グルコース1-リン酸

出典: meddic

glucose 1-phosphate glucose-1-phosphate G1P, glucose 1-phosphoric acid glucose-1-phosphoric acid
グルコース1リン酸グルコース-1-リン酸
グリコーゲングルコース6-リン酸


代謝

グリコーゲン合成

グリコーゲン分解

グルコース合成系と解糖系とをつなぐ反応


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 乳酸菌由来マルトースホスホリラーゼを用いたα-(1→4)-グルコ二糖の高収率生産
  • 中井 博之,仁平 高則,SVENSSON Birte [他],大坪 研一
  • 新潟大学農学部研究報告 64(1), 71-79, 2011-09-00
  • … そこで大腸菌を宿主として組み換え酵素を生産し、その酵素化学的諸性質を調査した結果、MalPはマルトースに特異的に作用する糖質加リン酸分解酵素であることが明らかになった。 …
  • NAID 40019056812

関連リンク

特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。 グルコース -1-リン酸(グルコース-1-リンさん、glucose-1-phosphate、G1P)とは、1位のヒドロキシ 基がリン酸化したグルコース誘導体のことである。コリエステルとも言う。 目次. 1 反応 ...
NADP+ : NADPHの比率が上昇すると、体はNADPHを増産しようとする。この過程で G6Pはデヒドロゲナーゼにより脱水素化される。この可逆過程はペントースリン酸経路の 最初の反応であり、この反応によりNADPH ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みグリコーゲン
リンク元ビタミンB6」「グルコース6-リン酸」「グルコース1リン酸」「glucose 1-phosphate」「G1P
関連記事グルコース」「リン」「」「リン酸」「コース

グリコーゲン」

  [★]

glycogen
糖原動物性澱粉 animal starchヘパチン hepatin
グルコース





ビタミンB6」

  [★]

vitamin B6
塩酸ピリドキシン pyridoxine hydrochlorideピリドキシン pyridoxine
アリチア配合
ビタミン
ピリドキサールリン酸, pyridoxal phosphate

概念

機能

  • 3. ヘムの合成(δ-アミノレブリン酸合成酵素)

主要な反応・機能

FB.289 HBC.498
転移反応、脱炭酸反応、離脱反応、ラセミ化 に関与。補酵素として活性を持つのは「ピリドキサル5'-リン酸 PLP
  • 1. アミノ基転移反応、脱炭酸反応
ヒスチジン---(ヒスチジンデカルボキシラーゼ + PLP)--→ヒスタミン +
グルタミン酸---()--→GABA
5-ヒドロキシトリプトファン---(芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ + PLP)--→セロトニン + CO2
ドーパ---(dopa decarboxylase + PLP)--→ドパミン + CO2
  • 2. グリコーゲン分解
(グリコーゲン)n + Pi ---(グリコーゲンホスホリラーゼ + PLP)--→ (グリコーゲン)n-1 + グルコース1-リン酸(G1P)
スクシニルCoA + グリシン ---(5-アミノレブリン酸シンターゼ + PLP)--→ 5-アミノレブリン酸(ALA) + CoA + CO2
  • 4. ステロイドホルモンの作用制御
ステロイドホルモン・ホルモン受容体複合体をDNAより解離させ、ホルモンの働きを抑制する作用がある。このため、ビタミンB6欠乏ではエストロゲン、アンドロゲン、コルチゾール、ビタミンDの作用が増強される。ホルモン依存性の悪性腫瘍が存在する場合にビタミンB6欠乏の程度と予後が相関する(HBC.499)

臨床関連



グルコース6-リン酸」

  [★]

glucose 6-phosphate, G6P, G-6-P
グルコース-6-リン酸 glucose-6-phosphate
グルコース1-リン酸グルコース解糖系糖新生


グルコース6-リン酸の運命(G6P) (FB.451)

  1. グルコース
  2. グリコーゲン
  3. リボース5-リン酸(R5P)
  4. アセチルCoA

解糖

酵素

グリコーゲン分解

糖新生

臨床関連



グルコース1リン酸」

  [★] グルコース1-リン酸

938

glucose 1-phosphate」

  [★] グルコース1-リン酸


G1P」

  [★] グルコース1-リン酸

グルコース」

  [★]

glucose, grape sugar, dextrose
ブドウ糖注、グルノン
GLUT血中グルコース濃度血糖値GLUT
グルコース1-リン酸グルコース6-リン酸

分子量

  • 分子量:180 g/mol
血糖 100 mg/dl -> 1000 mg/l ; 1000 mg/l / 180 g/mol ≒5.6 mmol/l = 5.6 mM

尿細管におけるグルコースの再吸収 SP.801

  • 近位尿細管における刷子縁で行われる。
  • 管腔側に糖/Na+共輸送体 SGLT(SGLT1SGLT2)が存在し、Naとグルコースを共輸送する
  • SGLT2がグルコースの取り込みに貢献している(低親和性、高用量の輸送担体)
  SGLT1 SGLT2
局在 近位尿細管 近位尿細管
 中間部(S2)  起始部(S1)
 終末部(S3)
グルコースの親和性 高親和性 低親和性
  • 側底膜にはGLUT2が存在し、血液循環にグルコースを輸送する。

輸液で用いられるグルコース

  • 末梢静脈:5%グルコース。5g/100g -> 50g/1L -> 50/180 Eq/L -> 277.78 mEq/L

臨床関連



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

リン酸」

  [★]

phosphoric acid
PO4

 

  • pKa1=2.12
  • pKa2=7.21
  • pKa3=12.67


コース」

  [★]

course
過程課程経過




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡