大腿ヘルニア

出典: meddic

femoral hernia, crural hernia
股ヘルニア


  • 大腿部に膨隆を起こすヘルニア。鼡径ヘルニアとの鑑別が困難な場合がある
  • 前腹壁の弱い部分である大腿管で、腹部内臓が大腿輪を通って大腿管に突き出る。


  • 鼡径ヘルニアの十数%を占める。
  • 中年以降。女性に多い。幼児にはほとんどない。 → 女性は骨盤が大きいが故に、大腿輪も大きい。分娩による大腿管組織の脆弱化。(SSUR.485)
  • ヘルニア門:大腿輪(血管裂孔の内側1/3でリンパ管が通っている。大腿輪中隔で仕切られている) ← ヘルニア門が狭く嵌頓を起こしやすい。
  • ヘルニア内容:大網、消長

症状

  • 嵌頓による症状が初発のことが多い。

鑑別診断

  • 鼡径リンパ節炎、Nuck管水腫

検査

  • 超音波エコー:鑑別に有用

治療

  • 嵌頓の頻度が高いため、外科手術を行う。
  • 死冠が存在する場合、大腿ヘルニアの嵌頓を解除するために、裂孔靭帯を無神経に内側に切開すると出血を起こすことがあるので注意(SSUR.485)


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨牀指針 イレウスで発症した同側内鼠径,外鼠径,大腿ヘルニアに対し腹腔鏡下経皮的腹膜外ヘルニア閉鎖術:laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure(LPEC)を施行した1例
  • 竹谷 園生,北川 真吾,秦 史壯
  • 臨牀と研究 88(9), 1181-1183, 2011-09
  • NAID 40019005528
  • 手術症例報告 術前診断しえた大腿ヘルニア内虫垂嵌頓の1例
  • 長谷川 和住,石山 智敏,神宮 彰 [他]
  • 手術 65(10), 1577-1579, 2011-09
  • NAID 40018975639
  • 局所麻酔下経鼠径法にて修復した大腿ヘルニア術後の閉鎖孔ヘルニアの1例
  • 赤堀 浩也,清水 智治,森 毅,小椋 英司,谷 徹
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 72(6), 1602-1606, 2011-06-25
  • NAID 10029612885

関連リンク

大腿ヘルニアは鼠径靱帯の下から腸などの組織が外に出てきて皮膚の下が膨らむ病気.出産を多く経験した痩せ型の中年以降の女性に多い.大腿ヘルニアは危険な症状である嵌頓になりやすいと言われている.医療従事者向けサイト ...
鼠径・大腿ヘルニア はじめに 「鼠径(そけい)」とは、太ももの付け根の部分のことをいい、「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。「鼠径ヘルニア」とは、お腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部 ...
「大腿ヘルニア」の手術の中で、広がったヘルニア門(大腿輪)を閉鎖するという最もシンプルな方法が「Moschcowitz法」です。 「ヘルニア整復法」で直接ヘルニアを元に戻したあと、ヘルニア門を2~3針縫合して閉鎖します。

関連画像

大腿ヘルニア鼠径ヘルニアになりやすい人は 大腿ヘルニアの3D-CTヘルニア嚢の同定腹膜前腔から見たヘルニア門Marcy手術図そけいヘルニア


★リンクテーブル★
国試過去問098F011」「099A030」「106D007」「101F038」「104I010」「107E010
リンク元死冠」「大腿輪
関連記事ヘルニア」「大腿

098F011」

  [★]

  • 78歳の女性。腹痛を主訴に他院から紹介されて来院した。生来健康で、体重減少もなく、腹部の手術歴もない。5回経産であるが婦人科的既往歴もない。8時間前から急に嘔気と腹痛とが出現した。紹介状によると、赤血球310万、Hb11.2g/dl、白血球8,200で、血清生化学所見には異常はなかったとのことである。最初は絞るような腹痛が間欠的にあり、吐き気がしていたが、痛みは徐々に持統性となった。最初は食べたもの、次いで苦みのある液を嘔吐するようになった。腹痛が出現して以降、排ガスはない。持参した腹部エックス線単純写真立位像には拡張した腸管ループと鏡面形成とを認める。
  • 診断確定のために特に注意して身体診察を行うべき部位はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F010]←[国試_098]→[098F012

099A030」

  [★]

  • 77歳の女性。今朝から腹痛と左大腿内側部痛とが出現したため来院した。昨晩から悪心と嘔吐とが統いている。26歳時に帝王切開の既往がある。腹部はやや膨隆し、腸雑音の亢進を認める。肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球378万、Hb10.8g/dl、Ht34%、白血球8,100、血小板17万。血清生化学所見:総蛋白6.2g/dl、アルブミン3.0g/dl、AST30単位、ALT25単位、LDH410単位(基準176~353)、アルカリホスファターゼ230単位(基準260以下)。CRP2.5mg/dl。骨盤部造影CTを以下に示す。最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099A029]←[国試_099]→[099A031

106D007」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106D006]←[国試_106]→[106D008

101F038」

  [★]

  • 大腿ヘルニアで正しいのはどれか。
  • a. 鼠径部のヘルニアの約半数を占める。
  • b. 中年男性に多い。
  • c. 両側性に発生する。
  • d. 大腿動脈の外側に脱出する。
  • e. 嵌頓しやすい。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F037]←[国試_101]→[101F039

104I010」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104I009]←[国試_104]→[104I011

107E010」

  [★]

  • 嵌頓しやすいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E009]←[国試_107]→[107E011

死冠」

  [★]

corona mortis (Z)
内腸骨動脈大腿ヘルニア
  • 下腹壁動脈枝と閉鎖動脈恥骨枝の吻合が発達した異常血管のこと。
  • 死冠が存在する場合、大腿ヘルニアの嵌頓を解除するために、裂孔靭帯を無神経に内側に切開すると出血を起こすことがある。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



大腿輪」

  [★]

femoral ring (M)
anulus femoralis
股輪
大腿ヘルニア
  • 大腿管の小さな底でにあたる近位端

構造 (M.317)

境界

  • 外側:大腿輪と大腿静脈の隔壁
  • 後方:恥骨筋とその筋膜が覆う恥骨上枝
  • 内側:裂孔靭帯
  • 前方:鼡径靭帯の内側部



ヘルニア」

  [★]

hernia
脱腸
真性ヘルニア true hernia


  • 鼡径部ヘルニア
  • 大腿ヘルニア



大腿」

  [★]

femur
os femoris
下肢下腿






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡