failpicload@./t_image/101/101H006.JPG 扁平苔癬 - meddic
 

扁平苔癬

出典: meddic

lichen planus
扁平紅色苔癬 lichen ruber planus、紅色苔癬 lichen ruber
角化症

概念

  • 頂上に白色の角質(鱗屑)をつけた多角形の、境界明瞭な灰青色から紫紅色調の扁平隆起性紅斑または丘疹を特徴とする、角化異常を示す皮膚疾患
  • 四肢屈側や口腔に扁平で隆起した灰青色~紫紅色の局面を形成

病因

  • 特発性
  • 薬剤性:
  • 潜在性に進行する(insidiously)。体部のどこ病変がでもみられる。口腔粘膜の病変は30-70%の症例でみられる。粘膜病変は有痛性であり、潰瘍化する。ベーターブロッカー、メチルドパ、ペニシラミン、キニジン、NSAID、ACE阻害薬、SU薬、カルバマゼピン、金製剤、リチウム、キニンが本疾患と関連している。(参考1)
  • 薬剤、化学物質、金属アレルギーでも起こりうる(NDE.251)。
  • C型肝炎ウイルス (参考1)
  • 骨髄移植:
  • 慢性GVHD:ドナーのT細胞による宿主表皮基底層に対する障害による。

病理

  • 錯角化を伴わない過角化。真皮上層に帯状のリンパ球浸潤(CD4+ T細胞)。基底層に液状変性。 ⇔ 乾癬acanthosis+parakeratosis
  • 基底細胞の障害に伴う異常角化を来たし、外観上、扁平隆起性の紫紅色紅斑や丘疹がみられる。 (NDE.251)

症状

  • 皮膚、爪、粘膜(口腔粘膜)、外陰、陰茎に皮疹が出現する。皮膚には扁平で隆起した灰青色~紫色の局面を形成 (NDE.250)
  • 時に掻痒感 (NDE.251)
  • びらん、潰瘍を形成すれば疼痛 (参考1)


身体所見

  • 掻破したところに皮疹が出現する現象

治療

  • 薬剤性の場合は原因薬剤の中止。
  • ステロイド軟膏、タクロリムス軟膏



参考

  • 1. [charged] Lichen planus - uptodate [1]
  • 2. Lichen Planus | Health | Patient UK
[display]http://www.patient.co.uk/health/Lichen-Planus.htm

国試


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/29 08:58:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • MS2-6 当院における扁平苔癬患者115例の検討(MS2 アトピー性皮膚炎,皮膚アレルギー,ミニシンポジウム,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 西澤 綾,横関 博雄,佐藤 貴浩
  • アレルギー 60(3・4), 417, 2011-04-10
  • NAID 110008594355
  • 抗BP180抗体陽性Lichen Planus Pemphigoides の1例 (特集 水疱症)
  • 徳山 弥生,妹尾 明美
  • 皮膚科の臨床 53(7), 989-993, 2011-07
  • NAID 40018909229
  • 口内炎 (日常診療でよくみる症状・病態--診断の指針・治療の指針) -- (口内・歯の異常)

関連リンク

扁平苔癬(へんぺいたいせん、lichen planus)とは、皮膚や口腔粘膜に生じる疾患の一 つ。角化亢進(錯角化、正角化)が見られ、棘細胞層の肥厚を伴う炎症性の角化病変で ある。苔癬とは一定範囲内での丘疹の集簇を意味する。湿疹に苔癬化という言葉がある ...
gooヘルスケア 家庭の医学。扁平苔癬。どんな病気か 四肢の関節部、陰部などに、紫 紅色で平らに盛り上がった発疹ができる病気で、かゆみがあります。原因は何か 原因は いまだはっきりとしていませんが、ある種のリンパ球が皮膚の細胞を攻撃するために起.

関連画像

提供 河村 歯科 医院 大阪府 DSC_0201.JPG扁平苔癬Ⅳ(2)G 口腔扁平苔癬Ⅳ(2)G 口腔扁平苔癬 : 手背診断: 扁平紅色苔癬扁平 苔 癬 へん ぺ いたい せん Ⅳ(2)G 口腔扁平苔癬


★リンクテーブル★
国試過去問106I040」「105D050」「095D034」「105G051」「101H024」「104D003」「099E010」「105B008」「076B031」「100B012」「103D011」「076B023」「092B010
リンク元角化症」「腫瘍随伴性天疱瘡」「慢性移植片対宿主病」「皮膚科」「ケブネル現象
拡張検索口腔扁平苔癬
関連記事扁平」「苔癬

106I040」

  [★]

  • 68歳の女性。粘膜部のびらんと全身の発疹とを主訴に来院した。 5日前、風邪症状に対して市販の総合感冒薬を内服した。 2日間内服を続けたところ、 3日前から結膜充血と口腔内びらんとに加えて、顔面、体幹および四肢に紅斑とびらんとが出現した。初診時、全身の80%に紅斑が見られ、こすると容易にびらんを形成した。顔面の写真(別冊No. 6A)と、背部の紅斑をこすって生じたびらんの写真(別冊No. 6B)とを別に示す。
  • 診断として考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I039]←[国試_106]→[106I041

105D050」

  [★]

  • 23歳の女性。発熱と発疹とを主訴に来院した。10日前から微熱咽頭痛とがあり、イブプロフェンを含有する市販感冒薬を内服していた。3日前から顔面と体幹とに紅斑を認め、眼球結膜の充血と口腔粘膜びらんとが出現した。体温38.2℃。体幹の一部の紅斑は標的様で、中央に水疱を形成している。
  • 考えられる疾患はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105D049]←[国試_105]→[105D051

095D034」

  [★]

  • 68歳の女性。20年前から躯幹と四肢とに大小の皮疹が散在性に多発し、次第に硬く触れるようになり、最近一部が隆起してきたため来院した。時々掻痒がある以外には自覚症状はない。背部の写真と生検組織H-E染色標本とを以下に示す。
  • 診断はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 095D033]←[国試_095]→[095D035

105G051」

  [★]

  • 68歳の男性。口腔内病変と四肢の皮疹とを主訴に来院した。3年前から両側頻粘膜に粘膜疹がある。最近、四肢皮疹が出現してきた。頬粘膜病変の写真(別冊No.9A)と皮膚病変の写真(別冊No.9B)とを別に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G050]←[国試_105]→[105G052

101H024」

  [★]

  • 78歳の男性。口腔内病変と四肢の皮疹とを主訴に来院した。3年前から両側頬粘膜に粘膜疹がある。最近、四肢に皮疹が出現してきた。頬粘膜病変の写真と皮膚病変の写真とを以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101H023]←[国試_101]→[101H025

104D003」

  [★]

  • 検査器具の写真(別冊No.2)を別に示す。
  • この検査器具が診断に有用なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104D002]←[国試_104]→[104D004

099E010」

  [★]

  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099E009]←[国試_099]→[099E011

105B008」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105B007]←[国試_105]→[105B009

076B031」

  [★]

  • (1) 成年に始まった魚鱗癬では悪性腫瘍の合併を疑う
  • (2) 局面性類乾癬では菌状息肉症への移行に注意する
  • (3) 粘膜の扁平苔癬白板症に移行する
  • (4) 尋常性乾癬では表皮のturnover timeが延長する
  • (5) 毛孔性苔癬は下腿伸側に好発する。

100B012」

  [★]

  • 光線過敏症はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B011]←[国試_100]→[100B013

103D011」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103D010]←[国試_103]→[103D012

076B023」

  [★]

  • 正しい組み合わせ?3つ

092B010」

  [★]

  • 扁平苔癬について誤っている物
  • a. 皮疹は紫紅色である
  • b. 扁平な丘疹である
  • c. 痒みがある
  • d. 口腔粘膜にも生じる
  • e. 2-3週間で自然消退する

角化症」

  [★]

keratosis
角化異常症 keratotic disorder、角皮症 keratodermia
遺伝性掌蹠角化症


  • 遺伝性の魚鱗癬
  • 内臓病変を随伴する魚鱗癬(魚鱗癬症候群)
  • その他の遺伝性角化症


腫瘍随伴性天疱瘡」

  [★]

paraneoplastic pemphigus
天疱瘡

概念

病因

症状

  • 重度の皮膚粘膜病変:眼病変(偽膜性角結膜炎)や口腔内水疱を伴う。
  • 皮膚病変は多型性紅斑、水疱性類天疱瘡扁平苔癬に似ている

診断

  • (腫瘍が見つかっていない場合)重症の口腔内水疱病変と非典型的な皮膚所見から疑い、腫瘍の検索を行う。

治療

予後

  • 進行性であり、悪性腫瘍合併しているときは二年間以内に致命的な結末をもたらす。悪性新生物に合併しているときは原疾患の治療を改善しないが、良性新生物の場合は原疾患の治療により皮膚病変が治癒する。

参考

  • Beth G Goldstein MD et al.; Pemphigus; UpToDate; review version 18.2

慢性移植片対宿主病」

  [★]

chronic graft-versus-host diseasechronic GVHD
(国試)慢性GVHD
移植片対宿主病 GVHD扁平苔癬
PED.172 NDE.133 uptodate.1
  • 移植後100日以降に出現。
  • 全身の臓器が標的となる。
  • 口腔(口内炎、異味感、無味感、異常刺激、乾燥性口内炎、舌の扁平苔癬様変化・びらん・潰瘍)、眼(痒み、充血、涙分泌低下)、皮膚(乾燥、硬化、びらん、潰瘍、扁平苔癬、白斑など)、肝臓(肝臓胆道系酵素上昇)、気道(閉塞性細気管支炎(BO)、器質化肺炎をともなう閉塞性細気管支炎(BOOP)、間質性肺炎)などに症状が出現する

参考

uptodate

  • 1. [charged] 慢性移植片対宿主病の臨床症状および診断 - uptodate [2]
  • 2. [charged] 慢性移植片対宿主病の治療 - uptodate [3]


国試

皮膚科」

  [★]

皮膚疾患皮膚
疾患の概念とか忘れやすいのでメモ
  • 魚鱗癬:角質層の形成と剥脱機構に異常が生じ、結果として角質層の異常堆積が起こり、皮膚表面が魚のウロコ状を呈する疾患群
  • 乾癬:慢性再発性難治性の炎症性角化症。青年から中年に好発。厚い銀白色の麟屑を伴った紅斑・丘疹が出没、表皮の炎症と表皮細胞のターンオーバーの亢進を認める。
  • 扁平苔癬


ケブネル現象」

  [★]

Köebner phenomenon Koebner phenomenon, Kobner phenomenon Köbner phenomenon
Köebner現象Koebner現象ケブナー現象ケブネル徴候 Koebner sign同形反応 isomorphic response
[show details]


  • 健常皮膚部に摩擦や日光などの刺激を加えると病変を生じる現象
  • 乾癬扁平苔癬で陽性

国試


口腔扁平苔癬」

  [★]

oral lichen planus


扁平」

  [★]

flat
平ら


苔癬」

  [★]

lichen
[[]]





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡