抗アセチルコリン受容体抗体

出典: meddic

anti acetylcholine receptor antibody, anti-acetylcholine receptor antibody, antibody of acetylcholine receptor
アセチルコリン受容体抗体 acetylcholine receptor antibody、抗AChR抗体 anti-AChR antibodyAChR抗体 AChR antibody


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 重症筋無力症・stiff-person症候群 (特集 ここまでわかっている自己抗体と自己免疫疾患)
  • 重症筋無力症 (診療に役立つ「呼吸器疾患外科治療」のすべて) -- (縦隔および胸膜疾患)
  • 多中心性発生と考えられた同時性多発胸腺腫の1例
  • 木下 雅雄,稲田 秀洋,伊藤 哲思,松林 純,黒田 雅彦,池田 徳彦
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 23(7), 969-973, 2009-11-15
  • … 男性.検診胸部X線で右上肺野の小腫瘤影を指摘され,精査目的で受診した.胸部CTでは右肺の腫瘤以外に,前縦隔に5cm大のやや扁平な充実性腫瘤が認められた.筋無力症状や貧血は認められず,抗アセチルコリン受容体抗体はわずかに上昇していた.胸腺腫を疑い手術を施行した.腫瘍は胸腺右葉に存在,右肺上葉への強固な癒着がみられた.また主腫瘍とは非連続の胸腺左葉上極付近に,術前には指摘し得なかった …
  • NAID 10025954194

関連リンク

神経筋接合部の後シナプス膜上に局在しており,神経伝達物質であるアセチルコリンに応答する受容体で,筋収縮を作動させる役割を持つ。抗アセチルコリンレセプター抗体(抗AChR抗体)については,Lindstromらが1976年,重症筋無力症(MG)患者 ...
抗アセチルコリン受容体抗体, AChRAb (acetylcholie receptor antibody) 抗アセチルコリン抗体価(結合抗体)(BML)と同一検査です。(使用キットが同一) 測定法:RIA・2抗体法 外注会社:SRL 臨床的意義 神経筋接合部の後 ...
血中抗体陽性例では抗体価のフォローが必要である. 陰性例は抗アセチルコリンレセプター阻害型抗体(【→】p.572)を測定するとともに,抗MuSK * 抗体を測定する.全身型MGで抗AChR抗体陰性群の30%弱に抗MuSK抗体が検出 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みacetylcholine receptor antibody
国試過去問102I065」「108I045」「105A058」「096H051
リンク元antiacetylcholine receptor antibody」「antibody of acetylcholine receptor」「AChR抗体」「Ach-R抗体」「anti acetylcholine receptor antibody
関連記事受容体」「アセチルコリン」「リン」「コリン」「抗体

acetylcholine receptor antibody」

  [★] アセチルコリン受容体抗体


102I065」

  [★]

  • 32歳の女性。両下肢の筋肉痛としびれ感とを主訴に来院した。2週前から両下肢の症状が出現し、徐々に悪化した。2年前から気管支喘息と診断され治療中である。体温37.2℃。脈拍72/分、整。血圧110/64mmHg。胸部背面で軽度のwheezesを聴取し、下肢の筋力低下と下腿の感覚低下とを認める。血液所見:赤沈32mm/1時間、白血球12,400(桿状核好中球2%、分葉核好中球40%、好酸球29%、好塩基球1%、単球5%、リンパ球23%)、血小板44万。血液生化学所見:IgE 786IU/ml(基準250未満)、尿素窒素9.2mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、AST22IU/l、ALT18IU/l、CK56IU/l(基準40~200)。CRP4.21ug/dl。
  • この疾患で陽性になるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102I064]←[国試_102]→[102I066

108I045」

  [★]

  • 27歳の女性。前胸部痛を主訴に来院した。 3週前から前胸部痛が出現し、次第に悪化したため受診した。喫煙歴はない。意識は清明。身長 160 cm、体重 52 kg。脈拍 60/分、整。血圧 108/70 mmHg。呼吸数 16/分。 SpO2 98% ( room air)。頸部リンパ節を触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球 460万、Hb 11.9 g/dl、Ht 40%、白血球 7,300、血小板 17万。胸部エックス線写真 (別冊 No.13A)と胸部造影 CT(別冊 No.13B)とを別に示す。
  • 診断する上で必要性が低い検査項目はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108I044]←[国試_108]→[108I046

105A058」

  [★]

  • 52歳の男性。胸部圧迫感を主訴に来院した。 1か月前から仰向けに寝ると前胸部に違和感を自覚していた。心音と呼吸音とに異常を認めない。初診時の胸部造影CT(別冊No.22)を別に示す。
  • 診断に必要な検査項目はどれか。 3つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 105A057]←[国試_105]→[105A059

096H051」

  [★]

  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096H050]←[国試_096]→[096H052

antiacetylcholine receptor antibody」

  [★]

  • 抗アセチルコリン受容体抗体


antibody of acetylcholine receptor」

  [★] 抗アセチルコリン受容体抗体


AChR抗体」

  [★] 抗アセチルコリン受容体抗体


Ach-R抗体」

  [★] 抗アセチルコリン受容体抗体


anti acetylcholine receptor antibody」

  [★] 抗アセチルコリン受容体抗体


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

アセチルコリン」

  [★]

acetylcholine (K), ACh
塩化アセチルコリンアセチルコリン塩化物 acetylcholine chloride
オビソートノイコリンエー
アセチルコリン受容体アセチルコリンエステラーゼ、muscannic acetylcholine

作用機序

構造式

  • 構造式:(CH3)3N+-CH2-CH2-OCO-CH3

代謝

薬理作用

心臓 (SPC.154)

  • 収縮力抑制
  • 心拍数減少
  • 伝導速度現象
洞房結節のK+に対する透過性を高め、静止電位を低下させるため

血管

血圧

平滑筋

分泌腺

骨格筋

交換神経終末

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






コリン」

  [★]

choline
塩化コリン
アセチルコリン


choline + acetylCoA → acetylcholine + CoA


抗体」

  [★]

antibody, Ab
γ-globline、免疫グロブリン
  • 抗原を特異的に認識する糖蛋白質である免疫グロブリンの一種。
  • 血液・リンパ液中で抗原と非結合状態のものを指す
  • 液性免疫に関与






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡