学校伝染病

出典: meddic

学校感染症

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/26 07:41:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 学校伝染病 : 第三種「その他の伝染病」について もう一度!!
  • 日野 治子
  • 日本臨床皮膚科医会雑誌 = Journal of the Japan Organization of Clinical Dermatologists 25(6), 552-553, 2008-11-15
  • NAID 10029429893
  • 感染症の登園・登校基準 (特集 研修医のための外来診療の基本)
  • 学校保健における皮膚科医の活動 (特集 最近のトピックス2007 Clinical Dermatology 2007) -- (皮膚科医のための臨床トピックス)

関連リンク

[ 62-H10211 ] 出席停止となる学校感染症 学校感染症と出席停止期間 感染症名 出席停止期間 第1種 ゠ピメ出血熱、 ェモプ ンカルガ出血熱、痘そう、 南米出血熱、ヒケダ、ブヴャノャエ病、 メセキ熱、急性灰白髄炎、グネゾモ 、
第三種の学校伝染病 飛沫感染が主体ではないが、放置すれば学校で流行が広がってしまう可能性がある感染症です。すなわち、腸管出血性大腸菌感染症、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、およびその他の伝染病です。

関連画像

学校伝染病の出席停止期間学校感染症出席停止の手続き ☆第三種学校伝染病学校において予防すべき伝染病 一般社団法人福知山医師会 感染症罹患時の登園(校


★リンクテーブル★
国試過去問097F029」「100G021」「102B027」「099D030
リンク元麻疹」「流行性角結膜炎」「風疹」「百日咳」「咽頭結膜熱
関連記事伝染」「伝染病」「」「学校

097F029」

  [★]

  • 12歳の男児。3日前からの眼脂を訴えて来院した。両側の耳前リンパ節の腫脹がみられる。右眼部の写真を以下に示す。
  • この患児に対する生活指導で誤っているのはどれか。
  • a. 頻回の手洗い
  • b. タオルの個別使用
  • c. 家族より後の入浴
  • d. 登校の許可
  • e. プールでの水泳禁止


[正答]
※国試ナビ4※ 097F028]←[国試_097]→[097F030

100G021」

  [★]

  • 学校伝染病と出席停止期間の基準の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G020]←[国試_100]→[100G022

102B027」

  [★]

  • 学校医の職務はどれか。2つ選べ。
  • a. 児童・生徒の健康診断
  • b. 学校プールの水質検査
  • c. 学校で使用する医薬品の管理
  • d. 学校保健安全計画の立案への参加
  • e. 学校伝染病による出席停止の決定
[正答]


※国試ナビ4※ 102B026]←[国試_102]→[102B028

099D030」

  [★]

  • 学校伝染病で「治癒するまで」出席停止とするのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D029]←[国試_099]→[099D031

麻疹」

  [★]

ましん
measles, rubeola
はしか麻しん
麻疹ウイルス感染症法ワクチン学校伝染病

特徴

病原体

疫学

  • 1-5歳に好発
  • 6ヶ月までは母体からの移行抗体により発症しない

感染経路

  • 空気感染
  • 上気道粘膜に進入・増殖 → 所属リンパ節で増殖 → ウイルス血症 → 全身諸臓器で増殖
  • リンパ節腫脹は伴わない

潜伏期

  • 10-12日

経過、症状

NDE.437
  • 1. カタル期:1-5病日:発熱、くしゃみ、鼻水、目脂。コプリック斑
  • 白血球が劇的に低下し、2000-3000まで落ち込むことがある。
  • カタル期終わりの1-2病日に解熱してコプリック斑が発生
  • カタル期の鼻汁、唾液、涙液、気道分泌液は感染性有り
  • 2. 発疹期:6-10病日:発熱。発疹は耳後部、頚部から始まり体幹から四肢へ。色素沈着を残す ⇔風疹
  • 発疹は斑状紅色丘疹。融合する (⇔風疹)

細胞性免疫の低下

リンパ球への感染→細胞性免疫が低下
結核に罹患している場合、粟粒結核に進展することがある

合併症

晩期合併症

  • M蛋白の欠損した麻疹ウイルスによる、らしい
  • 麻疹に感染し、小児期に知能低下ミオクローヌスなどを、初発症状として発症し、意識障害をきたし致命的となる。

妊娠

  • 胎児への影響は報告されていない

検査

  • 画像検査
  • 胸部単純X線写真:間質性肺炎像

鑑別疾患

治療

  • 対症療法
  • 合併症の治療:肺炎、中耳炎などの細菌性二次感染が多く、予防のために抗菌薬投与が行われる

学校伝染病

  • 学校保健安全法では、解熱後3日経過するまで出席停止(NDE.438)
  • 出席停止の解除は、主要症状が消退したあと7日?

予防

  • 麻疹生ワクチン
  • 免疫不全患者にはγグロブリン製剤
  • 免疫があれば重症化しない

予後

  • 2大死因は肺炎と脳炎

参考

uptodate

  • 1. [charged] 麻疹の臨床症状および診断 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 麻疹の予防および治療 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 麻疹の疫学および伝染 - uptodate [3]





流行性角結膜炎」

  [★]

epidemic keratoconjunctivitis EKC
keratoconjunctivitis epidemica
はやり目伝染性角結膜炎infectious keratoconjunctivitis
学校伝染病
  • 病原体:アデノウイルス8型、19型、37型
  • 臨床像:急性濾胞性結膜炎
  • 感染経路:接触感染
  • 疫学:春~夏
  • 潜伏期:7-14日
  • 症状:漿液性の目脂、流涙、羞明。乳幼児では発熱、感冒様症状、下痢、眼瞼結膜に偽膜形成
  • 身体所見:
  • 眼瞼:腫脹
  • 結膜:充血、浮腫、結膜の小出血斑
  • 角膜:(発症約10日後)点状上皮下混濁
  • リンパ節:耳前リンパ節腫脹


[show details]

流行性角結膜炎咽頭結膜熱急性出血性結膜炎の比較

  俗称 病原体 好発年齢 季節性 潜伏期 症状 感染症法 学校保健安全法 出席停止
流行性角結膜炎 EKC はやり目 アデノウイルス8型 なし 春~夏 1-2週間 漿液性の目脂、流涙、羞明。乳幼児では発熱、感冒様症状、下痢、眼瞼結膜に偽膜形成。
眼瞼:腫脹。結膜:充血、浮腫、結膜の小出血斑。角膜:(発症約10日後)点状上皮下混濁。リンパ節:耳前リンパ節腫脹
五類感染症(眼科定点) 第三類 医師が感染のおそれがないと認めるまで
咽頭結膜熱 PCF プール熱 アデノウイルス3,4,7型 小児 夏(基本的に通年) 1週間 発熱、咽頭炎、結膜炎 五類感染症(小児科定点) 第二種 出席停止は主要症状が消退した後二日を経過するまで
急性出血性結膜炎 AHC   コクサッキーウイルスA群24型、エンテロウイルス70型 成人 なし 1-2日 結膜下出血を伴う急性濾胞性結膜炎 五類感染症(眼科定点) 第三類 医師が感染のおそれがないと認めるまで

国試


風疹」

  [★]

rubella
三日はしか
風疹ウイルス感染症法

特徴

感染経路

  • 経気道感染(SMB.455)←つまり飛沫感染?。別の資料:飛沫経気道感染

疫学

  • 好発年齢:5~15歳。 別の資料:4-9歳が先体の60%を占める(ウイルス学授業プリント)
  • 季節性:春から初夏
  • 不顕性感染率は約25%
  • 終生免疫あり

潜伏期

  • 18日 (ウイルス学授業プリント)。別の資料:16~18日間が多い

症状

  • 丘疹:紅斑状の発疹が顔面に出現し、次第に体幹、四肢に広がる。発疹は癒合しない (⇔麻疹)。発疹消退後、色素沈着無し
  • 軽度の発熱(38℃)、耳後、後頭部のリンパ節の腫脹、結膜炎、咽頭痛を呈する。

3大主症状

  • 発疹、発熱、 リンパ節腫脹(耳介後部リンパ節)

合併症

  • 関節炎 (成人女性に多い)
  • 血小板減少性紫斑病 (3000例に1例)
  • 脳炎(6000例に1例)
  • 溶血性貧血(まれ)

経過

  • 病期:6-7日
  • 発症前(発疹出現前)から伝染力有り。大体、感染時より10日後(SMB.455)
このころには口腔、咽頭、気道分泌液中にウイルスが存在(SMB.455)
発症7日前からウイルス血症
  • 発疹より先立って頚部のリンパ節が腫脹し、発疹消失後数週間に渡って持続
  • 発疹出現-3~5日-発疹消失
  • 発疹と共に発熱-2~3日-解熱 →三日はしか

検査

  • HI:(陽性)血清8倍未満
  • CF:(陽性)血清4倍未満
  • EIA
  • IgG(陰性)2.0未満
  • IgN(陰性)0.8未満

治療

予防

米ではMMRワクチンを12-15月、4-6歳の2回接種
  • 風疹のγグロブリン製剤は少なくとも日本にはない

出席停止の解除(学校保険法)

先天性風疹症候群

  • 妊娠初期(妊娠3ヶ月以内)の妊婦に感染した場合は、胎児の多くが先天性異常を持って生まれてくる

先天性異常

  • 聴覚障害:神経知覚性難聴
  • 眼症状:白内障緑内障、小眼症、網膜症
  • 心疾患:動脈管開存肺動脈狭窄中隔欠損
  • その他:小頭症、身体発育遅滞、骨透明症、肝脾種、血小板減少性紫斑病

発生率

  • 妊娠4週まで :50%以上
  • 妊娠 5~ 8週:35%
  • 妊娠 9~12週:15%
  • 妊娠13~16週: 8%
  • 妊娠20週以降:まれ==ウイルス学==

鑑別




百日咳」

  [★]

pertussis
pertussis
whooping cough, tussis convulsiva
レプリーゼ細菌マイコプラズマ肺炎

概念

病原菌

潜伏期

  • 7-21日

感染期間

SPE.362
  • カタル期~第4週まで → 抗菌薬投与により感染期間を抗菌薬投与後5日間に短縮できる。

症候

  • 発熱を欠く
  • カタル期:1-2週間:伝染力が強い。鼻汁、咳などの普通感冒様症状が次第に増悪。検査上、白血球増多が見られる
  • 痙咳期:2-6週間:レプリーゼ(連続した咳(staccato)と吸気時の笛音(whoop))。咳発作は夜間に強い。乳児期には無呼吸発作百日咳顔貌(顔面紅潮、眼瞼浮腫、結膜充血)。重症化で百日咳脳症
  • 回復期:2-3週間:特有の咳が弱まってくる。

合併症

検査

  • 血液検査:末梢血白血球増多(リンパ球優位)、CRP正常
  • 画像検査
  • 胸部単純X線写真:異常なし

診断

  • 確定診断:喀痰・後鼻腔の擦過検体で百日咳菌の分離培養、PCR法による同定、あるいはペア血清による免疫血液学検査による。

鑑別疾患

治療

  • 薬物療法:
  • マクロライド系抗菌薬(エリスロマイシンが第一選択)を7-14日間。カタル期の投与により咳発作を軽減できる。痙咳期の投与により感染期間を5日に短縮できる。(SPE.393)
  • エリスロマイシンの他、アジスロマイシン、クラリスロマイシン、テトラサイクリン、ドキシサイクリン、ST合剤も用いられる。
PED.596
SPE.363
  • マクロライド系抗菌薬を7-14日間投与。カタル期から投与すると咳発作を軽減でき、痙咳期の投与により感染期間を5日間に短縮できる。

感染経路

  • 飛沫感染

予防接種


参考

  • 1. 日本の定期/任意予防接種スケジュール(20歳未満)
[display]http://idsc.nih.go.jp/vaccine/dschedule/Imm11-01JP.gif

国試



咽頭結膜熱」

  [★]

pharyngoconjunctival fever, PCF
プール熱プール性結膜炎, swimming-pool conjunctivitis, pool conjunctivitis, conjunctivitis piscinalis
学校伝染病


流行性角結膜炎咽頭結膜熱急性出血性結膜炎の比較

  俗称 病原体 好発年齢 季節性 潜伏期 症状 感染症法 学校保健安全法 出席停止
流行性角結膜炎 EKC はやり目 アデノウイルス8型 なし 春~夏 1-2週間 漿液性の目脂、流涙、羞明。乳幼児では発熱、感冒様症状、下痢、眼瞼結膜に偽膜形成。
眼瞼:腫脹。結膜:充血、浮腫、結膜の小出血斑。角膜:(発症約10日後)点状上皮下混濁。リンパ節:耳前リンパ節腫脹
五類感染症(眼科定点) 第三類 医師が感染のおそれがないと認めるまで
咽頭結膜熱 PCF プール熱 アデノウイルス3,4,7型 小児 夏(基本的に通年) 1週間 発熱、咽頭炎、結膜炎 五類感染症(小児科定点) 第二種 出席停止は主要症状が消退した後二日を経過するまで
急性出血性結膜炎 AHC   コクサッキーウイルスA群24型、エンテロウイルス70型 成人 なし 1-2日 結膜下出血を伴う急性濾胞性結膜炎 五類感染症(眼科定点) 第三類 医師が感染のおそれがないと認めるまで


伝染」

  [★]

transmissioninfectioncontagiontransmit
感染感染症感染力伝える伝達透過接触感染

伝染病」

  [★]

epidemiccommunicable disease
感染症伝染性流行流行性流行病


病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患

学校」

  [★]

school
年齢




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡