failpicload@./t_image/104/104H007.jpg 感度 - meddic
 

感度

出典: meddic

sensitivity
敏感度
特異度有病率(検査前確率)、検査後確率陽性適中度 陽性的中率 positive predictive value陰性適中度 陰性的中率 negative predictive value感度と特異度陽性尤度比



  • 有病者における検査結果が陽性である確率(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.35)
  疾患あり 疾患なし
検査陽性 a
真陽性
b
偽陽性
検査陰性 c
偽陰性
d
真偽性
Sn= a / ( a + c )


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/17 07:56:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • チューナブルアンテナのための通信感度調整制御
  • 山根 丈史,高橋 健一,川村 尚生,菅原一孔
  • 情報処理学会論文誌 54(1), 81-90, 2013-01-15
  • … 域で高感度化することが可能なチューナブルアンテナが開発された.チューナブルアンテナでは,アンテナの長さを電気的に切り替えることで,感度良く通信可能な周波数を変化させることができる.これにより,幅広い周波数帯域で感度良く通信することを可能としている.そこで,本稿ではチューナブルアンテナを用いてつねに効率的な通信を行うための感度調整 …
  • NAID 110009511426
  • ディジタルファブリケーション:3. 設計感度解析を用いた対話的な設計と数値解析の融合 -機能的かつ創造的な設計の支援を目指して-
  • 梅谷 信行
  • 情報処理 54(2), 97-102, 2013-01-15
  • 数値解析による設計検証ツールは,設計システムと別々のシステムとして扱われているために,数値解析による検証は主に与えられた性能要求を満たすかどうかの確認にのみ使われ,創造的なデザインの過程を支援するためには活用されてこなかった.本稿では,実時間の数値解析を対話的な形状モデリングに融合させることにより,創造的なデザインを支援する最新のアプローチを紹介する.
  • NAID 110009500478
  • Diamond-Like Carbonを用いた新規高感度アレルゲンマイクロアレイの多項目抗原特異的IgE測定 (特集 アレルギー疾患における特異抗体の意義) -- (アレルゲン特異IgE抗体の新しい測定方法)
  • 木戸 博,多田 仁美,亀村 典生 [他]
  • アレルギー・免疫 20(1), 56-62, 2013-01
  • NAID 40019533264

関連リンク

ASCII.jpデジタル用語辞典 - 感度の用語解説 - 光に対する敏感さの尺度。カメラのフィルムではISOという単位が使用されており、数字が高いほど感度が高い。デジタルカメラの場合は、CCDがフィルム相当の役割をはたしており、フィルム ...
かんど【感度】とは。意味や解説、類語。1 他からの刺激に感じる度合い・程度。「―の鋭い人」2 受信機・測定器などが、電波・電流などを感じる度合い。「ラジオの―が悪い」3 写真フィルムなどの感光材料が光に反応する度合い。
ニコンが、デジタル一眼レフカメラの基礎を、初心者にも分かりやすく解説します。露出を決めるにあたって重要な役割を果たすISO感度について写真を交えて説明します。

関連画像

デュエル TGピースマスター感度キレイめ好感度ボブ | | 椛の好感度をあげてみたんだ のイラスト 魔法使いと好感度ISO感度6400の2段増感のISO感度  南方棲鬼・好感度変化過程 の電波感度を倍増させるケース 空母棲姫・好感度変化過程


★リンクテーブル★
先読み陰性的中率」「有病率」「検査後確率」「陽性的中率
国試過去問104F025」「104H022」「107F011」「108C008」「105E022」「103F013」「104F004」「108H015」「101C028」「098G098」「101C031
リンク元感度と特異度」「陽性尤度比」「sensitivity」「特異度」「陽性適中度
拡張検索高感度PTH」「視感度曲線」「高感度緑色蛍光タンパク質」「比視感度」「分光比視感度曲線
関連記事

陰性的中率」

  [★]

negative predictive value
[[]]
  • 検査結果が陰性の場合に疾患でない確率
  • 感度、特異度が検査目線(検査に依存するパラメタ)であるのに対し、陽性的中率、陰性的中率は患者目線(母集団に依存するパラメタ)である。
  • つまり、陰性的中率が95%のとき、臨床現場で患者さんに「検査が陰性でしたから病気の確率は95%ないと言い切れます。ですが、5%の確率で検査が間違っているかも知れません」と説明ができるかも知れない。
  疾患あり 疾患なし
検査陽性 a
真陽性
b
偽陽性
検査陰性 c
偽陰性
d
真偽性
陰性的中率 = d / ( c + d )


有病率」

  [★]

prevalence rate, morbidity prevalence rate
罹患率 incidence rate morbidity rate

有病率(prevalence)の定義

SUB.178
  • 単位人口に対する一時点における疾病異常者の割合  →  静的な数字
有病率 = 集団のある一時点における疾病を有する者の数[人] / 集団の調査対象全員の数[人]

参考

  • 厚労省 平成17年 患者調査報告 (傷病分類編)
[display]http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/05syoubyo/index.html
10月の時点での患者総数を表している。
  • 厚労省 患者調査 > 平成20年患者調査 > 閲覧 > 年次 > 2008年
[display]http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060268


検査後確率」

  [★]

国試


陽性的中率」

  [★]

positive predictive value
陽性適中度
  • 検査が陽性の場合に疾患である確率


104F025」

  [★]

  • 受診した患者にある疾患を疑い、2つの異なる検査Aと検査Bとを施行した。結果は検査Aが陰性、検査Bが陽性であった。いずれの検査も感度 50%、特異度 95%である。
  • 検査前と比較した検査後の疾患を有する確率として正しいのはどれか。
  • a 小さくなる。
  • b 変化しない。
  • c 大きくなる。
  • d 大きくなる場合と小さくなる場合がある。
  • e 予測ができなくなる。
[正答]


※国試ナビ4※ 104F024]←[国試_104]→[104F026

104H022」

  [★]


  • 上表の①~④にあてはまる数値はどれか。
  • a ① 10  ② 90  ③ 40  ④ 60
  • b ① 60  ② 40  ③ 10  ④ 90
  • c ① 60  ② 40  ③ 90  ④ 10
  • d ① 90  ② 10  ③ 40  ④ 60
  • e ① 90  ② 10  ③ 60  ④ 40
[正答]


※国試ナビ4※ 104H021]←[国試_104]→[104H023

107F011」

  [★]

  • 検査の診断特性に関して正しいのはどれか。
  • a ROC曲線の縦軸は特異度、横軸は感度である。
  • b 特異度が高い検査は、診断の確定に有用である。
  • c カットオフ値を変えて感度を上げると、特異度も上がる。
  • d 感度は、検査が陽性のときに真に疾患を有する割合を指す。
  • e 同じ検査であれば、検査前確率にかかわらず検査後確率は一定である。


[正答]


※国試ナビ4※ 107F010]←[国試_107]→[107F012

108C008」

  [★]

  • ある検査に関する ROC曲線を示す。


  • 縦軸と横軸の組合せで正しいのはどれか。
    縦軸         横軸


[正答]


※国試ナビ4※ 108C007]←[国試_108]→[108C009

105E022」

  [★]

  • ある疾患に関する検査結果を表に示す。(単位:人)
       疾患
       有   無
検査 陽性  80   20
   陰性  10   90
  • 正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E021]←[国試_105]→[105E023

103F013」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103F012]←[国試_103]→[103F014

104F004」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 104F003]←[国試_104]→[104F005

108H015」

  [★]

  • ある疾患に関する検査結果を表に示す。


  • 正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108H014]←[国試_108]→[108H016

101C028」

  [★]

  • a. 保存条件の影響を受けにくい。
  • b. 腸内細菌の影響を受けにくい。
  • c. 食事制限が必要である。
  • d. 特異度が高い。
  • e. 感度が低い。
[正答]


※国試ナビ4※ 101C027]←[国試_101]→[101C029

098G098」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 098G097]←[国試_098]→[098G099

101C031」

  [★]

  • 事前確率が変わると変化するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101C030]←[国試_101]→[101C032

感度と特異度」

  [★]

感度特異度

感度と特異度

  • 公衆衛生学的な視点から有用
  • 「検査をすることによって集団の中からできるだけ疾病のある人を発見したい」という視点で設定された数値である。
出典不明
  • 検査値は得られた結果を解釈することではじめて役に立つ。検査結果から診断をつけるためには、検査の感度、特異度を理解しなければならない。感度は病気を持っている患者のうち何%が検査陽性かを表す。感度が高ければ患者が本当に病気を持っていた場合常に陽性となる。よって感度が高い検査においては、陰性であったとき初めて意味がある。つまりスクリーニングとして検査を使うことができる。
  • 特異度は感度とは逆に病気を持っていない人のうち何%が検査陰性かを表す。よって特異度が高い検査は結果が陽性であった場合意味をもつ。その病気でない場合、検査が陰性に出る可能性が高いということは、陽性にでれば、その病気である可能性が高いということの証明である。したがって、特異度の高い検査は確定診断に用いることができる。
  • しかし、感度と特異度は損益の関係にあるので、感度と特異度は同時に高次元で成立することはできない。そこで、両者の関係をROC分析によって解析し両者が最も高くなる点にカットオフ値を設定する。
  • また、感度と特異度の組み合わせは尤度比で表現できる。陽性尤度比=感度/1-特異度、陰性尤度比=1-感度/特異度で表される。陽性尤度比は検査が陽性であった場合、陰性尤度比は検査が陰性であった場合用いる。
  • 尤度比は、検査前の確率に尤度比をかけることで新たな確率を導き出すことで、検査前の診断をより確からしいものにする。たとえば60%の確率で虫垂炎であると考える。検査前oddsは60/40である。CTを行って診断することで虫垂炎が陽性である陽性尤度比は10であり、今回CTにより虫垂炎がみつかったとすると、陽性尤度比を適用できて60×10=600より600/600+40=94%と60%の確からしさがかなりの確からしさへと上昇した。しかし毎回この計算をするのも面倒なので以下の値を参考にすると良い。
尤度比	確からしさ
2	15%↑
5	30%↑
10	45%↑
0.5	15%↓
0.2	30%↓
0.1	45%↓
  • よい検査とは陽性尤度比が高く、陰性尤度比が低い検査である。ただ、尤度比は病気によって変化する。よって尤度比を覚えておくことは不可能である。したがって尤度比は文献検索によって調べる必要がある。
  • また、定性検査では感度、特異度に基づいて検査結果を解釈できるが、多くの検査は定量的検査である。感度、特異度は単一のカットオフ値で測定値を二分して得る指標であるので、定量検査に感度、特異度を用いると、定量検査の診断特性であるROC曲線の持つ情報が欠落してしまう。そこで定量検査では、測定値を階層に分けて有疾患、無疾患に分け階層ごとに尤度比を求めることで診断特性情報として用いる。これを層別尤度比という。


陽性尤度比」

  [★]

positive likelihood ratio, LR+
感度特異度尤度比陰性尤度比相対危険度と混同するな
  疾患あり 疾患なし
検査陽性 a
真陽性
b
偽陽性
検査陰性 c
偽陰性
d
真偽性
  • 「疾患を有する人」が「陽性」になる確率「疾患を有さない人」が「陽性」になる確率の比

使用例

  • A疾患の検査前確率がPb (%)の人がいる。
  • B検査を行ったところ陽性であった。
  • 検査後確率 Pa (%)はどのくらいか?

国試


sensitivity」

  [★]

  • n.
responsivitysensibilitysensitivesensitivelyspecificitysusceptibilitysusceptible


WordNet   license wordnet

「susceptibility to a pathogen」
predisposition

WordNet   license wordnet

「sensitivity to emotional feelings (of self and others)」
sensitiveness

WordNet   license wordnet

「(physiology) responsiveness to external stimuli; the faculty of sensation; "sensitivity to pain"」
sensitiveness, sensibility

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「敏感,(生理的な)感受性 / 感度,度光度」

WordNet   license wordnet

「the ability to respond to affective changes in your interpersonal environment」
sensitiveness

WordNet   license wordnet

「the ability to respond to physical stimuli or to register small physical amounts or differences; "a galvanometer of extreme sensitivity"; "the sensitiveness of Mimosa leaves does not depend on a change of growth"」
sensitiveness


特異度」

  [★]

specificity
感度有病率(検査前確率)、陽性適中度 陽性予測値 positive predictive value陰性適中度 陰性予測値 negative predictive value感度と特異度
  • 無病者における検査結果が陰性である確率(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.35)
  疾患あり 疾患なし
検査陽性 a
真陽性
b
偽陽性
検査陰性 c
偽陰性
d
真偽性
Sp= d / ( b + d )

感度と特異度

  • 公衆衛生学的な視点から有用
  • 検査をすることによって集団の中からできるだけ疾病のある人を発見したい。


陽性適中度」

  [★]

predictive value of positive test, positive predictive value
陽性反応適中度 (SUB)
陰性適中度感度特異度
[show details]
  • 「陽性予測率」とか訳されている場合があるが、これは一般的ではない感じ

陽性適中度と陰性適中度

  • 臨床医学的視点から有用
  • 検査をすることによって、その患者さんの疾病の有無を知りたい。



高感度PTH」

  [★]

parathyroid hormone, high-sensitivity
副甲状腺ホルモンi-PTH

参考

  • 1.
[display]http://data.medience.co.jp/compendium/main.asp?field=03&m_class=03&s_class=0004



視感度曲線」

  [★]

visibility curve
明度曲線 luminosity curve明るさ曲線



高感度緑色蛍光タンパク質」

  [★]

enhanced green fluorescent proteinEGFP


比視感度」

  [★]

relative visibility
明度曲線


分光比視感度曲線」

  [★]

spectral luminous efficiency curve


度」

  [★]

degree
温度




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡