流部(三管合流部)をつなぐ管


CBD」

  [★]


choledochus」

  [★]

総胆管

choledochalcommon bile duct


総胆管結石」

  [★]

choledocholithiasiscommon bile duct calculicholedocholith
胆石総胆管結石症胆汁結石
[show details]


国試


総胆管拡張症」

  [★]

cholangiectasis

国試


先天性総胆管拡張症」

  [★] 先天性胆道拡張症


胆管」

  [★]

bile duct (Z), biliary tract
胆汁路
肝内胆管肝外胆管

胆管径

腹部超音波テキスト 第1版 p.169
  • 正常胆管径:
  • 胆摘後では肝外胆管が10mm以上になりうる
  • 加齢によって太くなる
  • とある文献によれば、総胆管径は
胆嚢炎:8.7±1.7
胆石:11±3.3
胆嚢切除後:9.5±2.6
膵炎:9.8±2.2
膵癌:14.0±2.8
リンパ腫:9.5±2.6
十二指腸疾患(十二指腸炎、十二指腸潰瘍、十二指腸瘢痕):8.4±1.0



管」

  [★]

ducttubecanalpipe
ductusvasmeatus
水路チューブ導管道管卵管




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡