皮下気腫

出典: meddic

subcutaneous emphysema, SE, aerodermectasia, pneumoderma

概念

  • 皮下組織に空気が出現した状態で、圧迫すると特有な雪握感、捻髪音を感じる。(SLE.124)

皮下気腫をきたす病態

分類はごちゃごちゃです
  • 緊張性気胸
  • 人工呼吸器による気胸:頚部や上胸部にみられる皮下気腫は、気胸を疑う有用な所見であり、肺胞破裂に特徴的 (ICU.430)
  • 特発性食道破裂:縦隔気腫、皮下気腫、胸水、気胸をしばしば伴う(YN.A-21)
  • 胸部外傷:肋骨骨折を伴う胸膜・肺損傷、気管支・気管支損傷、食道損傷などで生じる。気管支・気管支損傷、食道損傷の場合、頚部から下方に拡大していく。ほとんどの例で気胸を伴う。



JPTECガイドブック 第1版第7刷 p.66




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 気管支鏡とCT画像が皮下気腫の原因診断に有用であった一例
  • 杉野 雄一,岩下 義明,中橋 奨 [他]
  • 日本救急医学会中部地方会誌 8, 13-15, 2012-10
  • NAID 40019457409
  • 臨床研究・症例報告 発病初期に呼吸障害が急速に進行したインフルエンザ(H1N1)2009ウイルス感染児の3例
  • 小山 隆之,吾妻 大輔,天方 かおり [他]
  • 小児科臨床 65(10), 2183-2190, 2012-10
  • NAID 40019415425
  • 胸部外傷後の遅発性気腹症の1例
  • 荒井 淳一 [他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 87(2), 75-79, 2012-06-25
  • … 頭部挫傷と左頚部から胸部にかけて広範な皮下気腫を認めたが、胸腹部に明らかな外傷痕は認めなかった。 … 精査の結果、左気胸、多発肋骨骨折、左肩甲骨骨折、縦隔・皮下気腫、くも膜下出血の診断で入院となった。 … 気胸、縦隔・皮下気腫が改善した為、受傷10日目に食事を開始し胸腔ドレーンをクランプしたが、その後腹部膨満が出現した。 …
  • NAID 110009456162

関連リンク

皮下気腫、縦隔気腫とはどんな外傷か. 皮下気腫とは、皮下組織内に空気がたまった 状態です。空気の侵入経路としては、皮膚の損傷による外部からの侵入、損傷された壁 側胸膜(へきそくきょうまく)をとおしての胸腔内空気(気胸(ききょう))の侵入、気管・ 気管支 ...
世界大百科事典 第2版 皮下気腫の用語解説 - 空気が皮下組織に異常に侵入し貯留 した状態をいう。肺,気管,気管支,食道の損傷,縦隔気腫,あるいは肺損傷を伴う肋骨 骨折などによって,空気が肋間をつきぬけて,皮下に漏れることによって起こる。発生部 ...

関連画像

気胸、皮下気腫、縦隔洞気腫 縦隔 気 腫 は 気管 周囲 など  (気腫)=皮下気腫ですね皮下気腫皮下気腫


★リンクテーブル★
先読みSE
国試過去問096A032」「098F018」「108F006」「101B104
リンク元腹腔鏡検査」「握雪感
拡張検索特発性皮下気腫
関連記事皮下」「」「気腫

SE」

  [★] 標準誤差 S.E. standard error


096A032」

  [★]

  • 53歳の男性。昨夜大量に飲酒した。今朝、数回嘔吐した直後から激しい心窩部痛が出現したため来院した。体温37.8℃。呼吸数35/分。脈拍110/分、整。血圧96/60mmHg。腹部は平坦、軟で肝・脾は触知しない。血液所見:赤血球520万、Ht45%、白血球12,000、血小板32万。上部消化管造影写真を以下に示す。この患者にみられるのはどれか。
  • (1) 皮下出血
  • (2) 頚部皮下気腫
  • (3) 左肺呼吸音減弱
  • (4) 左声音震盪減弱
  • (5) 腸雑音亢進
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 096A031]←[国試_096]→[096A033

098F018」

  [★]

  • 21歳の男性。交通外傷のため救急車で搬入された。オートバイ運転中に乗用車と接触し転倒した。意識障害はない。呼吸数30/分、脈拍120/分、整。血圧80/64mmHg。頚静脈の怒張はない。右側胸部に打撲痕と皮下気腫とを認める。右肺の呼吸音は減弱している。腹部に擦過傷を認めるが圧痛と膨隆とはない。骨盤・四肢の変形、腫脹および運動麻痺はない。
  • 血圧低下の原因として考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F017]←[国試_098]→[098F019

108F006」

  [★]

  • a 皮下気腫
  • b 頸静脈怒張
  • c 胸部鼓音
  • d 呼吸音減弱
  • e 汎収縮期心雑音〈全収縮期心雑音〉


[正答]


※国試ナビ4※ 108F005]←[国試_108]→[108F007

101B104」

  [★]

  • 胸部手術の合併症と症候の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B103]←[国試_101]→[101B105

腹腔鏡検査」

  [★]

laparoscopy, peritoneoscopy, celioscopy, ventroscopy, abdominoscopy
ラパロスコピー
腹腔鏡検査法


視野確保の方法

  • 気腹法
  • 吊り上げ法

気腹の方法

  • クローズ法:気腹針を原則モンロー点より刺入。
  • オープン法:

適応

NGY.76 (also see. QB.Q-12
  • 1. 通常の診察・検査では確診が得られない非定型的な子宮外妊娠や卵巣出血
  • 2. 不妊症(子宮の発育異常や奇形、卵巣の排卵障害や多嚢胞性卵巣症候群、卵管の癒着及び形態異常や通過障害など)
  • 3. 子宮内膜症
  • 4. 原因不明の腹痛
  • 5. 骨盤内腫瘍(卵巣腫瘍と子宮筋腫などの鑑別)
  • 6. 卵巣悪性腫瘍の術後、あるいは化学療法施行後の治療効果判定)

合併症

  • 腹腔内臓器の損傷と出血(大網、腸管、大血管・血管、その他腹腔内臓器)
  • 皮下気腫
  • [[ガス塞栓]


握雪感」

  [★]

あくせつかん
snow-ball crepitation
皮下気腫


特発性皮下気腫」

  [★]

idiopathic subcutaneous emphysema


皮下」

  [★]

subcutaneoussubdermalsubcutaneouslys.c.
皮下注射真皮下

腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


気腫」

  [★]

emphysemapneumatosisemphysematous
気腫性肺気腫



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡