レチノイン酸

出典: meddic

retinoic acid RA
ビタミンA酸 vitamin A acid
レチノール retinolvitamin A


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/13 03:36:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1-II-12 All-transレチノイン酸は小腸からのリン吸収を抑制する(一般演題要旨,日本ビタミン学会第63回大会講演要旨)
  • 山本 浩範,増田 真志,田中 更紗,香西 美奈,竹谷 豊,宮本 賢一,武田 英二
  • ビタミン 85(4), 218, 2011-04-25
  • NAID 110008607926
  • 1-II-9 β-カロテン開裂酵素BCMO1のレチノイン酸による遺伝子発現制御機構の解析(一般演題要旨,日本ビタミン学会第63回大会講演要旨)
  • 山内 淳,白鳥 明日香,石見 佳子
  • ビタミン 85(4), 217, 2011-04-25
  • NAID 110008607923

関連リンク

レチノイン酸(英: retinoic acid)のうち、二重結合がすべてトランス型をとった、オール・ トランス異性体である(all-trans retinoic acid)。 スイスのロシュ社が1960年代に ビタミンAからスクリーニング・合成を行い、内用薬を開発している。 その過程の臨床試験 ...
レチノイン酸は、ムコ多糖の生合成を促進して、細胞膜の抵抗性を増強するといわれて いる。 [編集] 構造. 図1. レチノールの構造式. 右端の-CH2OH(アルコール形)の部分が 、-CHO ならばレチナール(アルデヒド形)、-COOH ならばレチノイン酸(カルボン酸形) ...

関連画像

レチノイン酸・シミ治療新レチノイン酸モニター試験 レチノイン酸治療前ビタミンA(レチノイン酸)図3 ビタミンAからレチノイン酸  化した胚のレチノイン酸濃度


★リンクテーブル★
先読みレチノール
リンク元急性白血病」「急性前骨髄球性白血病」「核内受容体スーパーファミリー」「二次性高コレステロール血症」「トレチノイン
拡張検索オールトランスレチノイン酸」「トランスレチノイン酸」「9-cis-レチノイン酸レセプター」「全トランス型レチノイン酸
関連記事」「チノ

レチノール」

  [★]

retinolretinol palmitateretinol acetate
retinolum
ビタミンAアルコール vitamin A alcohol、ビタミンA1 vitamin A1
酢酸レチノール retinol acetateパルミチン酸レチノール retinol palmitate
チョコラA
ビタミンAビタミンA1オールトランスレチノールパルミチン酸レチノール、・酸レチノール、11-シスレチノール



急性白血病」

  [★]

acute leukemia, AL
白血病FAB分類


概念

  • 未分化の白血球の腫瘍性増殖

分類

FAB分類

M0   minimally differentiated acute myeloblastic leukemia AML
M1   acute myeloblastic leukemia, without maturation
M2   acute myeloblastic leukemia, with granulocytic maturation
M3   promyelocytic, or acute promyelocytic leukemia APL
M4   急性骨髄単球性白血病 acute myelomonocytic leukemia AMMoL
M4eo   myelomonocytic together with bone marrow eosinophilia
M5 M5a 急性単芽球性白血病 acute monoblastic leukemia AMoL
M5b 急性単球性白血病 acute monocytic leukemia
M6 M6a 赤白血病 acute erythroid leukemias, including erythroleukemia  
M6b and very rare pure erythroid leukemia  
M7 急性巨核芽球性白血病 acute megakaryoblastic leukemia  
M8 急性好塩基球性白血病 acute basophilic leukemia  
L1 小細胞型    
L2 大細胞型    
L3 Burkitt型    

病態

  • 白血球系芽球の腫瘍性増殖
  • 骨髄機能障害
  • 腫瘍細胞の臓器浸潤
  • 腫瘍細胞の破壊亢進

徴候

  • 全身:息切れ、全身倦怠感、発熱(免疫力低下による感染症、腫瘍細胞の崩壊)
  • 皮膚:点状出血、紫斑
  • 口腔内:歯肉出血
  • 骨・関節:骨痛、関節痛  ← 腫瘍細胞の関節への浸潤
  • 肝臓・脾臓:肝脾腫
  • リンパ節:腫脹(頚部リンパ節、鼡径リンパ節)
  • 唾液腺:顎下唾液腺腫大

検査

  • 血算
  • 血液生化学
  • LDH↑
  • ビタミンB12↑
  • 尿酸↑

治療

小児

  • 化学療法:小児のALLでは著効する
  • 骨髄移植:小児のALLでは再発例に行う

成人

急性骨髄性白血病

急性前骨髄球性白血病
  • レチノイン酸(ATRA, all-trans retinoic acid)の経口投与で高い確率で寛解する
  • 白血球や前骨髄球が多い場合には化学療法を併用する:レチノイン酸 + アントラサイクリン系抗悪性腫瘍薬(イダルビシンダウノルビシン, DNA二本鎖の間にintercalateしでDNA,RNAの合成を阻害) + シタラビン(Ara-C, シトシンアナログ, 代謝拮抗薬)

急性リンパ性白血病

VACAP

予後

小児急性白血病の予後不良因子

YN.G-44改変

小児急性白血病の予後不良因子

  • 1. 年齢:1歳以下、10歳以上
  • 2. 男児
  • 3. FAB分類L2, L3
  • 4. 非リンパ球性
  • 5. WBC:2万以上
  • 6. Ph染色体 t(9;22) (小児のALLの数%)

成人急性白血病の予後不良因子

YN.G-44改変

AMLの予後不良因子

  • 染色体核型、年齢、初発時白血球数、FAB分類、3系統の形態異常、二次性白血病
  • 染色体核型:最大の予後因子

NCCNガイドラインに基づくAMLの予後分類

参考1
  染色体核型 遺伝子異常
予後良好群 inv(16), t(8;21), t(15;17)(付加的染色体異常の有無を問わない) 正常核型におけるNPM1のみの異常
中間群 正常核型, +8, t(9;11),その他の予後良好にも不良にも属さない染色体異常 t(8;21), inv(16)患者におけるc-kit異常
予後不良群 複雑核型(3以上の異常), -5, -7, 5q-, 7q-,11q23異常(t(9;11)を除く), inv(3), t(3;3),t(6;9), t(9;22) 正常核型におけるFLT3-ITDのみの異常

参考

  • 1. 造血細胞移植ガイドライン - 急性骨髄性白血病
http://www.jshct.com/guideline/pdf/2009AML.pdf




急性前骨髄球性白血病」

  [★]

acute promyelocytic leukemia, APL
M3。急性前骨髄芽球性白血病?
急性骨髄性白血病 AML白血病前骨髄球

概念

  • 急性骨髄性白血病の一病型
  • 白血病細胞が前骨髄球の段階で成熟停止を起こした型
  • FAB分類M3
  • アウエル小体が多く認められる。アウエル小体が集積した細胞(鳥の巣細胞、ファゴット細胞)がみられる。
  • 免疫組織化学:MPO陽性(*ミエロペルオキシダーゼ活性はほぼ100%陽性)
  • 異型前骨髄球がみられる。
  • 染色体異常
  • 95%以上の症例:t(15;17)(q22;q21)
  • 全症例:PML遺伝子(chr.15)とRAR-α遺伝子(chr.17)の融合遺伝子の存在

=M3と他のAMLを区別するポイント

検査

  • 急性白血病に特徴的:高尿酸血症、LDH上昇
[show details]

合併症

  • Auer顆粒を豊富に含み、この中にはトロンボプラスチン類似物質を含む。この物質の逸脱により凝固が亢進しDICにつながる

治療

  • レチノイン酸(ATRA, all-trans retinoic acid)の経口投与で高い確率で寛解する
  • 白血球や前骨髄球が多い場合には化学療法を併用する:レチノイン酸 + アントラサイクリン系抗悪性腫瘍薬(イダルビシンダウノルビシン, DNA二本鎖の間にintercalateしでDNA,RNAの合成を阻害) + シタラビン(Ara-C, シトシンアナログ, 代謝拮抗薬)

国試


核内受容体スーパーファミリー」

  [★]

nuclear receptor superfamily
核内レセプタースーパーファミリー
核内受容体
  • 細胞質体に存在し、リガンドの結合により核内に移行してDNAに結合して転写を促進する

ドメイン構造

  • N末端--A/B(制御領域)--C(DNA結合領域)--D(核移行シグナル)--E/F(リガンド結合領域)--C末端

受容体とリガンド

内分泌受容体 リガンド
糖質コルチコイド受容体 GRα 糖質コルチコイド
鉱質コルチコイド受容体 MR 鉱質コルチコイド
黄体ホルモン受容体 PR プロゲステロン
男性ホルモン受容体 AR テストステロン
卵胞ホルモン受容体 ERα, ERβ エストロゲン
レチノイン酸受容体 RARα, RARβ, RARγ レチノイン酸
レチノイドX受容体 RXRα, RXRβ, RXRγ  
甲状腺ホルモン受容体 TRα, TRβ 甲状腺ホルモン
ビタミンD3受容体 VDR ビタミンD


二次性高コレステロール血症」

  [★]

高コレステロール血症

LDL-C上昇

食事

薬物

疾患

内分泌疾患

TG上昇

食事

  • 体重増加
  • 超低脂肪食
  • 炭水化物の大量摂取
  • アルコール多飲

薬物

疾患

内分泌疾患

トレチノイン」

  [★]

tretinoin
ベサノイドオルセノン
レチノイン酸オールトランスレチノイン酸 all-trans-retinoic acidトランスレチノイン酸、Retin-A、retinoic acidtrans-retinoic acid
  • 急性前骨髄球性白血病治療薬;ビタミンA活性代謝物


オールトランスレチノイン酸」

  [★]

all-trans-retinoic acidATRA, all-trans retinoic acid
全トランス型レチノイン酸
トレチノイン tretinoinレチノイン酸トランスレチノイン酸all-transレチノイン酸
分化誘導療法
[show details]



トランスレチノイン酸」

  [★]

trans-retinoic acid
トレチノインレチノイン酸オールトランスレチノイン酸トランス型レチノイン酸trans-レチノイン酸


9-cis-レチノイン酸レセプター」

  [★]

9-cis-retinoic acid receptor
9-cis-レチノイン酸受容体

全トランス型レチノイン酸」

  [★] オールトランスレチノイン酸

酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

チノ」

  [★] ケノデオキシコール酸



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡