月経

出典: meddic

menstruation, menses
月経周期


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/05 11:29:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 若年女性における月経前症候群(PMS)の生体反応について (優秀賞論文要旨)
  • テーマ別 連続アンケを専門家が読み解く 女のリアル : 20~60代 167人の「生」と「性」(月経編 下)タンポン使用者が増えたワケ
  • テーマ別 連続アンケを専門家が読み解く 女のリアル(月経編・上)20~60代 167人の「生」と「性」

関連リンク

女性の一生のうち、月経があるのは平均で35~40年間。毎月5日間は月経期間と すると、なんと生涯で6年半以上も月経と付き合いうことになるのです。女性のカラダと 切り離せない月経のしくみについて、ここでおさらいしておきましょう。
月経異常度チェック。質問に答えると月経異常度の診断ができます。

関連画像

月経のしくみについて月経(生理)のしくみシリコン製の月経カップ卵巣-下垂体-視床下部の 月経周期は約1カ月(28日 月経


★リンクテーブル★
先読み月経周期」「menses
国試過去問108G054」「106G047」「106H021」「106I077」「101B065」「107G015」「106G017」「095E026
リンク元無月経」「閉経」「menstruation」「過多月経」「初経
拡張検索第2度無月経」「乳汁漏出・無月経症候群」「月経不順」「乳汁漏出性無月経症候群

月経周期」

  [★]

menstrual cycle
cyclus menstrualis
性周期
  • first aid step1 2006 p.399


月経周期 (HIS.403, NGY30)

  day event
月経期 menstrual phase   1~4 黄体が退縮してエストロゲン・プロゲステロンが低下するとらせん動脈は間欠的に収縮し始め、子宮内膜は虚血状態となる。機能層は壊死し、再開通したらせん動脈からの血流により機能層が洗い流される。
増殖期 proliferative phase 卵胞期 follicular phase 5~14 基底層の子宮線の上皮細胞が分裂・増殖を引き起こし、遊走して、月経で露出した粘膜の結合組織を覆う。機能層が再生し2-3mmの厚さとなる。子宮腺は再生されるがまっすぐである。腺細胞の細胞質にはグリコーゲンが蓄積され始めている。らせん動脈は強いらせんを形成しておらず機能層に深く進入していない。
分泌期 secreating phase 黄体期 luteal phase 15~28 ・子宮腺が強く迂曲して腺腔内にグリコーゲンがたまり、粘膜固有層が浮腫状になって内膜全体が厚くなる。子宮腺では、はじめ腺細胞の基底部に分布物がたまるが、量が増えるにつれて細胞上部に移動し、腺腔部に放出される。グリコーゲンは胎盤ができるまでの胚子の栄養分となる。子宮腺の内腔に分泌物がたまって拡張しする。第22日目までにらせん動脈はコイル状に曲がり、機能層に深く入り込む。このころの子宮内膜の厚さは約5mmとなっている。
・細胞肥大による内膜組織の拡張(子宮内膜上皮の分裂は増殖期の末期には終わっている(Q book p.105))

ホルモンの変動

G9M.19
  • FSH ← エストロゲンにより抑制される
  • 卵胞期は月経期より高位にあるが、排卵期に向かってエストロゲンが増加するのにともない抑制され、次第に低下する。排卵期直前のネガティブフィードバックからポジティブフィードバックへの転換により鋭いピークをつける。黄体期にはエストロゲンの増加に伴って再び抑制される。
  • LH ← プロゲステロンにより抑制される
  • 月経期より低値で推移するが、排卵前にエストロゲンが排卵前にピークをつけ、ポジティブフィードバックに切り替わると、LHは排卵直前に鋭いピークを呈する(LHサージ)、これにより排卵が引き起こされる。以降、再びネガティブフィードバックを受け、黄体期には比較的低位を保つ。
  • エストロゲン
  • エストロゲンは卵胞の成長に伴って漸増し、卵胞期の終わりでピークをつける。この後、一端低下するが、黄体期の中頃に向かって小高いピークを付け排卵期に向かって低下する。l
  • プロゲステロン
  • プロゲステロンは月経期より一貫して低値だが、排卵期に上昇を始め、黄体期の中頃に向かってピークをつける。黄体の萎縮に平行して低下し、月経期には再び低値となる。



menses」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「月経」


108G054」

  [★]

  • 25歳の女性。月経が遅れていることを主訴に来院した。 3月 3日に市販のキットで妊娠検査を行ったところ陽性であったため、 3月 9日に受診した。 2月 20日に頭痛のために鎮痛薬を内服しており、先天異常を心配している。子宮は正常大で付属器を触知しない。経腟超音波検査にて子宮内に胎嚢が認められた。月経周期は 28日、整。最終月経は 2月 1日から 6日間。
  • 現時点の説明として適切なのはどれか。
  • a 「人工妊娠中絶を行いましょう」
  • b 「妊娠中に使える薬はありません」
  • c 「内服したのは着床のころなので心配はありません」
  • d 「内服したこの薬によって胎児先天異常の頻度が増加します」
  • e 「薬を飲まなくても胎児の先天異常は 0.1%の頻度で起こります」


[正答]


※国試ナビ4※ 108G053]←[国試_108]→[108G055

106G047」

  [★]

  • 15歳の女子。体重減少を心配した母親に伴われて来院した。友人に「太っているね」とからかわれたことを気にして、 1年前から低カロリー食品を好むようになり、体重を毎日測定するようになった。 1年前の体重は51kgであった。初経は12歳。身長156cm、体重38kg。体温35.7℃。脈拍44/分、整。血圧98/58mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球326万、 Hb10.1g/dL、 Ht30%、白血球3,200、血小板32万。血液生化学所見:総蛋白6.1g/dL、尿素窒素17mg/dL、クレアチニン0.5mg/dL、総コレステロール275mg/dL。
  • 体重減少の鑑別診断に必要な情報で最も重要なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G046]←[国試_106]→[106G048

106H021」

  [★]

  • 18歳の女子。月経時の下腹部痛を主訴に来院した。 15歳ころから月経時の下腹部痛を自覚するようになった。下腹部痛は月経開始日から始まり、軽い頭痛悪心とを伴う。今回は特に症状が強かったため、月経3日目に受診した。初経は13歳。月経周期は28日型、整。経血量は正常範囲内である。体温36.0℃。脈拍84/分、整。血圧112/72mmHg。内診所見上、子宮は正常大で可動性は良好である。卵巣を触知しない。血液所見:赤血球380万、 Hb11.8g/dL、 Ht36%、白血球7,800、血小板18万。 CRP0.7mg/dL。
  • 診断として最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H020]←[国試_106]→[106H022

106I077」

  [★]

  • 51歳の女性。 3日前に認められた少量の不正性器出血を主訴に来院した。約1年前から月経が不規則となり、のぼせ発汗とが頻繁になったという。体温36.6℃。脈拍92/分、整。血圧142/90mmHg。内診所見上、子宮は正常大で可動性は良好である。卵巣を触知しない。子宮頸部と内膜の細胞診で異常を認めない。
  • 状態を評価するために有用な血中ホルモンはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I076]←[国試_106]→[106I078

101B065」

  [★]

  • 正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B064]←[国試_101]→[101B066

107G015」

  [★]

  • a 尿蛋白3+である。
  • b 乳房に緊満がある。
  • c 月経が発来していない。
  • d 血圧が136/84mmHgである。
  • e 妊娠前体重に復していない。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G014]←[国試_107]→[107G016

106G017」

  [★]

  • 母乳について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G016]←[国試_106]→[106G018

095E026」

  [★]

  • 健康な性成熟期女性でみられる所見はどれか。
  • a. 陰毛は菱形に発育する。
  • b. 腔分泌物は黄色泡沫状である。
  • c. 月経血は非凝固性である。
  • d. 月経直前は精神的に安定する。
  • e. 乳汁分泌は妊娠・授乳期以外にもみられる。
[正答]


※国試ナビ4※ 095E025]←[国試_095]→[095E027

無月経」

  [★]

amenorrhea
月経 menorrhea、月経異常


発症時期による分類

原因による分類

  原発性無月経 続発性無月経
視床下部性無月経 カルマン症候群 視床下部の機能障害
フレーリッヒ症候群 神経性食思不振症
ローレンス・ムーン・ビードル症候群 体重減少性無月経
プラダー・ウィリー症候群 高プロラクチン血症
  Chiari-Frommel症候群
  Argonz-del Castillo症候群
下垂体性無月経 先天性ゴナドトロピン欠損症 Sheehan症候群
empty sella症候群 下垂体腺腫
  Forbes-Albright症候群
  Simmonds病
卵巣性無月経 性腺形成不全 早発卵巣機能不全
ターナー症候群 多嚢胞性卵巣症候群
  卵巣摘出
  卵巣の放射線障害
子宮性無月経 ロキタンスキー・キュスター・ハウザー症候群 アッシャーマン症候群
子宮奇形 子宮内膜炎
処女膜閉鎖 子宮摘出術後
膣性無月経 処女膜閉鎖症  
膣閉鎖症  
その他 半陰陽(先天性副腎過形成アンドロゲン不応症) Cushing症候群
  Addison病
  Basedow病
  甲状腺機能低下症
  糖尿病
生理的   妊娠、産褥、授乳、閉経

Kupperman方式による分類

検査

無月経と基礎体温


閉経」

  [★]

menopause
メノポーズ
更年期更年期障害月経閉経期

概念

  • 更年期に至り卵巣の活動性が徐々に低下、やがて消失し、永久に月経が停止すること (医学事典)
  • 卵巣卵胞機能の喪失による月経の永久的な停止。診断はレトロスペクティブであり、無月経が12ヶ月継続した後に診断される。USでは平均51歳である (HIM.2334)

分類

閉経年齢

  • 時代、人種、地域的環境にあまり影響されず、個人的な要因によりばらつく。
  • 世界的に平均49-50歳。
  • およそ45-55歳が平均
  • 約1/2は45-50歳、約1/4がそれぞれ45未満、50歳を超えて閉経
  • 閉経は喫煙により2年早まる。(HIM.2334)

臨床関連

  • 早発閉経:43歳未満で閉経すること。閉経後の症状が強い(泌尿器、生殖器の萎縮、骨粗鬆症)。
  • 遅発閉経:55歳以上で閉経すること。子宮体癌と乳癌のリスク上昇。


menstruation」

  [★] 月経

WordNet   license wordnet

「the monthly discharge of blood from the uterus of nonpregnant women from puberty to menopause; "the women were sickly and subject to excessive menstruation"; "a woman does not take the gout unless her menses be stopped"--Hippocrates; "the semen begins to appear in males and to be emitted at the same time of life that the catamenia begin to flow in females"--Aristotle」
menses, menstruum, catamenia, period, flow

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「月経」

過多月経」

  [★]

hypermenorrhea
月経過多症月経過多 menorrhagia
月経異常過少月経月経


  • 月経時の子宮出血が異常に多いもの

病因

  • 器質性過多月経
  • 機能性過多月経:器質的な原因が除外された場合
  • ホルモン分泌異常
  • 骨盤内のうっ血



初経」

  [★]

menarche
初潮
無排卵周期月経
  • 日本人では12-13歳

臨床関連


第2度無月経」

  [★]

クッパーマン試験無月経

定義

  • 1.かつ2.
  • 1. プロゲステロンテストで消退出血なく
  • 2. エストロゲン・プロゲステロンテストで消退出血有り

意義

  • 2.でエストロゲンとプロゲステロンの両方が存在すれば消退出血する、すなわち子宮内膜の状態は問題がないことが分かる。もし、このテストで消退出血が無ければ子宮に問題があることになる(子宮性無月経)。
  • 以降、エストロゲンの産生に問題があるのではないかと言うことを疑ってかかる。
  • 鑑別にあげられるのは、エストロゲンの産生がうまくいかない病態を考えれば中枢性無月経(視床下部、下垂体)、卵巣性無月経(多嚢胞性卵巣症候群など)をあげることができる。

治療


乳汁漏出・無月経症候群」

  [★]

galactorrhea-amenorrhea syndrome
無月経・乳汁漏出症候群 amenorrhea-galactorrhea syndrome乳汁漏出無月経症候群 乳汁漏出性無月経症候群
乳汁漏出症



月経不順」

  [★]

menstrual irregularitymenoxenia, irregularity of the menstruation
月経不整
異常周期月経


乳汁漏出性無月経症候群」

  [★] 乳汁漏出・無月経症候群




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡