橈骨神経麻痺

出典: meddic

radial nerve palsy
saturday night paralysis
橈骨神経下垂手


橈骨神経 正中神経 尺骨神経
下垂手 猿手 鷲手
祝福の手


尺骨神経麻痺 正中神経麻痺 橈骨神経麻痺
小指球筋萎縮   母指、示指の屈曲障害 (祈祷手) 手関節背屈障害 (下垂手)
骨間筋萎縮 母指球の萎縮
(猿手) 指MP関節進展 (下垂指)
中節・末節屈曲位 (鷲手) 母指の対立障害  
指内転・外転不能 (フロマン徴候陽性)  


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 橈骨神経麻痺に対するRiordan法術後リハビリテーションの経験
  • 戸倉 織絵,原 友紀,江口 清 [他]
  • 国立大学法人リハビリテーションコ・メディカル学術大会誌 32, 67-69, 2011
  • NAID 40019043457
  • 治療に難渋した人工肩・肘関節周辺骨折の1例
  • 佐久間 隆,平地 一彦,奥村 潤一郎,中山 央
  • 2011
  • 橈骨神経麻痺による母指以外の機能障害が残存したため,PT→ECRB,FCU→EDC の腱移行術を追加した。 …
  • NAID 120002972595
  • 橈骨神経麻痺に対する腱移行術の工夫 : 術後長期成績の検討
  • 原 友紀,落合 直之,西浦 康正,中島 佳子,沼田 織絵
  • 日本手外科学会雑誌 = The journal of Japanese Society for Surgery of the Hand 27(2), 97-100, 2010-11-22
  • NAID 10027693855
  • 肘関節近傍軟部組織嚢胞病変による再発性橈骨神経麻痺の1例
  • 松田 希,長谷川 靖,丹治 由美子,宇川 義一
  • 末梢神経 = Peripheral nerve 21(1), 100-105, 2010-06-01
  • NAID 10027578699

関連リンク

橈骨神経麻痺とはどんな病気か. 橈骨神経は正中(せいちゅう)・尺骨(しゃくこつ)神経と 並び、腕を走る大きな神経のひとつです。橈骨神経のはたらきは、(1)肘関節を伸ばす こと(上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)の収縮による)、(2)上腕二頭筋と協力して肘 関節 ...
橈骨神経麻痺 (とうこつしんけいまひ). 下の写真のように手が上がらなくなったことが ありませんか? 横になって寝ていて、起きてみると手が上がらない・・・。 そんな時考え られるのが「橈骨神経麻痺」です。 橈骨神経は指を伸ばしたり手首を手の甲側に起こす ...

関連画像

橈骨 神経麻痺 の 患者 さんイメージ 1橈骨神経3)橈骨神経浅枝(皮枝)Im解説「橈骨神経麻痺」橈骨神経麻痺 圧迫しやすい 橈骨神経麻痺


★リンクテーブル★
国試過去問108D032」「101G044」「093A052」「097H051
リンク元コックアップスプリント」「尺骨神経麻痺」「正中神経麻痺」「下垂手
関連記事橈骨神経」「橈骨」「神経」「麻痺」「神経麻痺

108D032」

  [★]

  • 65歳の女性。手指を伸ばせないことを主訴に来院した。数日前に絵を描いていたら、右手から前腕に痛みが走り、環指と小指とを自力では伸ばせなくなったという。手指を伸ばすように指示した際の手の写真 (別冊 No.15A)と手関節部エックス線写真 (別冊 No.15B)とを別に示す。環指と小指の中手指節関節を他動的に伸展させることは可能であり、屈曲は自動、他動共に可能である。また母指、示指、中指および手関節の自動伸展と自動屈曲は可能である。感覚障害はない。 15年前に関節リウマチの診断を受け、現在はメトトレキサートプレドニゾロンにて治療中である。
  • 病態として考えられるのはどれか。
  • a 頸椎性脊髄症
  • b 手根管症候群
  • c 橈骨神経麻痺
  • d 指伸筋腱断裂
  • e 中手指節関節強直



[正答]


※国試ナビ4※ 108D031]←[国試_108]→[108D033

101G044」

  [★]

  • 54歳の女性。手指のしびれと脱力とを主訴に来院した。3か月前から右母指、示指および中指にしびれを感じ、特に朝、目を覚ました時に強い。裁縫の針を持つ指に力が入らない。右母指球筋に萎縮があり、右母指と示指とに表在覚の低下を認める。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101G043]←[国試_101]→[101G045

093A052」

  [★]

  • 橈骨神経麻痺の訴えはどれか?
[show details]

097H051」

  [★]

  • 上腕骨顆上骨折に最も生じやすい後遺障害はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097H050]←[国試_097]→[097H052

コックアップスプリント」

  [★]

cock-up splint
装具橈骨神経麻痺
  • 手関節を背屈位に保持
  • 掌屈拘縮のある患者に対してこれ以上の変形拘縮を予防。
  • 例えば、橈骨神経麻痺に対する下垂手に対して用いられる

種類

  • 背側型コックアップスプリント
  • 掌側型コックアップスプリント
  • 全周型コックアップスプリント

参考

  • 1. 写真
[display]http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/45/47/a5165d8d926992db88699760c0c3d40d.jpg
  • 1. http://www.e-clinician.net/vol41/no434/pdf/sp_434_12.pdf
  • 2. 2-P1-4 撓骨神経麻痺に対するコックアップスプリントの有用性と限界 : 自身の経験から(末梢神経障害(1),ポスター,一般演題,リハビリテーション医学の進歩"評価から治療介入へ",第45回日本リハビリテーション医学会学術集会)
  • 服部 智,山口 淳,村尾 浩,田中 一成,木本 真史,貴寳院 永稔,井元 恵津子
  • リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 45(SUPPLEMENT), S312, 2008-05-18
  • 【はじめに】摸骨神経麻痺による下垂手や巧撒運動障害に対してコックアップスプリントが作製されることが少なくない。しかしその有用性に関する患者の立場からの検証は少ない。昨年、演者は利き手橈骨神経麻痺を発症し、医療者の立場からは抽出が難しかった問題点を経験、認識し得たのでここに報告する。
  • 【経過】肘掛け付きの椅子で3時間うたた寝した後、橈骨神経領域の知覚鈍麻と下垂も全手指の伸展不能を自覚した。橈骨神経麻醇の診断のもと、2日後に熟可塑性プラスティックを用いた背側型コックアップスプリントをデスクワーク、とくに書字動作補助のために伸製した。しかし当初はペン保持による屈筋の過緊張のためず判読可能な音字は困難であった。同様に箸の使用も困難であった。 1週間が経過し手指の伸展はMMT1-2に改善したが、巧撤運動障害の程度に変化はなかった。 3週間経過すると手関節背屈筋力に改善が認められ、 4週目で手指・手関節ともに伸展筋力はMMT3レベルに改善した。この時点ではじめてスプリント装着下での書字/箸動作が実用的になった。しかし経過中、回復した筋力状況によりスプリントの修正が必要であった。その後5週目(MMT4)でスプリントを脱とし、 7週目でMMT5と改善した。
  • 【考察】橈骨神経麻痺に対してスプリントが処方されることは多い。しかし実際には巧撤運動障害の種類や時期によって必ずしも有効でない場合もあり、また回復過程に応じて頻繁に修正が必要であることが確認できた。


尺骨神経麻痺」

  [★]

ulnar nerve paralysis, ulnar nerve palsy
尺骨神経
  • 両筋は中手筋と呼ばれる(KL)
  • 尺骨神経麻痺により、両筋が麻痺して、MP関節で過伸展、IP関節で屈曲し、手筋マイナス位をとる(KL.107)

尺骨神経麻痺

尺骨神経麻痺 正中神経麻痺 橈骨神経麻痺
小指球筋萎縮   母指、示指の屈曲障害 (祈祷手) 手関節背屈障害 (下垂手)
骨間筋萎縮 母指球の萎縮
(猿手) 指MP関節進展 (下垂指)
中節・末節屈曲位 (鷲手) 母指の対立障害  
指内転・外転不能 (フロマン徴候陽性)  

原因


症例

  • 60歳男性。5年前から徐々に右手の環指、小指に知覚障害が出現したため来院。屈曲障害はない。小指球筋の筋萎縮があり、母指、示指のつまみ運動が困難である。既往に右上腕骨外側顆骨折がある。


正中神経麻痺」

  [★]

median nerve palsy, median nerve paralysis
正中神経
橈骨神経 正中神経 尺骨神経
下垂手 猿手 鷲手
祝福の手
drop hand ape hand craw hand
尺骨神経麻痺 正中神経麻痺 橈骨神経麻痺
小指球筋萎縮   母指、示指の屈曲障害 (祈祷手) 手関節背屈障害 (下垂手)
骨間筋萎縮 母指球の萎縮
(猿手) 指MP関節進展 (下垂指)
中節・末節屈曲位 (鷲手) 母指の対立障害  
指内転・外転不能 (フロマン徴候陽性)  


下垂手」

  [★]

drop hand, drop wrist
垂れ手
猿手鷲手橈骨神経橈骨神経麻痺


橈骨神経 正中神経 尺骨神経
下垂手 猿手 鷲手
祝福の手


橈骨神経」

  [★]

radial nerve
nervus radialis
筋皮神経正中神経尺骨神経腋窩神経腕神経叢




筋:上腕・前腕の伸筋、回外筋
皮:手の背側で橈側2.5指

由来

支配

  • 上腕の筋枝(後区域の伸筋)
  • 前腕の伸筋(後区域の伸筋) ←(Red,b){注意};:後骨間神経として
  • 上腕の皮枝 (N.461)
  • 手の皮枝
  • 橈骨神経浅枝・背側指神経:手掌の背側で第4指半分から外側へ第1指まで

走行 (KL.131)

臨床関連

  • 橈骨神経麻痺



橈骨」

  [★]

radius (M)
尺骨


骨部位


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


麻痺」

  [★]

paralysis, palsy
(comb form)plegia不全麻痺 paresis



神経麻痺」

  [★]

nerve paralysisneuroparalysis




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡