導尿

出典: meddic

urethral catheterization
膀胱カテーテル法
排尿



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/18 18:37:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 清潔間欠導尿の導入ができなかった事例 (特集 事例から考える 排尿ケアと患者の心と身体の痛み)
  • 症例報告 思春期の患児の自己導尿,自己膀胱洗浄指導に関する援助の実際 : オレムのセルフケア理論を用いて振り返る

関連リンク

2006年12月21日 ... このホームページは、清潔間欠導尿を行っている方々や、そのご家族、そして清潔間欠 導尿を行っている患者様を支援する医療従事者のために作成したものです。清潔間欠 導尿は、排尿障害をもつ患者様の生活を豊かなものにするために開発 ...
導尿 手順 方法 手技. 女性導尿方法. ①必要物品を準備する. ②患者に説明し、 スクリーン又はカーテンをする。 ③体位-仰臥位、病衣は腰まで上げ下肢を掛け物で 覆う。 ④殿部から大腿部にビニールシーツを敷く。(またはオムツ). ⑤股間に尿器を安定 した位置に ...

関連画像

日曜日 に j 会 病院 で 導尿導尿 の デモンストレーション 使い捨て 導尿 用 カテーテル  したら上手く導尿できるのか品番 ky11381 100 品名 男性 導尿


★リンクテーブル★
先読み排尿」「urethral catheterization
国試過去問105B061」「105E064」「102B061」「107E061」「100D037」「106C020」「107G043」「095F020」「100H029」「105C012」「098E044」「102I044」「095F024」「096E032」「106C013
リンク元urination
拡張検索間欠的自己導尿」「自己導尿」「間欠導尿」「間欠自己導尿
関連記事尿

排尿」

  [★]

micturition, urination, miction
排尿機構排尿筋



urethral catheterization」

  [★] 尿道カテーテル留置

ureteral catheterization


105B061」

  [★]

  • 次の文を読み、59-61の問いに答えよ。
  • 81歳の男性。発熱と歩行困難とを主訴に救急外来を受診した。
  • 現病歴   5か月前から排尿困難を自覚し、 1か月前から腰痛が出現した。1週前から歩行困難となり、食思不振と発熱とを認めた。
  • 既往歴   50歳時から高血圧症のため降圧薬を服用している。
  • 生活歴   喫煙は20本/日を60年間。飲酒は機会飲酒。
  • 現 症  意識は清明。身長161cm、体重48kg。体温38.0℃。脈拍84/分、整。血圧156/84mmHg。眼瞼結膜に貧血を認める。眼球結膜に黄染を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。上腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腹部正中は小児頭大に膨隆している。両側腰背部(肋骨脊柱角)に叩打痛を認める。直腸措診で表面不整で腫大した石様硬の前立腺を触知し、圧痛を認めない。陰嚢と陰茎とに異常を認めない。両下肢の感覚鈍麻と筋力低下とを認め、立つことができない。膝蓋腱反射は消失している。
  • 検査所見   尿所見:蛋白1 +、糖(-)、沈渣に赤血球10-20/1視野、白血球多数/1視野。血液所見:赤血球 257万、Hb 7.8g/dl、Ht 24%、白血球 9,200、血小板 11万。血液生化学所見:血糖 96mg/dl、総蛋白 6.1g/dl、アルブミン 3.1g/dl、尿素窒素 28mg/dl、クレアチニン 1.8mg/dl、尿酸 6.4mg/dl、総コレステロール 150mg/dl、トリグリセリド 68mg/dl、総ビリルビン 0.3mg/dl、直接ビリルビン 0.1mg/dl、AST 20IU/l、ALT 12IU/l、LD 240IU/l(基準176-353)、ALP 562IU/l(基準115-359)、Na 135mEq/l、K 4.5mEq/l、Cl 107mEq/l。CRP 5.8mg/dl。
  • 対応として適切でないのはどれか。
  • a 導尿
  • b 輸液
  • c 抗菌薬投与
  • d 抗癌化学療法
  • e 抗男性ホルモン療法


[正答]


※国試ナビ4※ 105B060]←[国試_105]→[105B062

105E064」

  [★]

  • 次の文を読み、63-65の問いに答えよ。
  • 58歳の男性。呼吸困難を主訴に来院した。
  • 現病歴   2年6か月前から転倒しやすくなったため、自宅近くの診療所を受辞し、右下肢の筋力低下を指摘された。上肢の筋力低下も出現し、2年前に総合病院の神経内科で筋萎縮性側索硬化症(ALS)の診断を受けた。介護保険サービスを利用しながら在宅療養していたが、半年前から球麻痺症状が出現し、徐々に発声量が低下した。2、3日前から微熱と鼻汁とがあり、喀痰の量が増加し、喀痰排出が困難となって、呼吸困難が出現した。
  • 既往歴   特記すべきことはない。
  • 生活歴   管理職であったが、発症後退職した。専業主婦の妻との2人暮らし。子どもは2人いるが、それぞれ独立している。
  • 現症   意識は清明。身長172cm、体重54kg。体温37.2℃。脈拍72/分、整。血圧112/78mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)88%。咽頭に軽度発赤を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。胸郭の動きは不良である。腹部所見に異常を認めない.直腸指診で前立腺に肥大を認めない。構昔障害は強いが、かろうじて単語レベルでのコミュニケーションが可能である。下肢の筋萎縮が著しく、筋力低下のため歩行困難で常時車椅子を使用している。排泄、入浴は全介助である。上肢の筋力は著しく低下し、食事は全介助で、水分摂取にはとろみを要する。
  • 検査所見  血液所見:赤血球386万、Hb 11.4g/dl、Ht 38%、白血球 9,200、血小板 24万。血液生化学所見:血糖 96mg/dl、総蛋白 6.0g/dl、アルブミン 3.2g/dl、尿素窒素 14mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、AST 38IU/l、ALT 30IU/l、LD 204IU/l(基準176-353)、Na 136mEq/l、K 4.0mEq/l、Cl 98mEq/l。CRP 1.0mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.38、PaCO2 50Torr、PaO2 55Torr、HCO3- 30mEq/l。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。
  • その後の経過   頻回の喀痰吸引でSpO2は93%まで改善し、その後解熱し呼吸困難も消失した。本人と家族は在宅療養の継続を強く希望しており、その準備のためのカンファレンスを開催することになった。
  • 退院前に家族に実施方法を指導すべきことはどれか。 3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E063]←[国試_105]→[105E065

102B061」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 9か月の乳児。嘔吐を主訴に来院した。
  • 現病歴:昨夜から37.8℃の発熱を認めた。黄色水様の下痢が5回あり、食欲は低下していた。今朝から排便はない。母乳を3回与えたが、3回とも吐いた。顔色不良で、激しく泣いた後、ぐったりする状態を繰り返している。
  • 発育・発達歴:在胎39週、胎盤早期剥離のため、緊急帝王切開で出生した。体重3,225g。Apgarスコア3点(1分)。追視2か月、あやし笑い3か月、首のすわり6か月、寝返り6か月、お坐り9か月。母乳栄養で、生後5か月から離乳食を開始している。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:身長72cm、体重7,800g。体温37.5℃。心拍数140/分、整。無表情でうとうととしている。皮膚と口唇とは乾燥し、皮膚色は蒼白である。眼瞼結膜はやや貧血様で、眼球結膜に黄染を認めない。咽頭に軽度の発赤を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦で、右下腹部は空虚であり、右上腹部を触ると激しく泣く。項部硬直を認めない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球311万、Hb10.7g/dl、Ht31%、白血球12,600(好中球66%、好酸球3%、好塩基球2%、単球5%、リンパ球24%)、血小板21万、血液生化学所見:血糖76mg/dl、総蛋白6.2g/dl、アルブミン3.4g/dl、尿素窒素9.0mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、総ビリルビン0.7mg/dl、AST21IU/l、ALT18IU/l、LDH362IU/l(基準340~700)、ALP580IU/l(基準780以下)、Na138mEq/l、K4.5mEq/l、CI97mEq/l。CRPl.8mg/dl。
  • まず行う処置はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B060]←[国試_102]→[102B062

107E061」

  [★]

  • 次の文を読み、61~63の問いに答えよ。
  • 20歳の男性。目が開きにくいことを主訴に来院した。
  • 現病歴:山菜採りに行き、右前腕を虫に刺され痛みを感じたが、そのままにして昼食をとった。食後、約30分してから両眼瞼が開きにくくなり、息苦しさを自覚するようになったため、友人に連れられて来院した。
  • 既往歴:5歳で気管支喘息。
  • 生活歴:山菜採りが趣味で、虫に刺されることが多い。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識レベルはJCSII-10。体温37.5℃。脈拍100/分、整。血圧80/50mmHg。呼吸数20/分。SpO2 85%(room air)。呼びかけると息苦しさを訴えせき込む。心音に異常を認めない。頸部と胸部とにwheezesを聴取する。頸静脈の怒張を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。体幹に膨疹を多数認める。顔面の写真(別冊No.9)を別に示す。
  • まず行う処置はどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 107E060]←[国試_107]→[107E062

100D037」

  [★]

  • 次の文を読み、37、38の問いに答えよ。
  • 68歳の男性。下腹部の痛みと尿が出ないこととを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 3年前から頻尿、残尿感および排尿困難があったが放置していた。2時間前に自宅で晩酌をしていたところ、下腹部に痛みが出現し、触ると痛みが増強した。排尿ができず、痛みも持続している。
  • 既往歴 : 5年前から高脂血症を指摘されているが放置している。
  • 生活歴 : 喫煙20本/日を30年間。飲酒晩酌程度。
  • 現症 : 意識は清明。身長163cm、体重65kg。体温36.5℃。脈拍100/分、整。血圧156/90mmHg。上腹部はほぼ平坦で、肝・脾は触知しない。下腹部は軽度膨隆しており、正中に腫瘤を触知し、同部に圧痛を認める。下肢に浮腫を認めない。骨盤部超音波写真を以下に示す。


  • この患者にまず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100D036]←[国試_100]→[100D038

106C020」

  [★]

  • 78歳の男性。尿が出なくなったことを主訴に来院した。 3日前に頭痛と咽頭痛とを自覚し、自宅近くの診療所で感冒薬を処方された。昨晩から尿がたらたらとしか出なくなり下腹部痛を認めたため、受診した。身長165cm、体重60kg。体温36.0℃。脈拍64/分、整。血圧156/86mmHg。下腹部は膨隆し、直腸指診で鶏卵大の前立腺を触知する。腹部超音波検査所兄上、膀胱は多量の尿で拡張している。
  • 現時点の対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C019]←[国試_106]→[106C021

107G043」

  [★]

  • 30歳の初産婦。妊娠40週5日。10分周期の下腹部緊満を主訴に来院した。これまでの妊娠経過に異常を認めなかった。脈拍72/分、整。血圧124/64mmHg。内診で先進部は小泉門で母体の右後方に触れる。子宮口4cm開大、展退度80%、児頭下降度SP+1cm。子宮口の位置は中央、硬さは軟である。未破水である。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。ドプラ聴診器による胎児心拍数は150/分である。
  • 次に行うのはどれか。
  • a 導尿
  • b 外陰消毒
  • c 心電図検査
  • d 分娩監視装置装着
  • e パルスオキシメーター装着


[正答]


※国試ナビ4※ 107G042]←[国試_107]→[107G044

095F020」

  [★]

  • 72歳の男性。下腹部の緊清盛を訴え未院した。3年前から夜間に排尿のため起きるようになり、半年前からは排尿困難が増強していた。昨夜から尿意はあるが尿が1、2滴しか出ないという。下腹部は小児頭大に膨隆し、軽い圧痛がある。体温36.4℃。脈拍80/分、整。血圧140/82 mmHg。血清生化学所見:尿素窒素32mg/dl、クレアチニン2.5mg/dl、Na 137 mEq/l、K 4.5 mEq/l、Cl 105mEq/l。適切な処置はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095F019]←[国試_095]→[095F021

100H029」

  [★]

  • 29歳の初産婦。妊娠39週5日。血性帯下と10分間隔の子宮収縮とを主訴に来院した。これまでの妊娠経過に異常は認めなかった。内診所見:子宮頸管は3cm開大、先進部は小泉門、SPは-1、展退度80%、頸管の硬度は軟である。膣鏡診で牽糸性のある血性帯下を外子宮口に認める。
  • 次に行うのはどれか。
  • a. 導尿
  • b. 剃毛
  • c. 膣洗浄
  • d. 外陰消毒
  • e. 分娩監視装置装着
[正答]


※国試ナビ4※ 100H028]←[国試_100]→[100H030

105C012」

  [★]

  • 導尿で誤っているのはどれか。
  • a 在宅自己導尿は通常1日1回行う。
  • b 持続導尿では尿道バルーンカテーテルを留置する。
  • c 膀胱結石はカテーテルを長期留置した場合にみられる。
  • d 男性では陰茎を上方に牽引しながらカテーテルを挿入する。
  • e 尿閉で経尿道的にカテーテルを挿入できない場合は膀胱穿刺を行う。
[正答]


※国試ナビ4※ 105C011]←[国試_105]→[105C013

098E044」

  [★]

  • 導尿で正しいのはどれか。
  • a. 患者自身が導尿操作を行うことは危険である。
  • b. 男性では陰茎を下方へ牽引しながらカテーテルを挿入する。
  • c. 女性では外尿道口を同定するために陰唇を十分に開く。
  • d. 持続導尿では尿流出後、直ちにバルーンを膨らませる。
  • e. 持続導尿カテーテルは毎日交換する。
[正答]


※国試ナビ4※ 098E043]←[国試_098]→[098E045

102I044」

  [★]

  • 4歳の男子。数時間前からの左陰嚢部の激痛を主訴に来院した。体温36.7℃。陰嚢の発赤および腫脹と精巣の腫大とを認める。対応として正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102I043]←[国試_102]→[102I045

095F024」

  [★]

  • 18歳の男子。交通事故で頭部外傷を受けて救急搬送された。意識レベルの低下と呼吸不整とを認める。最初に行うべき救急処置はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095F023]←[国試_095]→[095F025

096E032」

  [★]

  • 症候と初期対応の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 096E031]←[国試_096]→[096E033

106C013」

  [★]

  • 院内感染のリスクとなりにくいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C012]←[国試_106]→[106C014

urination」

  [★]

  • n.
mictionmicturitionurinatevoiding


間欠的自己導尿」

  [★]

intermittent self catheterization, ISC
間欠自己導尿法
無菌的自己導尿法
[show details]


自己導尿」

  [★]

self catheterization
無菌的自己導尿法


間欠導尿」

  [★]

intermittent urethral catheterization


間欠自己導尿」

  [★]

intermittent self catheterization


尿」

  [★]

urine
urina
尿浸透圧尿量


臨床関連

尿中への代謝物質の異常排出

尿の色

決定する要素:ウロビリノゲンヘモグロビンミオグロビンなど





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡