出血性ショック脳症症候群

出典: meddic

hemorrhagic shock and encephalopathy syndrome, HSES
出血性ショック脳症 hemorrhagic shock and encephalopathy, HSE


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 出血性ショック脳症症候群 (特集 急性脳炎・脳症の概念) -- (急性脳炎・脳症の病因・病態)

関連リンク

出血性ショックと脳障害症候群は,非常にまれな疾患であり,それまで健康であった小児に重度のショック,凝固障害,脳症,肝および腎機能障害が急に発生することを特徴とし,結果的に死亡または神経学的に悲劇的な転帰を迎える。
文献「出血性ショック脳症症候群(HSES)の一例の管理経験」の詳細情報です。J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。また ...
検索 すべて CiNiiに本文あり CiNiiに本文あり、または連携サービスへのリンクあり 論文名 著者名 著者所属 刊行物名 ISSN 巻 号 ページ 出版者 参考文献 出版年 年から 年まで すべて CiNiiに本文あり CiNiiに本文あり、または連携サービスへ ...

関連画像

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/93/6b コメントを残す コメントを  and encephalopathy syndrome 出血 性小児の急性脳症の画像診断


★リンクテーブル★
先読みHSE
リンク元HSES」「出血性ショック脳症」「hemorrhagic shock and encephalopathy syndrome」「hemorrhagic shock and encephalopathy
関連記事出血性ショック」「症候群」「ショック」「出血性」「

HSE」

  [★]

HSES」

  [★] 出血性ショック脳症症候群


出血性ショック脳症」

  [★] 出血性ショック脳症症候群


hemorrhagic shock and encephalopathy syndrome」

  [★] 出血性ショック脳症症候群

hemorrhagic shock and encephalopathy」

  [★] 出血性ショック脳症症候群

出血性ショック」

  [★]

hemorrhagic shock
ショック


分類

SOR.631 日本外相学会・日本救急医学会 改定 外傷初期診療ガイドライン JATEC 東京 へるす出版 2004
  Class I Class II Class III Class IV
出血量(ml) <750 750~1500 1500~2000 >2000
出血量(%循環血液量) <15% 15~30% 30~40% >40%
脈拍数(分) <100 100~120 120~140 >140
血圧 収縮期血圧
拡張期血圧
脈圧 →/↑
呼吸数(/分) 14~20 20~30 30~40 >40 / 無呼吸
尿量(ml/時) >30 10~30 5~10 痕跡
精神状態 軽度の不安 不安 不安~不穏 不穏~無気力
輸血量法 細胞外液液 細胞外液液 細胞外液液と輸血量法 細胞外液液と輸血量法

治療

  • 循環血液量の減少:輸液、輸血
  • 治療の禁忌:心血管作動薬(末梢循環を増悪)、モルヒネ(末梢血管拡張させ血圧低下)


Table 264-5 Hypovolemic Shock
Mild (<20% Blood Volume) Moderate (20–40% Blood Volume) Severe (>40% Blood Volume)
Cool extremities Same, plus: Same, plus:
Increased capillary refill time Tachycardia Hemodynamic instability
Diaphoresis Tachypnea Marked tachycardia
Collapsed veins Oliguria Hypotension
Anxiety Postural changes Mental status deterioration (coma)

参考

  • 1. ショック
[display]http://www.osaka-med.ac.jp/deps/emm/shock.pdf


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



ショック」

  [★]

shock
虚脱状態
産科ショック

メジャー

心筋梗塞、致死的不整脈、心不全
心タンポナーデ収縮性心膜炎肺血栓塞栓症緊張性気胸
出血性ショック、体液喪失(熱傷)・脱水

マイナー

ショックの5P

ショックの判断

簡便

  • 収縮期血圧 90 mmHg以下

循環モニターのためのデバイス・検査項目

  • 血圧・脈拍
  • 心電図
  • 心エコー
  • 呼吸・血ガス
  • 血液検査・尿検査
  • バルーンカテーテル:残尿を排泄し、30分ごとに尿量、血圧、脈拍を測定する
  • 中心静脈圧
  • スワン・ガンツカテーテル
  • PiCCO
  • 胃トノメトリー

治療

心原性ショック 原疾患の治療
低容量性ショック 輸液、輸血、止血、昇圧剤は原則使用しない
敗血症性ショック 抗菌薬、昇圧薬、エンドトキシン吸着カラム、輸血、血糖コントロール、低容量ステロイド
神経原性ショック 輸液、昇圧薬
アナフィラキシーショック エピネフリン、輸液、抗ヒスタミン剤、ステロイド、昇圧薬、H2ブロッカー
閉塞性ショック 緊張性気胸 胸腔穿刺、胸腔ドレナージ
心タンポナーデ 心嚢穿刺、心膜開窓
肺塞栓 塞栓除去術、血栓溶解術



出血性」

  [★]

hemorrhagichaemorrhagichemophilichaemophilic
易出血性血友病


群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡