栄養指導

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 栄養指導+運動指導の極意 (特集 血糖コントロールに効く「食事・運動・薬」 究極の併用療法 私の(秘)処方の組み合わせ術) -- (エキスパートに学ぶ! 私の(秘)処方の組み合わせ術 : 効果的な食事療法)
  • 糖尿病ケア = The Japanese journal of diabetic caring : 患者とパートナーシップをむすぶ糖尿病療養援助 13(10), 924-926, 2016-10
  • NAID 40020968730
  • 食事摂取基準と栄養指導の進化の過程
  • ダメダメ指導にさようなら 栄養指導の○と×(86)高齢肺がん終末期患者の栄養指導
  • Nutrition care = ニュートリションケア 9(9), 857-862, 2016-09
  • NAID 40020960507

関連リンク

栄養指導実績最多を誇る、【日本医療栄養センター】。 人々の健康管理に役立つよう、医学・栄養の両面から栄養指導・料理教室などを実施し、指導者(管理栄養士)への支援・教育も行っています。
「eiyoshi-web-栄養士ウェブ」は、すぐに役立つ栄養士のためのサイトです。 ... 栄養指導の指導媒体として内容の全部または一部をご使用 従業員の健康管理の資料としてご使用 健康フェアーなどの配布資料としてご使用

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問108G043」「097A032」「101D025」「103E048」「092E040」「095A014
関連記事指導」「栄養

108G043」

  [★]

  • 52歳の男性。会社の健康診断でメタボリックシンドロームを指摘され来院した。事務系の管理職でデスクワークがほとんどであり、仕事上の会食や飲酒の機会が多い。喫煙歴はなく、飲酒はほぼ毎日で、会食がある時は量が増える。運動はしない。父親が高血圧。身長 172 cm、体重 79 kg、腹囲 89 cm。血圧 142/90 mmHg。身体所見に異常を認めない。 AST 33 IU/l、ALT 38 IU/l、 γ -GTP 75 IU/l(基準 8~50)、空腹時血糖 102 mg/dl、トリグリセリド 185 mg/dl、HDLコレステロール 68mg/dl、LDLコレステロール 148 mg/dl。食事内容を記載し再診した。 3日分の食事内容を表に示す。


  • 栄養指導として適切なのはどれか。
  • a 「エネルギー摂取量を減らしましょう」
  • b 「塩分はもう少し摂っても大丈夫です」
  • c 「野菜の摂取もバランスがいいですね」
  • d 「この程度のアルコールなら問題はありません」
  • e 「蛋白質をもう少し摂取するようにしましょう」


[正答]


※国試ナビ4※ 108G042]←[国試_108]→[108G044

097A032」

  [★]

  • 38歳の女性。3か月前から続く体動時の動悸と息切れとを訴えて来院した。ときどき腰痛があり、月経過多の傾向がある。眼瞼結膜は蒼白で眼球結膜に黄染を認めない。血液所見:赤血球380万、Hb7.5g/dl、Ht28%、網赤血球15‰、白血球3,500、血小板31万。血清生化学所見:総蛋白7.5g/dl、アルブミン4.2g/dl、Fe8μg/dl基準80~160)、総鉄結合能(TIBC)410μg/dl(基準290~390)、フェリチン3ng/ml(基準20~120)。
  • 適切な対応はどれか。
  • (1) 婦人科的検索
  • (2) 栄養指導
  • (3) 鉄剤の投与
  • (4) 鎮痛薬の投与
  • (5) 赤血球輸血
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097A031]←[国試_097]→[097A033

101D025」

  [★]

  • 86歳の男性。ケトン性アシドーシスによる意識障害のため搬入された。入院後インスリン療法で意識は回復し、通常の日常生活に戻れる目途がたった。82歳の妻と2人暮らしである。かかりつけ医から耐糖能異常に対して食事療法を受けていたが、入院までは自立した生活を送っており、散歩や庭仕事を楽しんでいた。子供はいない。
  • 退院に向けて重要性が低いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D024]←[国試_101]→[101D026

103E048」

  [★]

  • 6歳の男児。転倒しやすいことを主訴に来院した。独歩は1歳3か月。階段昇降と片足立ちとは可能だが、長距離は歩けない。両側下腿の肥大を認める。腱反射は軽度減弱。血液生化学所見: AST 182 IU/l、ALT 134 IU/l、LD <LDH> 1,033 IU/l(基準260~530)、CK 7,855 IU/l(基準 40~200)。
  • 指導で適切なのはどれか。3つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E047]←[国試_103]→[103E049

092E040」

  [★]

  • 58歳の男性。25歳の時に統合失調症を発症し入院した。その後、入退院を繰り返し現在7回目の入院中である。最近2年間は症状が安定しており、身体的疾患もない。独身で親族もいない。
  • 社会復帰を促進するのはどれか
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

095A014」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 095A013]←[国試_095]→[095A015

指導」

  [★]

guidancedirectioninstructionguideconductinstructdirectcoachtutorial
案内インストラクション行うガイダンス、ガイド、コーチ行為指揮指示指令先導直接直接型直接的伝導配向方向導く向ける誘導、方向づける、説明書ダイレクト向き


栄養」

  [★]

nutritionnutrientvegetative, alimentation
nutritio
栄養性栄養素栄養分栄養法植物性増殖型栄養剤
  • 1日に必要な水、有機・無機栄養
水:体重x30ml
Na:体重x 1mEq
K:体重x 0.5mEq

参考

  • 食品成分データベース
[display]http://fooddb.mext.go.jp






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡