沈降炭酸カルシウム

出典: meddic

precipitated calcium carbonate
ATP腸溶FK配合HM散KM散M・M配合NIM配合S・M配合TM配合散YM散アスゾールアストフィリン配合アテノートイリコロンM配合エヌ・エス配合オフタルムK配合ガスペラジンガスリックカルタレチンカルタンカルタンODキャベジンUコーワ配合クロルプロマジン塩酸塩コバマミドコンスーンサーカネッテン配合ジピリダモールスルカイン配合セフジニルチョコラAつくしA・M散つくしA・M配合テナキシルナーセット配合ナトリックスニチファーゲン配合ハロペリドールピーマーゲン配合ビーマス配合ビオスミンビオスミン配合ビオフェルミンビオフェルミンRビオフェルミン配合ファモチジンフェニルアラニン除去ミルク配合フラジールプラノバール配合プロヘパール配合ベゲタミン-A配合ベンコール配合ボインリールマゴチロンマナミンTMマロゲンメコバラミンリーダイMM配合リン酸ピリドキサールレチコランレナルチンロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合塩酸クロルプロマジン炭カル
炭酸カルシウム
その他の循環器官用薬


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 炭酸ランタンの腸管内遺残を認めた血液透析患者の1例
  • 森 慶太,越川 真男,明石 健吾,西倉 哲司,嶋津 啓二,高折 光司,西口 健介,村上 徹,依藤 壮史,江口 恵梨子,田中 敬雄,仙崎 英人,桑原 隆
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 43(10), 853-857, 2010-10-28
  • … 透析患者に用いるリン(P)吸着剤として,従来からの沈降炭酸カルシウム(Ca)や非Ca性である塩酸セベラマーに加え,新たなP吸着剤として炭酸ランタン(La)が用いられるようになった.炭酸Laは非Ca性で,炭酸Caやアルミニウムゲルと同等のP吸着能力があるとされ,さらにほぼ体内に吸収されないため安全性が高いといわれている.しかし,少量ではあるが複数の臓器に沈着することが知られており,長期投与におけ …
  • NAID 10027724964
  • P2-022 沈降炭酸カルシウム錠500mg「三和」の自動錠剤分包機による耐久性試験(一般演題 ポスター発表,調剤・処方鑑査・オーダリングシステム,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学)
  • 桑原 宏貴,伊東 和真,伊東 亜紀雄,毛利 彰宏,野田 幸裕
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 20, 393, 2010-10-25
  • NAID 110008109022

関連リンク

沈降炭酸カルシウムとは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:薬事典版)
カルタンとは?沈降炭酸カルシウムの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べ られる(おくすり110番:薬事典版)

関連画像

沈降炭酸カルシウム沈降炭酸カルシウム「コザカイ 沈降炭酸カルシウム製品写真2011年11月沈降炭酸カルシウム錠 2011年11月2011年11月

添付文書

薬効分類名

  • 制酸剤

販売名

沈降炭酸カルシウム「コザカイ・M」

組成

販売名

  • 沈降炭酸カルシウム「コザカイ・M」

成分・含量(1g中)

  • 日本薬局方 沈降炭酸カルシウム 1g含有

禁忌

  • 甲状腺機能低下症又は副甲状腺機能亢進症の患者
    [症状を悪化させるおそれがある。]

効能または効果

下記疾患における制酸作用と症状の改善

  • 胃・十二指腸潰瘍、胃炎(急・慢性胃炎、薬剤性胃炎を含む)、上部消化管機能異常(神経性食思不振、いわゆる胃下垂症、胃酸過多症を含む)
  • 沈降炭酸カルシウムとして、通常成人1日1〜3gを3〜4回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

腎障害のある患者

  • 排泄障害により副作用があらわれることがある。

心機能障害、肺機能障害のある患者

  • 症状を悪化させることがある。

便秘のある患者

  • 症状を悪化させることがある。

高カルシウム血症の患者

  • 血中カルシウム濃度がさらに上昇し、副作用があらわれやすくなる。

薬効薬理

  • 胃内において、胃液中遊離の塩酸を中和、若しくは緩衝する作用を有し、本剤の化学反応によって、胃内のpHを上昇させることにより、制酸作用を発揮する。本品1gは0.1mol/L塩酸約200mLを中和する効力がある。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • 〔日局〕沈降炭酸カルシウム (Precipitated Calcium Carbonate)

分子式

  • CaCO3

分子量

  • 100.09

性 状

  • 本品は白色の微細な結晶性の粉末でにおい及び味はない。本品は水にほとんど溶けないが、二酸化炭素が存在すると溶解性を増す。
    本品はエタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    本品は希酢酸、希塩酸又は希硝酸に泡だって溶ける。


★リンクテーブル★
先読みフェニルアラニン除去ミルク配合」「メコバラミン」「ハロペリドール」「ジピリダモール」「ファモチジン
リンク元その他の循環器官用薬」「ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合」「制酸剤」「ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク」「S・M散
関連記事カルシウム」「沈降」「

フェニルアラニン除去ミルク配合」

  [★]

乳幼児用剤
配合成分 等量混合液400mL中
乳たん白加水分解物 17.342g
L-メチオニン 0.307g
L-トリプトファン 0.072g
マルトデキストリン 60.231g
トリカプリリン 7.872g
サフラワー油 1.819g
クエン酸ナトリウム水和物 0.134g
塩化カリウム 0.508g
グルコン酸カルシウム水和物 0.797g
塩化カルシウム水和物 0.381g
硫酸マグネシウム水和物 0.564g
グルコン酸第一鉄 21.71mg
硫酸亜鉛水和物 13.06mg
硫酸マンガン 2.64mg
硫酸銅 0.365mg
ビタミンA油(1g中20万IU含有) 4.134mg
コレカルシフェロール 1.36μg
トコフェロール酢酸エステル 2.676mg
フィトナジオン 0.252mg
チアミン塩化物塩酸塩 1.023mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 1.14mg
ピリドキシン塩酸塩 1.204mg
シアノコバラミン 1.26μg
アスコルビン酸 89.80mg
ニコチン酸アミド 9.91mg
パントテン酸カルシウム 4.09mg
葉酸 0.10mg
ビオチン 15.40μg

メコバラミン」

  [★]

mecobalamin
イセコバミンカロマイドMeコメスゲンコバメチンノイメチコールハイトコバミンMバンコミンビーコバMメコバマイドメコラミンメチクールメチコバールメチコバイドヨウコバールレチコランローミス
ビタミンB剤
GOO. 1454-1458

製品

  • メチコバール
錠:250μg/500μg
細粒:1mg
注:500μg/1mL

薬理作用

  • 生体内メチル基転移反応の補酵素
核酸やリン脂質の代謝
末梢性神経障害における神経の修復・再生

適応

  • 内服:末梢性神経障害
  • 注射:末梢性神経障害,ビタミンB12欠乏による巨赤芽球性貧血

副作用

  • 過敏症(発疹など)、
  • 内服:消化器症状(胃部不快感,食欲不振,悪心,下痢,腹痛)
  • 注射:注射部位の疼痛,硬結,頭痛,発汗,発熱感

重大

  • アナフィラキシー様反応


ハロペリドール」

  [★]

haloperidol
haloperidolum
ケセランネオペリドールハロマンスエセックチンコスミナールスイロリンハロジャストハロステンハロミドールヨウペリドールレモナミンリントンセレネースHaldol
抗精神病薬

特徴

  • 作用が強力なので統合失調症の急性期によい。
  • 催眠作用、自律神経症状、血圧低下などの循環器での急性治療に用いられる。

構造

C21H23ClFNO2。

作用機序

薬理作用

動態

適応

  • 統合失調症
  • そう病

注意

禁忌

  • 昏睡、重要心不全、パーキンソン病、妊婦

副作用

フェノチアジン系のクロルプロマジンより抗ムスカリン作用が弱い

相互作用

ジピリダモール」

  [★]

dipyridamole
dipyridamolum
アジリースアンギナールグリオスチンコロナモールサンペルジピリダモールシフノストーモルニチリダモールピロアンペルサンチンペルサンチン-Lペルチスタンペルミルチンヨウリダモール
血管拡張剤

構造

作用機序

薬理作用

  • 血管拡張
アデノシンの再取り込みを抑制することでを呈する
  • 抗血小板
ホスホジエステラーゼ阻害
  • 尿蛋白減少
糸球体の壁?の陰電荷の減少を抑制

動態

適応

など・・・

注意

禁忌

副作用

  • 狭心症状悪化、眼底出血、消化管出血

相互作用

ファモチジン」

  [★]

famotidine
ガスイサンガスセプトガスターガスドックガスペラジンガスポートガスメットガスリックガモファークリマーゲンストマルコンチオスターファモガストファモスタジンブロスターモミアロンPepcid
ヒスタミン受容体消化性潰瘍用剤


  • 攻撃因子抑制剤
  • H2ブロッカー = ヒスタミンH2受容体選択的阻害薬
  • 持続時間が長い(1日2,3回でよい)
  • 般試薬で10mg錠、臨床薬では20mg錠

副作用

  • 無顆粒症、心室細動、不全収縮、間質性肺炎、腎炎


その他の循環器官用薬」

  [★]

商品

ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合」

  [★]

乳幼児用剤
分枝アミノ酸無添加総合アミノ酸粉末 13.640g
油脂糖質粉末 66.085g
アルファー化デンプン 8.500g
乳糖水和物 8.3009g
硫酸マグネシウム水和物 0.344g
リン酸水素カルシウム水和物 0.533g
沈降炭酸カルシウム 0.589g
リン酸水素二カリウム 0.980g
クエン酸第一鉄ナトリウム 0.060g
硫酸銅 1.10mg
硫酸亜鉛水和物 11.0mg
ヨウ化カリウム 33.0μg
チアミン硝化物 0.36mg
リボフラビン 0.60mg
ピリドキシン塩酸塩 0.40mg
シアノコバラミン 1.0μg
アスコルビン酸 48.0mg
パントテン酸カルシウム 2.00mg
ニコチン酸アミド 5.00mg
葉酸 0.10mg
塩化コリン 50.0mg
バニラ香料粉末 0.849506g

制酸剤」

  [★]

antacid
制酸薬

商品

ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク」

  [★] 分枝アミノ酸無添加総合アミノ酸粉末、油脂糖質粉末、アルファー化デンプン、乳糖水和物硫酸マグネシウム水和物リン酸水素カルシウム水和物沈降炭酸カルシウムリン酸水素二カリウムクエン酸第一鉄ナトリウム硫酸銅硫酸亜鉛水和物ヨウ化カリウムチアミン硝化物リボフラビンピリドキシン塩酸塩シアノコバラミンアスコルビン酸パントテン酸カルシウムニコチン酸アミド葉酸塩化コリン、バニラ香料粉末

大豆レシチン、ショ糖脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、バニリンエチルバニリン
乳幼児用剤

S・M散」

  [★]

S・M配合散

配合

  • 散(1.3g/包)
  • 1.3g中

適応

  • 消化器症状の改善
  • 食欲不振、胃部不快感、胃もたれ、嘔気・嘔吐

参考

  • くすりのしおり

[display]http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=8422

  • 医薬品情報 サイト イーファーマ

[display]http://www.e-pharma.jp/allHtml/2339/2339177B1020.htm


カルシウム」

  [★]

calcium
カルシウムイオンリン
calcium channel blockers, calcium channels

基準値

  • 血清総Ca 8.6-10.1 mg/dl(臨床検査法提要第32版)
  • 8.6-10.2 mg/dL (QB)   だいたい  9.4 ± 0.8
  • 血清Caイオン 1.15-1.30 mmmol/l(臨床検査法提要第32版), 4.6-5.1 mg/dl

血液ガス

  • 血液ガスでは (mEq/l)で出されるが 4倍すれば (mg/dl)に変換できる  原子量が約40ゆえ

溶解度積

リン酸カルシウム 366x10-6 (30℃)
リン酸カルシウム 0.35x10-6 (38℃)
炭酸カルシウム 0.0087x10-6 (25℃)
酒石酸カルシウム 0.0077x10-6 (25℃)
シュウ酸カルシウム 0.00257x10-6 (25℃)
オレイン酸カルシウム 0.000291x10-6 (25℃)
パルチミン酸カルシウム 0.000000161x10-6 (23℃)

カルシウムの吸収(SP.744)

  • +健康成人の1日あたりの食物Ca摂取0.6g
  • +消化管分泌物と脱落上皮細胞のCa 0.6g
  • -吸収されるCa          0.7g
  • -そのまま排泄          0.5g
  • 正味吸収されるCa 0.1g

カルシウムの吸収部位

  • 十二指腸

カルシウム代謝の調節機構

副甲状腺ホルモン

  • 血中Ca上昇+血中P低下を行う。
  • 1. 破骨細胞に作用してCa,Pが血中へ。
  • 2. 腎の遠位尿細管に作用してCa再吸収の亢進、近位尿細管でのP再吸収の抑制。
  • 3. 近位尿細管に作用して酵素を活性化し、1,25水酸化ビタミンD3の産生亢進。

1,25(OH)2D3

  • 血中Ca上昇+血中P上昇
  • 1. 空腸からのCaとPの吸収。
  • 2. 骨形成促進。
  • 3. 遠位尿細管でのCaとPの再吸収促進。
  • 4. 副甲状腺ホルモンの合成を抑制

尿細管における部位別カルシウム輸送

  • 糸球体で濾過されるのはイオン化Caと陰イオン複合型Ca(蛋白結合型Caは濾過されない)
  • 濾過されたカルシウムのうち95%が再吸収される。
  • 近位尿細管:60-70%
  • ヘンレループ:20-25%
  • 遠位尿細管、集合管:10-15%

近位尿細管

  • Na+依存的に再吸収。受動輸送80%、能動輸送20%
  • 基底側のCa2+ ATPase, 3Na+-Ca2+逆輸送系

ヘンレループ

  • 太いヘンレループ上行脚で
  • 受動輸送:管腔内電位が正であるため
  • 基底側のCa2+ ATPase

遠位尿細管~集合管

  • 糸球体濾過量の10-15%が再吸収されている → 量としては少ないが能動的に吸収が行われる部位。
  • 能動輸送:管腔内電位が負であるため。
  • PTHカルシトニンに調節されている
  • チアジド系利尿薬により細胞内Na↓となるとCa再吸収↑となる!!!! ← ループ利尿薬と違う点。よって高カルシウム血症が起こることがある。

接合尿細管

  • 管腔側:Ca2+チャネル/非選択的カチオンチャネル
  • 基底側:Na+-K+ ATPase, 3Na+-Ca2+交換系

尿細管におけるカルシウムの輸送の調節 SP.796

  • 循環血漿量
  • Ca2+の尿中排泄量はNa+の尿中排泄量と比例。循環血漿量が増加するとCa2+排泄も増加
  • 血漿電解質濃度
  • Ca2+の尿中排泄量は血漿Ca2+濃度と比例する。
  • 酸塩基平衡

血清カルシウム濃度

  • 血液中でCa2+は調節を受けて一定に保たれるが、蛋白と結合しているCaはアルブミンの量によって増減する。
血清アルブミン濃度 4 g/dl、血清Ca濃度 9mg/dl。補正Ca濃度 9mg/dl → 正常
血清アルブミン濃度 2 g/dl、血清Ca濃度 7mg/dl。 → 大変!!低カルシウム血症!! → ホント? ってことになる。アルブミンの量が減ってAlb-Caが減っただけで生理的に重要なCa2+は保たれているのではないか。 → こんな時に補正Ca濃度を用いるのである
                       →補正Ca濃度 9mg/dl → 正常
つまり、低アルブミン血症ではCa2+は保たれているにもかかわらず、血清Caは低値となりそのままでは評価できないために補正を行う。
補正Ca濃度(mg/dl)=Ca実測値(mg/dl)+(4-血清アルブミン濃度(g/dl)) ・・・Payneの式
アルブミンのpIは7より小さく、アシデミアでは負に帯電しているアルブミンが減少、アルカレミアでは負に帯電しているアルブミンが増加する。すなわち、pHが下がるとアルブミンとくっつなくなったCaが増加するので、血液pH0.1の低下につきfreeイオン化Ca(Ca2+)は0.12mg/dl増加する???????????

循環血液量

  • 循環血液量↑→尿中Na排泄↑、尿中Ca排泄↑

血清Ca濃度

  • 血清Ca濃度↑→PTH↓
  • 生理活性のあるのはイオン化Ca(Ca2+)のみ
血清Ca濃度=イオン化Ca(45%) + 蛋白結合型Ca(40%) + 陰イオン複合型Ca(15%)
イオン化Caは一定に保たれる

pH

アシドーシス :pHが小さくなると負電荷減少:蛋白のCa結合能↓、イオン化Ca↑
アルカローシス:pHが大きくなると負電荷増加:蛋白Caの結合能↑、イオン化Ca↓→Ca欠乏(低カルシウム血症)

低蛋白血症

  • 低蛋白血症の際、蛋白結合型Caは減少するが、イオン化Ca一定。

尿中カルシウム

血中カルシウムと尿中カルシウム

  • 薬剤などの影響がなければ、血中カルシウムと尿中カルシウムは相関がありそうである → 副甲状腺ホルモン

血清カルシウムと心電図

  • QT時間と血清カルシウムは負の相関関係にある

元素

  • 金属元素。周期表第2族アルカリ土類金属元素
  • 原子番号:20
  • 元素記号:Ca
  • 原子量 40.078  g/mol

臨床関連

参考

  • カルシウム製剤の特徴
[display]http://www.orth.or.jp/osteoporose/caseizai.html







沈降」

  [★]

sedimentationprecipitationsedimentprecipitate
遠心沈降遠沈沈降物沈渣沈殿沈殿物誘起誘発降水降水量沈澱

酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡