感冒

出典: meddic

common cold, cold, coryza
かぜ風邪急性コリーザ流行性感冒症流行性感冒
かぜ症候群



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/14 01:33:16」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小児期に診断されたFabry病の2例
  • 田宮 さやか,伊藤 康,小国 弘量,溝口 枝里子,炭田 澤子,大澤 眞木子,TAMIYA Sayaka,ITO Yasushi,OGUNI Hirokazu,MIZOGUCHI Eri,SUMIDA Sawako,OSAWA Makiko
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E1), E280-E284, 2013-01-31
  • … 当科に来院するまでにそれぞれ発症から診断に3年,9年が費やされ,感冒に伴う関節・筋肉痛,整形外科的疾患,心因反応,詐病などと病状を説明されていた.本症は小児期に発症するが,残念ながら思春期?成人以降に診断がつくことが多い.今回我々は,経験した2症例を通じてFabry病の小児期の問題点をまとめた.診断がつかないFabry病の患児は,激痛に耐え小児期を過ごしている.疼痛のためにquality of life (QOL)が著しく損なわれ,身体 …
  • NAID 110009559418
  • 極長鎖脂肪酸の反復検査で診断し得たD-bifunctional protein欠損症の1例
  • 塩田 睦記,舟塚 真,小田 絵里,白戸 由理,竹下 暁子,石垣 景子,齋藤 加代子,下澤 伸行,大澤 真木子,SHIODA Mutsuki,FUNATSUKA Makoto,ODA Eri,SHIRATO Yuri,TAKESHITA Akiko,ISHIGAKI Keiko,SAITO Kayoko,SHIMOZAWA Nobuyuki,OSAWA Makiko
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E1), E103-E106, 2013-01-31
  • … 生後6ヶ月で点頭てんかんを発症し、1歳6か月の感冒を契機に退行した。 …
  • NAID 110009559397
  • 乳幼児ファロー四徴症におけるβ遮断薬服用と低血糖発作の頻度およびその危険因子の検討
  • 伊藤 怜司,小川 潔,森 琢磨,菅本 健司,菱谷 隆,星野 健司,野村 耕司,関島 俊雄,目澤 秀俊,井田 博幸
  • Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery 29(3), 129-136, 2013
  • … 低血糖の発症誘因は感冒や絶食指示による経口摂取不良を16 例中14 例(87.5%)に認めた。 …
  • NAID 130003380027

関連リンク

「感冒」とは - 病気 病名 かんぼう 【感冒】 風邪。 身体を寒気にさらしたり濡れたまま放置 したりしたときに起る呼吸器系の炎症性疾患の総称。かぜ。風邪。日葡辞書「カンバゥ」。 「流行性-」 広辞苑.
感冒(かぜ)とはどんな病気か. 肺に出入りする空気の通り道を気道といいますが、鼻や 口から声帯までを上気道、その奥の気管支を下気道といいます。かぜは上気道の炎症 性の病気なので上気道炎(じょうきどうえん)ともいいます。下気道の炎症は気管支炎(き ...

関連画像

如何判断宝宝感冒-宝宝感冒 感冒知多少 - 医学常识 - 健康 感冒打点滴好吗,女子感冒打 感冒_图片_互动百科春季小心六种假性感冒疾病 一定要看!你所不知的!感冒后


★リンクテーブル★
先読みかぜ症候群」「cold」「coryza
国試過去問104I061」「105G048」「104D014」「095A072
リンク元羞明」「冷たい」「寒冷」「非アイソトープ」「非放射性
拡張検索総合感冒剤」「流行性感冒症

かぜ症候群」

  [★]

cold syndrome, common cold syndrome
上気道症候群 upper airway syndrome急性上気道炎 acute upper respiratory tract infection


概念

  • 上気道粘膜の急性カタル性炎症(急性カタル性上気道炎)の総称
  • 急性鼻炎や咽頭炎を呈し、全身症状は軽微。
  • 予後良好、2-5日で軽快し予後は良好。

病因

  • ウイルス:ほとんど
  • 特殊な細菌&細菌
  • 環境要因:個体条件(アレルギー、免疫不全、脱水、疲労、飲酒など)、物理化学的刺激(乾燥、寒冷)

疫学

  • 多くの人が1年に1回以上罹患。冬期に多い。
  • 小児において罹患回数が多い → 成人になると記憶T細胞、記憶B細胞が増加するため、なんとなくウイルスに対して抵抗性が付与される、はず。

病理

  • ウイルスの場合、上気道粘膜に付着して、粘膜上皮を冒す。上気道線毛円柱上皮(呼吸上皮)に付着し、上皮細胞は変性・脱落・壊死する。上皮を失った部位から細菌が侵入しやすくなる。

病型

症状

  • 鼻かぜ:鼻汁、鼻閉などの鼻症状が主体
  • のどかぜ:咽頭痛、嗄声など咽頭症状が主体
  • 気管支かぜ:咳、痰などの気管支症状が主体

共通の症状

  • まず、鼻炎症状が緩徐に発現し、鼻咽頭不快感・乾燥感、くしゃみ、鼻閉、水様鼻汁を呈する。

病原体に特異的な症状

診断

  • 臨床的診断
  • 検査はほとんどの場合行わないが、インフルエンザ、溶連菌などを鑑別する場合には迅速診断キットを使う。 → つかえる迅速診断キットがあればのはなし

検査

  • 血液検査:ウイルス感染の場合、WBCやCRPは動かないが、細菌感染があれば上昇する。
  • ウイルス分離は一般臨床では行われない。 → 高コストだし、培養している内に治癒する。
  • 血清抗体価測定ではペア血清で 4 倍以上の上昇で陽性とする。 → 高コストだし、ペア血清を取った時点で治癒する。
  • 細菌感染を疑ったら、喀痰検査(培養は時間がかかるので検鏡でしょう?)、血液検査(血算)のちに、培養して薬物感受性検査を行う(けど時間がどのくらいかかるのやら)

治療

  • 一般療法(安静、保温・保湿、栄養補給、脱水予防、入浴制限)
  • 対症療法:解熱・鎮痛薬、非ステロイド性抗炎症薬、蛋白分解酵素製剤、含嗽薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン薬
  • 細菌感染が疑われるときのみ、抗生物質を使用する。予防的に使うのはいかがな最中

予後

  • 良好。数日-1週間で軽快

予防

  • RSウイルス:適応が限られるが、ワクチンを使うことができる。


cold」

  [★]

  • adj.
  • 寒い、冷たい、寒気がする。冷やした、冷えた(opp.hot)。加熱せずに処理する
  • 冷たくなった、死んでいる
  • 冷静な。冷淡な。よそよそしい。(やっと抑えている)激しい(怒り)。不感症の。気を滅入らせる、寒々とした
  • 興ざましの、つまらない。気乗りのしない。(味が)弱い
  • 客観的な(事実)

WordNet   license wordnet

「unconscious from a blow or shock or intoxication; "the boxer was out cold"; "pass out cold"」

WordNet   license wordnet

「a mild viral infection involving the nose and respiratory passages (but not the lungs); "will they never find a cure for the common cold?"」
common cold

WordNet   license wordnet

「the sensation produced by low temperatures; "he shivered from the cold"; "the cold helped clear his head"」
coldness

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『寒い』,冷たい;冷えた,冷やした / (性格・態度などが)『冷たい』,冷淡な,熱意のない;無情な,冷酷な / (物事が)人をがっかりさせる,つまらない / (色調が)冷たい,寒色の / (獲物のにおい臭が)かすかな,弱い / 《話》(打撃などで)意識を失った,失神した / 完全に,全く / 〈U〉《しばしばthe~》『寒さ』,寒け,冷たさ / 〈C〉,時に〈U〉『かぜ』,感冒」

WordNet   license wordnet

「without compunction or human feeling; "in cold blood"; "cold-blooded killing"; "insensate destruction"」
cold-blooded, inhuman, insensate

WordNet   license wordnet

「sexually unresponsive; "was cold to his advances"; "a frigid woman"」
frigid

WordNet   license wordnet

「lacking originality or spontaneity; no longer new; "moth-eaten theories about race"; "stale news"」
stale, dusty, moth-eaten

WordNet   license wordnet

「(color) giving no sensation of warmth; "a cold bluish grey"」

WordNet   license wordnet

「extended meanings; especially of psychological coldness; without human warmth or emotion; "a cold unfriendly nod"; "a cold and unaffectionate person"; "a cold impersonal manner"; "cold logic"; "the concert left me cold"」

WordNet   license wordnet

「feeling or showing no enthusiasm; "a cold audience"; "a cold response to the new play"」

WordNet   license wordnet

「having a low or inadequate temperature or feeling a sensation of coldness or having been made cold by e.g. ice or refrigeration; "a cold climate"; "a cold room"; "dinner has gotten cold"; "cold fingers"; "if you are cold, turn up the heat"; "a cold beer"」

WordNet   license wordnet

「having lost freshness through passage of time; "a cold trail"; "dogs attempting to catch a cold scent"」

WordNet   license wordnet

「lacking the warmth of life; "cold in his grave"」

WordNet   license wordnet

「marked by errorless familiarity; "had her lines cold before rehearsals started"」

WordNet   license wordnet

「of a seeker; far from the object sought」

WordNet   license wordnet

「so intense as to be almost uncontrollable; "cold fury gripped him"」


coryza」

  [★]

  • n.

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「鼻カタル,鼻かぜ」


104I061」

  [★]

  • 35歳の女性。傾眠状態で搬入された。24歳時から1型糖尿病インスリン自己注射を行っている。5日前から感冒症状、食思不振および下痢のためインスリン注射を中止していた。意識レベルはJCS II-20。身長 158cm、体重 51kg。体温 36.9℃。脈拍 88/分、整。血圧 98/62mmHg。咽頭に発赤を認めるが、胸・腹部と神経学的所見とに異常を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖4+、ケトン体3+。血液所見: 赤血球 467万、Hb 14.5g/dl、Ht 44%、白血球 10,400。血液生化学所見: 血糖 562mg/dl、HbA1c 9.8 %。
  • まず静注するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104I060]←[国試_104]→[104I062

105G048」

  [★]

  • 5歳の女児。耳が聴こえにくいことを心配した母親に伴われて来院した。3か月前に感冒に罹患した。数週前からテレビの音を大きくし、呼びかけに応答しないことがしばしばあった。鼓膜写真(別冊No.8)を別に示す。
  • この患者のインピーダンスオージオメトリの型はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105G047]←[国試_105]→[105G049

104D014」

  [★]

  • a 感冒罹患に続発する。
  • b 早期から抗菌薬を投与する。
  • c 5歳以上の小児では難治化しやすい。
  • d 最も多い起炎菌は黄色ブドウ球菌である。
  • e 保育所などでの集団生活は危険因子である。
[正答]


※国試ナビ4※ 104D013]←[国試_104]→[104D015

095A072」

  [★]

  • 嗅覚障害の原因とならないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095A071]←[国試_095]→[095A073

羞明」

  [★]

photophobia
まぶしがり症
光感受性


  • 眼に限局する疾患でも全身性疾患でも起こる。どちらも炎症が原因だけど例外が3つある。白皮症 albinism, 片頭痛 migraine, 眼精疲労 eye strain from astigmatism and hyperopia。眼に限局する疾患で結膜炎角膜炎、角膜への外来異物、虹彩炎網膜炎脈絡網膜炎視神経炎が羞明を起こす。全身性疾患では熱性の疾患、特に結膜を介して感染症と関連した熱性の疾患が羞明を起こす。麻疹髄膜炎脳炎hay feverインフルエンザ感冒旋毛虫症が羞明を起こすことは少ない(just a few)。毒物(特に、ヨード、臭素、アトロピン誘導体)も羞明を起こす。暗所にいるだけでも羞明は起こる。ヒステリーと恐怖症・群集不安も羞明の原因となる。(DIF 354)



冷たい」

  [★]

coldcool
非アイソトープ非放射性冷やす冷却寒冷冷える感冒


寒冷」

  [★]

coldcryo
クライオクリオ冷たい非アイソトープ非放射性感冒


非アイソトープ」

  [★]

nonisotopiccold
冷たい非同位体非放射性寒冷感冒


非放射性」

  [★]

nonradioactivecold
冷たい非アイソトープ寒冷感冒


総合感冒剤」

  [★]

感冒

商品


流行性感冒症」

  [★]

common cold
感冒風邪急性コリーザ流行性感冒




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡