松果体

出典: meddic

pineal body (Z)
corpus pineale epiphysis cerebri
松果腺,pineal gland (Z), conarium



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


臨床関連


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/09 04:59:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳室内腫瘍と松果体腫瘍 (特集 頭蓋内腫瘤性病変の画像診断)
  • Posterior interhemispheric approach(occipital transtentorial approach:OTA)(<特集>手術アプローチの選択とピットフォールII-第24回微小脳神経外科解剖セミナーより-)
  • 岩間 亨,矢野 大仁,中山 則之,大江 直行,吉村 紳一
  • 脳神経外科ジャーナル 19(11), 817-822, 2010-11-20
  • … interhemispheric approach(occipital transtentorial approach:OTA)の特長は脳梁膨大部から松果体部,四丘体槽,小脳上面までテント上下に渡って広い術野が得られることである.後上方から下向きのtrajectoryとなるため下方に進展する病変に対してよい適応となるが,正中から外側に離れるほど病変の露出が困難となり,松果体部腫瘍ではGalenic venous complexが術野の妨げとなることと前上方部分の観察がやや難しいこと …
  • NAID 110007817758

関連リンク

松果体(しょうかたい、英語:pineal body)は、脳にある小さな内分泌器。松果腺 (pineal gland) 、上生体 (epiphysis) とも呼ばれる。脳内の中央、2つの大脳半球の間に位置し 、2つの視床体が結合する溝にはさみ込まれている。概日リズムを調節するホルモン、 ...
2008年2月23日 ... 我々の後頭部の2つの大脳半球の奥深くに位置する第3脳室後壁に茎状部で繋がる 豆粒大の神経組織の塊で、メラトニンというホルモンを分泌する腺として機能する松果体 は、第3の目の名残であることを示す形跡があると言われるが、フェラ ...

関連画像

松果体は目や皮膚が感じた光 松果体 周辺 の 構造 松果体  ヒト脳における松果体の位置松果体の位置を様々な角度から 松果体 にある小さな黄色い丸が松果体


★リンクテーブル★
国試過去問101D045」「103B005」「095A029」「100G047」「079C041」「103B028
リンク元ホルモン」「脳腫瘍」「間脳」「血液脳関門」「後交連
拡張検索松果体部腫瘍」「松果体腫瘍」「松果体細胞腫
関連記事

101D045」

  [★]

  • 次の文を読み、45、46の問いに答えよ。
  • 5歳の男児。頭痛と嘔吐とを主訴に来院した。
  • 現病歴: 1か目前から頭痛が出現し、次第に増強してきた。10日前から毎朝嘔吐している。
  • 既往歴・家族歴: 特記すべきことはない。
  • 現症: 意識は清明。精神発達は正常。身長120cm、体重28kg。体温36.8℃。呼吸数18/分。脈拍72/分、整。血圧96/56mmHg。口唇と舌とはやや乾燥している。
  • 検査所見: 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球490万、Hb14.6g/dl、Ht45%、白血球7,200、血小板37万。
  • 血清生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン3.6g/dl、クレアチニン0.9mg/dl、Na 149mEq/l、K4.8mEq/l、Cl 102mEq/l。頭部造影MRIのT1強調矢状断像(別冊No.6)を別に示す。
  • 病変はどこか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D044]←[国試_101]→[101D046

103B005」

  [★]

  • 頭部単純MRIのT1強調正中矢状断像を以下に示す。組合せで正しいのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103B004]←[国試_103]→[103B006

095A029」

  [★]

  • 学習と記憶とに関係の深い部位はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095A028]←[国試_095]→[095A030

100G047」

  [★]

  • 頭部単純MRIのT1強調像を以下に示す。
  • 観察されるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100G046]←[国試_100]→[100G048

079C041」

  [★]

  • 頭部CT所見について正しい組み合わせ
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

103B028」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103B027]←[国試_103]→[103B029

ホルモン」

  [★]

hormone

古典的な定義

  • 特定の内分泌腺から分泌され、血行によって運ばれ、遠隔部の特定の標的器官に作用して特異的効果を現す物質(PT.403)

例外

  • 腺構造を持たない組織から分泌されるホルモンがある
消化管ホルモン (PT.403)
視床下部ホルモン (PT.403)
甲状腺濾胞ホルモン?
カルシトニン?

ホルモンの一覧表

日本語 放出器官/細胞 作用器官/細胞 働き
メラトニン 松果体    
成長ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 GH放出
プロラクチン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出
副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 ATCH放出
ゴナドトロピン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 FSH/LH放出
甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 TSH放出
ソマトスタチン 視床下部 下垂体前葉 GH放出抑制
ドーパミン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出抑制
成長ホルモン 下垂体前葉 全身/肝細胞 タンパク質同化, 抗インスリン, 脂肪異化/IGF-I合成促進
プロラクチン 下垂体前葉 乳腺 乳汁分泌促進
副腎皮質刺激ホルモン 下垂体前葉 副腎皮質  
卵胞刺激ホルモン 下垂体前葉 卵胞  
黄体形成ホルモン 下垂体前葉 黄体  
間細胞刺激ホルモン 下垂体前葉 精巣の間細胞  
甲状腺刺激ホルモン 下垂体前葉 甲状腺  
オキシトシン 下垂体後葉 子宮平滑筋/乳腺 子宮収縮/射乳促進
バソプレシン 下垂体後葉 腎臓集合管 水の再吸
甲状腺ホルモン - トリヨードサイロニン 甲状腺   代謝亢進
甲状腺ホルモン - サイロキシン 甲状腺   代謝亢進
カルシトニン 甲状腺   Ca2+濃度低下
副甲状腺ホルモン 甲状腺 /腎臓 破骨細胞活性化/腎細尿管Ca2+取り込み↑/腎ビタミンD活性化/血清Ca2+↑
心房性ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
脳ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
Cタイプナトリウム利尿ペプチド     Na利尿
エンドセリン 血管   血管収縮
アンジオテンシンII 血管   血管収縮
ガストリン 酸分泌
セレクチン 十二指腸    
インスリン様成長因子 肝臓    
アンジオテンシノジェン 肝臓   昇圧
コルチゾール 副腎皮質    
アルドステロン 副腎皮質    
デヒドロイソアンドロステロン 副腎皮質    
アドレナリン 副腎髄質   軽微な昇圧、血糖上昇
ノルアドレナリン 副腎髄質   昇圧(寄与は20%程度)、血糖上昇
インスリン 膵臓 - β細胞 全身 グルコース取り込み亢進
グルカゴン 膵臓 - α細胞 全身 糖新生
ソマトスタチン 膵臓 - δ細胞   ホルモン分泌抑制(インスリングルカゴンガストリン)
レニン 腎臓 - 傍糸球体細胞   昇圧(angiotensin Iを産生, 血管内皮アンジオテンシン転換酵素によりangiotensin IIに転換)
エリスロポエチン 腎臓 造血器官 赤血球産生刺激
エストロゲン 卵巣    
プロゲステロン 卵巣    
インヒビン 卵巣    
テストステロン 精巣    
インヒビン 精巣    
レプチン 脂肪    
アディポネクチン 脂肪    



脳腫瘍」

  [★]

brain tumor, cerebral tumor
脳新生物 brain neoplasm
頭蓋内腫瘍

概念

分類

疫学

腫瘍別発生頻度

腫瘍別発生頻度 小児 成人
神経膠腫 33% 星状細胞腫 髄膜腫
髄膜腫 22% 髄芽腫 膠芽腫
下垂体腺腫 15% 頭蓋咽頭腫 下垂体腺腫
神経鞘腫 9% 胚細胞腫 神経鞘腫
頭蓋咽頭腫 5% 上衣腫 転移性脳腫瘍

YN.J.188

部位 種類 小児 成人
頭蓋骨 頭蓋骨腫瘍
大脳半球 神経膠腫  
髄膜腫  
松果体 胚細胞腫  
小脳半球 星細胞腫  
血管芽腫  
小脳虫部 髄芽腫  
第四脳室 上衣腫  
鞍上部・
視交叉部・
下垂体部
頭蓋咽頭腫  
視神経膠腫  
胚細胞腫  
下垂体腺腫  
髄膜腫  
小脳橋角部 聴神経鞘腫  
脳幹部 神経膠腫

小児の脳腫瘍

SCN.173
  • 腫瘍:星細胞腫、髄芽腫、頭蓋咽頭腫、胚細胞腫、上衣腫の順に多い。
  • 部位:1歳まではテント上、2-7歳まではテント下、8-15歳まではテント上に多い。

放射線感受性

SCN.173
  • (高い)髄芽腫、胚細胞腫 > (低い)神経膠腫

転移性脳腫瘍

  • 肺癌(約半数)、乳癌、消化器癌、腎癌
  • 頻度:肺癌>乳癌>胃・腸癌 (SCN.173)

石灰化が見られる脳腫瘍

  • 乏突起膠腫:CT上、低吸収領域の中に石灰化がみられる。(SCN.173)
  • 上衣腫:CT:(単純CT)等~低吸収、(造影CT)中~強度の増強。小嚢胞や壊死、石灰化を認める
  • 髄膜腫:腫瘍の一部石灰化が少なからず見られる
  • 頭蓋咽頭腫:小児において石灰沈着が高頻度にみられる。

嚢胞性腫瘍

参考

  • 1. がんサポートセンター 脳腫瘍
[display]http://www.gsic.jp/cancer/cc_19/hc/02.html
  • 1-1. がんサポートセンター 脳腫瘍 フローチャート
[display]http://www.gsic.jp/cancer/cc_19/hc/cc_19_021.html
  • 2. 脳腫瘍 治療法ガイドライン [総論]
[display]http://www.ebm.jp/disease/brain/07noshuyo1/guide.html
  • 3. 資料
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/brain_adult.html
  • 4. 資料
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/brain_child.html
  • 5. 小児脳腫瘍
[display]http://www.geocities.jp/ululu_o_ululu/report-11.html

国試



間脳」

  [★]

di 分離、二の、二重の
interbrain
diencephalon (KH)

発生過程

間脳より発生する構造

  • thalamus, hypothalamus, epithalamus, subthalamus, posterior lobe of the pituitary, and neural retina (KAPLAN STEP 1 Q BOOK p.54)

解剖学

--視床下溝--


血液脳関門」

  [★]

blood brain barrier,blood-brain barrier, BBB
血液-脳関門
胎盤関門血液空気関門


概念

  • 図:SCN.146(血液脳関門が存在しない部位)
  • 脂溶性の物質は通過しやすい
  • アストロサイトは血管周囲を連続的に覆って層を形成し、血液脳関門を維持している (HIS.166)
  • 脳の血管内皮細胞から排出ポンプであるP-glycoproteinが薬物を除去している (HAR.30,32f)

血液脳関門が存在しない部位

新生児における血液脳関門の機能低下(SPE.110)

  • 未熟性、低酸素血症、アシドーシス、低血糖など 
→ 核黄疸(ビリルビン脳症)のリスクファクター (G10M.331)


後交連」

  [★]

posterior commissure PC
commissura posterior
前交連



-posterior commissure


松果体部腫瘍」

  [★]

pineal tumor, pineal region tumor
松果体腫瘍松果体

組織型



松果体腫瘍」

  [★]

pineal tumorpineal neoplasm
松果体部腫瘍松果体芽腫松果体新生物松果体腫松果体細胞腫


松果体細胞腫」

  [★]

pineocytoma, pinealocytoma
松果体腫瘍松果体芽腫松果体腫



体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡