睡眠時無呼吸症候群

出典: meddic

sleep apnea syndrome, SAS
睡眠時無呼吸 sleep apnea
いびき=睡眠覚醒障害睡眠障害

3つのS

  • snores, stops breathing, sleepy
いびき、無呼吸、ねむたい

無呼吸の定義

  • 気流停止時間:10秒以上

定義

  • 一晩7時間の睡眠中に「無呼吸」が30回以上認められ、この無呼吸が、ノンレム睡眠時にも出現。
  • 昼間時の眠気などの臨床症状があり、睡眠1時間当たりの「無呼吸」が5回以上である場合。(つまり1時間あたりのAHIが5以上)

疫学

  • 男性(男女比は5:1)。中高年。肥満者。いびきをかく。
  • 閉塞型が最も多い。

病型

閉塞型睡眠時無呼吸症候群 obstructive SAS, OSAS

  • 上気道の受動的な虚脱
  • 睡眠に伴い、軟口蓋から下咽頭周辺の狭窄・閉塞(上気道の狭小化を伴う病態)が原因となり、無呼吸・低呼吸を繰り返すもの。
  • 原因:鼻中隔弯曲、咽頭癌、扁桃腺肥大、アデノイド過形成、顎顔面形態の異常(小顎症など)
  • 無呼吸・低呼吸の都度、覚醒反応から呼吸再開が起こるため、日中の眠気を訴えることが多い。ないこともある。
  • OSASに伴う頻回の覚醒はまた交感神経活動の亢進を伴うため、一過性血圧上昇ばかりではなく、糖・脂質代謝に対する影響を介し、動脈硬化の促進などにかかわることが示唆されている。
  • →高血圧、糖尿病、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの有病率↑

中枢型睡眠時無呼吸症候群 central SAS, CSAS

  • 呼吸中枢の障害による胸郭や腹部の換気運動停止
  • 原因入眠困難、慢性心不全・脳血管障害の一部に伴うチェーン・ストークス呼吸など

混合型睡眠時無呼吸症候群

問診

問診票

検査

  • 動脈血酸素飽和度の3-4%低下

治療



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/03 20:05:01」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 健康アプリ(75)睡眠時無呼吸症候群
  • 抗凝固・抗血小板とアンチエイジング(第8回)睡眠時無呼吸症候群と血小板機能 : 血小板に着目した睡眠の質とアンチエイジング
  • 小賀 徹,陳 和夫
  • Anti-aging science : 脳心血管抗加齢研究会機関誌 6(1), 43-48, 2014-03
  • NAID 40020027797
  • アディポサイトカインと生活習慣病,睡眠障害 (特集 代謝と睡眠のかかわり)
  • 睡眠呼吸障害と併存疾患のバイオマーカー (今月の特集 知っておくべき睡眠呼吸障害のあれこれ)

関連リンク

睡眠時無呼吸症候群(SAS)についての双方向サイトです。検査・治療を受けられる方、CPAP治療を行っている方などへ広く情報を発信しています。掲示板ではご質問を受けております。全国の専門医療機関も掲載しています。
睡眠呼吸障害、睡眠時無呼吸症候群(SAS)やいびきについての情報サイトです。SASの病態や治療方法について掲載しています。全国の睡眠呼吸障害の専門医療機関も掲載しています。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)に関する情報サイトです。睡眠時無呼吸症候群の基礎知識や検査方法のご紹介の他、検査・治療のできる医療機関の検索や睡眠時無呼吸症候群の簡単なセルフチェックなどもできます。

関連画像

睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査を  睡眠時無呼吸症候群を取り上げいびき・睡眠時無呼吸症候群の  睡眠時無呼吸症候群の患者は睡眠時無呼吸症候群|昭島市 睡眠時無呼吸症候群とは?睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時 睡眠時無呼吸症候群


★リンクテーブル★
先読み睡眠障害」「いびき」「睡眠覚醒障害
国試過去問099C038」「099F018」「100F045」「103D043」「105I017」「098G092」「107I012」「101F022」「082B042」「103H015
リンク元在宅酸素療法」「アセタゾラミド」「無呼吸低呼吸指数」「睡眠ポリグラフィ」「持続的気道陽圧法
拡張検索閉塞性睡眠時無呼吸症候群」「混合型睡眠時無呼吸症候群」「閉塞型睡眠時無呼吸症候群
関連記事症候群」「無呼吸」「」「呼吸」「症候

睡眠障害」

  [★]

sleep disorder, sleep disturbance
睡眠睡眠薬交代勤務睡眠障害
不眠慢性不眠症原発性不眠症一過性不眠症反跳性不眠睡眠覚醒障害

分類

KPS.393

原因別の分類

参考

  • wiki en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/DSM-IV_Codes%23Sleep_disorders



いびき」

  [★]

snoring, snore
鼾声(かんせい)



睡眠覚醒障害」

  [★]

sleep arousal disorder
睡眠障害


099C038」

  [★]

  • 次の文を読み、37、38の問いに答えよ。
  • 24歳の女性。月経の遅れを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 最終月経は平成16年12月10日から7日間。通常の月経周期は28~30日。平成17年1月中旬ころから全身倦怠感があり、悪心も次第に強くなり、嘔吐も数回経験した。尿回数も最近増加しているが、排尿痛はない。昨日(2月18日)から褐色の帯下を少量認めている。
  • 既往歴 : 初経12歳、0経妊0経産。他に特記すべきことはない。
  • 家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 身長164cm、体重55kg、体温37.3℃。呼吸数20/分。脈拍76/分、整。血圧110/70mmHg。子宮は前傾前屈、手拳大、軟。膣分泌物は褐色、少量。経膣超音波検査で子宮腔内に胎嚢を認め、胎児頭殿長30mmで胎児心拍動を確認できる。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 血液所見:赤血球396万、Hb12.0g/dl、Ht36%、白血球8,800、血小板33万。
  • その後、妊娠が順調に経過したとき、平成17年7月上旬ころに最も発症しやすいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099C037]←[国試_099]→[099C039

099F018」

  [★]

  • 39歳の男性。健診で高血圧を指摘され、精査を希望して来院した。常用薬はない。
  • 身長174cm、体重86kg。脈拍72/分、整。血圧170/98mmHg。腹部に血管雑音を聴取しない。
  • 血清生化学所見:空腹時血糖80mg/dl、総蛋白7.5g/dl、アルブミン5.0g/dl、尿素窒素10mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、総コレステロール240mg/dl、Na144mEq/l、K3.0mEq/l、Cl102mEq/l。血漿レニン活性0.1ng/ml/時(基準1.2~2.5)。
  • 動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.52、PaO2 90Torr、PaCO2 43Torr、HCO3- 34.0mEq/l。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099F017]←[国試_099]→[099F019

100F045」

  [★]

  • 30歳の男性。記憶の欠損を心配した妻に付き添われ来院した。数年前から数秒間口をもぐもぐさせることがあり、本人は全く気付いていないが、妻は気になっていた。昨日妻を助手席に乗せて運転中、急に表情が変わり、車が壁に衝突した。意識は清明。身長175cm、体重69kg。血圧130/76mmHg。本人は顔面に昨日の事故で負った傷を示しながら、「全く記憶にないのです。怖くてもう車の運転ができません」と神妙に答えるのみである。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100F044]←[国試_100]→[100F046

103D043」

  [★]

  • 30歳の男性。記憶の欠損を主訴に妻に伴われて来院した。数年前から数秒間口をもぐもぐさせることがあり、妻は気になっていた。本人は全く気付いていない。昨日妻を助手席に乗せて運転中、急に動作が止まり、車を壁に衝突させてしまった。意識は清明。身長175cm、体重69kg。血圧130/76mmHg。本人は昨日の事故で負った顔面の傷を示しながら、「全く記憶にないのです。怖くてもう車の運転ができません」と答えるのみである。
  •  最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103D042]←[国試_103]→[103D044

105I017」

  [★]

  • 睡眠障害と治療薬の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 105I016]←[国試_105]→[105I018

098G092」

  [★]

  • 疾患と診断に有用な検査の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G091]←[国試_098]→[098G093

107I012」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107I011]←[国試_107]→[107I013

101F022」

  [★]

  • いびきが診断の手掛かりになるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F021]←[国試_101]→[101F023

082B042」

  [★]

  • 薬物と副作用の組み合わせで正しい物
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

103H015」

  [★]

  • 妄想が出現するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103H014]←[国試_103]→[103H016

在宅酸素療法」

  [★]

home oxygen therapy, HOT、(欧米)long-term oxygen therapy LTOT
家庭酸素療法
[[]]

概念

  • 1985年に医療保険の適用
  • HOTを導入されている患者:約10万人(2002年)、約13万人(2008年?)
  • 疾患別HOT導入患者数:COPD(約半数) > 肺結核後遺症 > 肺線維症 > 肺癌

目的

  • 生命予後改善、運動耐容能の改善、QOLの向上
  • 低酸素血症の持続による全身的な臓器障害の予防、生存期間の延長
  • 呼吸困難感の軽減や運動耐容能の改善および入院回数の減少 → QOL改善

対象疾患

  • 慢性閉塞性肺疾患、肺結核後遺症など

保険上の適応

  • 種々の原因による呼吸不全症例であって(慢性呼吸不全で少なくとも1か月以上病態が安定していること)、(1)もしくは(2)であるもの。

装置

  • 酸素供給装置
  • 酸素濃縮装置/酸素濃縮器(膜型・吸着型):空気から酸素を取り出す方式 ← 9割以上の症例で
  • 液体酸素:外出の機会の多い活動度の高い症例のみ
  • 酸素ボンベ
  • その他:(外出用)携帯用酸素ボンベ、(長時間利用できるタイプ:吸気時にのみ酸素を供給)節約装置

導入

  • 在宅酸素療法の導入には入院でおこない、酸素流量の決定と患者さんの学習が行われる。

治療目標

  • 酸素流量の決定:動脈血酸素飽和度により低酸素状態を評価。デバイスとしてパルスオキシメーターが許容されているが、動脈血液ガス検査を施行することが好ましい。
  • 在宅酸素療法で用いる機械をベットサイドに用意、3つの状況(安静時、睡眠時、労作時)毎に酸素流量を決定する。
  • 安静時:(1)高CO2血症を伴わない症例:PaO2 80-100Torr。高CO2血症を伴う症例:PaO2 70Torr前後。
  • 睡眠時:睡眠中SpO2が90%以上。REM睡眠期に低酸素の著しい症例では高CO2血症に陥ることがある。
  • 労作時:6分間歩行テストがSpO2が90%以上。目安:「COPD・肺結核後遺症」安静時の1-2L/分増し。「肺線維症」安静時の3倍

ガイドライン

  • 酸素療法ガイドライン:有料

参考

  • 1. rockymuku
[display]http://rockymuku.sakura.ne.jp/kokyuukinaika/zaitakusannsoryouhounotekiyou.pdf
  • 2. 在宅酸素療法.com
[display]http://www.zaitakusansoryoho.com/hot/h04.html
  • 3.
[display]http://nsleep.com/hp/home-care/ho-hot/ho-hot.htm
  • 4. 在宅呼吸ケア白書2010【要約版】
http://www.jrs.or.jp/home/modules/glsm/index.php?content_id=48




アセタゾラミド」

  [★]

acetazolamide
アセタゾールアミド acetazol amide
ダイアモックスDazamide, Diamox
利尿薬


分類

作用機序

利尿薬

近位尿細管の上ににはCAは管腔側細胞膜と細胞質に存在。
  • HCO3-は原尿としていったん排泄されるが、近位尿細管でH2CO3となり、これがCAによりCO2とH2Oに分解されてCO2(膜透過性が高いので)が近位尿細管上皮に取り込まれる。細胞内でCO2は細胞内に存在するCAによりH+とHCO3-となる。細胞内のH+は管腔側に存在するNa+/H+交換系によって分泌されると共にNa+が取り込まれる。ここでNa+とともにH2Oが再吸収される。細胞内のNa+とHCO3-はNa+/HCO3-共輸送体により血管側に運ばれる。
  • 管腔側のCAを阻害することでNa+、HCO3-、およびH2Oは再吸収を受けることなく排泄される (SPC.263)。

適応



無呼吸低呼吸指数」

  [★]

apnea-hypopnea index, apnea hypopnea index, AHI
無呼吸・低呼吸指数
睡眠時無呼吸症候群

概念

  • 睡眠中の呼吸異常を示す指数。
  • 1時間あたりの無呼吸/低呼吸の出現回数を「無呼吸低呼吸指数」と定義する。

無呼吸の定義

  • 気流停止時間:10秒以上

定義

  • 無呼吸の回数を無呼吸低呼吸指数と呼ぶ

分類

  • 重症 :30以上
  • 中等症:20-30
  • 軽症 :5-20




睡眠ポリグラフィ」

  [★]

polysomnography, PSG
睡眠ポリグラフ


  • 脳波(EEG)、眼球運動(EOG)、呼吸筋、呼気流、心電図(ECG]])、筋電図(EMG)(オトガイ下筋、前脛骨筋)、動脈血酸素分圧を睡眠中に連続的に同時記録する検査法。睡眠時無呼吸症候群の診断に有用である。


持続的気道陽圧法」

  [★]

continuous positive airway pressure, CPAP
シーパップ。持続的陽圧換気、持続気道陽圧、経鼻持続陽圧呼吸法 nasal continuous positive airway pressure nasal CPAP
  • 経鼻マスクを用いて閉塞型睡眠時無呼吸症候群の治療に用いられる。


閉塞性睡眠時無呼吸症候群」

  [★]

obstructive sleep apnea syndrome obstructive sleep apnoea syndrome OSAS
閉塞型睡眠時無呼吸症候群閉塞型無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群 SAS




混合型睡眠時無呼吸症候群」

  [★]

mixed sleep apnea
睡眠時無呼吸睡眠時無呼吸症候群睡眠呼吸障害


閉塞型睡眠時無呼吸症候群」

  [★] 閉塞性睡眠時無呼吸症候群

症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



無呼吸」

  [★]

apneaapnoeaapneic
呼吸停止 respiratory arrest respiratory standstill



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


呼吸」

  [★]

respiration, breathing
呼吸数呼吸中枢呼吸パターン



症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡