グアノシン

出典: meddic

guanosine Guo G
[[]]



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/02 02:17:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 〈原著〉ラット短腸症候群モデルにおけるシトルリン添加中心静脈栄養療法の有用性の検討
  • 森下 祐次,米倉 竹夫,山内 勝治,八木 誠,塩﨑 均,大柳 治正
  • 近畿大学医学雑誌 35(2), 83-90, 2010-6
  • … た.体重変化と血中尿素値は短腸群では他の3群に比べ低値を示した.血漿シトルリンは吻合群では短腸群とアラニン群に比べ高く,またシトルリン群では吻合群も含め他の3群に比べ高値を示した.さらにシトルリン群ではオルニチンは短腸群に比べ,アルギニンは他の3群に比べ有意に高値を示した.またシトルリン群では短腸群よりも肝細胞の8-ヒドロキシグアノシン染色陽性率が低く,回腸絨毛高は高かった. …
  • NAID 120002318013
  • 乾燥ハーブ熱水抽出物によるケミカルメディエーター放出抑制作用
  • 高杉 美佳子,加藤 雅子,前田 典子,島田 和子
  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 57(3), 121-127, 2010-03-15
  • … 14種の乾燥ハーブ熱水抽出物のヒスタミンおよびロイコトリエン(LT) B4放出抑制作用,DPPHラジカル消去活性,デオキシグアノシン酸化阻害活性を検討し,ポリフェノール量およびフラボノール類量を定量した.ペパーミント,ローレル,バジル(F),ローズマリーは,ラット腹腔細胞からのヒスタミンの放出を50%以上抑制し,ポリフェノール量の多い乾燥ハーブ熱水抽出物ほどヒスタミン放出量が低下する傾向が認め …
  • NAID 10026294579

関連リンク

グアノシン 一般情報 IUPAC名 グアノシン 別名 G 分子式 C 10 H 13 N 5 O 5 分子量 283.241 g/mol 形状 CAS登録番号 [118-00-3] SMILES Nc2[n](cnc2C(=O)N1) [C@@H]3O[C@H](CO)C(O)C3O 性質 グアノシン〈Guanosine〉はグアニンに ...
ChemicalBook あなたのためにグアノシン(118-00-3)の化学的性質を提供して、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更にグアノシン(118-00 ...

関連画像

グアノシン環状グアノシン一リン酸 - Cyclic グアノシン - Wikipediaグアノシン5'-リン酸グアニル酸(グアニルさん)とは 環状グアノシン一リン酸


★リンクテーブル★
リンク元チミン」「アシクロビル」「G」「グアノシン3',5'-ビスリン酸」「guanosine
拡張検索グアノシン三リン酸」「アシクログアノシン」「グアノシン二リン酸マンノース」「グアノシン五リン酸

チミン」

  [★]

thymine Thy
5-メチルウラシル 5-methyluracil
ピリミジン塩基核酸

派生化合物 FB.29

  プリン塩基 ピリミジン塩基
塩基 アデニン グアニン シトシン チミン ウラシル
Ade Gua Cyt Thy Ura
A G C T U
ヌクレオシド アデノシン グアノシン シチジン デオキシチミジン ウリジン
Ado Guo Cyd dThd Urd
A G C dT U
ヌクレオチド   アデニル酸 グアニル酸 シチジル酸 デオキシチミジル酸 ウリジル酸
アデノシン一リン酸 グアノシン一リン酸 シチジン一リン酸 デオキシチミジン一リン酸 ウリジン一リン酸
for DNA dAMP dGMP dCMP dTMP  
for RNA AMP GMP CMP   UMP




アシクロビル」

  [★]

acyclovir, ACV
アシクログアノシン acycloguanosine
アイラックスアクチオスアクチダスアシクリルアシクロビンアシビルアシロミンアストリックエアーナースグロスパールクロベートゾビクロビルゾビラックスナタジールビクロックスビゾクロスビルヘキサルビルレクスファルラックスベルクスロン
抗ウイルス薬ウイルス
  • 抗ヘルペス薬
  • グアノシンの誘導体で、糖の2'と3'を欠き、非環状となっている。

作用機序

  • アシクロビルはHSVやVZVがコードするチミジンキナーゼによりアシクロビル一リン酸となる。次に宿主由来のチミジンキナーゼによりアシクロビル二リン酸、アシクロビル三リン酸となる。ウイルスDNAポリメラーゼによりアシクロビル三リン酸が取り込まれると、3'-OHを欠くためにDNA合成反応が停止する。これによりウイルスの増殖を抑制する。
  • 宿主細胞のチミジンキナーゼはACVを一リン酸化できないので、非感染細胞ではDNA合成阻害は起こらない。

適応

  • 単純ヘルペスウイルス感染症
  • 水痘・帯状疱疹ウイルス感染症
予防のためには投与は適応外である。
サイトメガロウイルスには無効である

注意

副作用




G」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 7th letter of the Roman alphabet」
g


グアノシン3',5'-ビスリン酸」

  [★]

guanosine 3',5'-bisphosphate
グアノシン


guanosine」

  [★] グアノシン Guo


グアノシン三リン酸」

  [★]

guanosine triphosphate, GTP
グアノシン5'-三リン酸, guanosine 5'-triphosphate




アシクログアノシン」

  [★]

acycloguanosine
アシクロビル


グアノシン二リン酸マンノース」

  [★]

guanosine diphosphate mannose

グアノシン五リン酸」

  [★]

guanosine pentaphosphate




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡