アスペルギルス

出典: meddic

アスペルギルス属

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 気管支喘息発作の治療中に侵襲性肺アスペルギルス症を発症した1例
  • 井上 裕介,吉村 克洋,大前 美奈子
  • 日本呼吸器学会誌 = Annals of the Japanese Respiratory Society 2(1), 53-58, 2013-01-10
  • NAID 40019560436
  • 副鼻腔真菌症 (特集 最新の鼻・副鼻腔疾患診療)
  • 太田 伸男,鈴木 祐輔
  • 日本医師会雑誌 141(10), 2195-2198, 2013-01
  • NAID 40019550427

関連リンク

【治療】 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の治療は通常の喘息治療に加えてステロイド薬の内服を行います。治療が遅れたり不十分であったりすると肺に線維化といわれる変化や気管支拡張を来たして元に戻らなくなることが ...
アスペルギルス(Aspergillus) コウジカビとも呼ばれ、自然界において最も普通に見られるカビの一種です。アスペルギルス・オリゼー(Aspergillus oryzae)のように醸造に欠かすことの出来ない菌、有機酸製造に応用されるアスペルギルス ...
肺アスペルギルス症。Pulmonary aspergillosis. 図あり。肺アスペルギルス症の症状の現れ方肺アスペルギローマでは、咳、喀痰(かくたん)、胸痛、呼吸困難などの一般的な呼吸器症状が現れます。血痰(けったん)や喀血(かっけつ)の頻度は他 ...

関連画像

by kyoshi40 at 16:02アスペルギルス・フラバスの  コット染色(アスペルギルス真菌性肺炎(アスペルギルス 図23:肺アスペルギルス症Can Respir J 2005 ; 12 : 199―204.

添付文書

薬効分類名

  • 乳糖分解酵素製剤

販売名

ラクチーム散50%

組成

成分・含量(1g中)

  • β−ガラクトシダーゼ(アスペルギルス)5,000単位を含有する。

添加物

  • D-マンニトールを含有する。

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

乳児の乳糖不耐により生ずる消化不良の改善

一次性乳糖不耐症

二次性乳糖不耐症

  • 単一症候性下痢症、急性消化不良症、感冒性下痢症、白色便性下痢症、慢性下痢症、未熟児・新生児の下痢
  • 通常、1回量0.25〜0.5gを哺乳時同時に経口投与する。

経管栄養食、経口流動食など摂取時の乳糖不耐により生ずる下痢などの改善

  • 通常、摂取乳糖量10gに対して1gを食じとともに投与する。なお、症状により増減する。

慎重投与

  • 本人又は両親、兄弟に蕁麻疹、気管支喘息、他の薬剤に対する過敏症、食物アレルギー等のみられる患者

重大な副作用

ショック

頻度不明

  • ショック症状、四肢冷感、顔面蒼白、チアノーゼ、下痢、腹部膨満、嘔吐等の症状があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には直ちに投与を中止すること。なお、症状に応じて輸液、副腎皮質ホルモン製剤の投与など適切な処置を行うこと。

薬効薬理

乳糖分解作用

  • β−ガラクトシダーゼ(アスペルギルス)は、乳糖のβ(1→4)結合に作用し、ガラクトースとグルコースに分解する。

乳糖分解力試験(in vitro)

  • 乳糖水溶液又は乳糖含有経管栄養食を用いて本剤の乳糖分解力を検討した結果、それぞれ76.0〜82.5%(pH4.0〜6.0)又は71.0〜85.0%(pH3.5〜5.0)の乳糖が分解された7)8)

乳糖の消化吸収試験(in vivo)

  • ビーグル仔犬に本剤及び乳糖水和物を同時に経口投与し、グルコースの血中濃度を測定した結果、乳糖消化によるグルコースの吸収促進が認められた9)

生物学的同等性試験

  • 本剤又は標準製剤1gをクロスオーバー法によりビーグル犬に乳糖水和物4gと同時に1回経口投与後、経時的に血中グルコース濃度を測定した。各時点の血中グルコース濃度を同等性の指標とし、F検定にて統計解析を行った結果、両製剤間に有意差は認められなかった。以上の結果から、両剤の生物学的同等性が確認された9)。(表3参照)
  • 血中濃度等のパラメータは、被験個体の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • β−ガラクトシダーゼ(アスペルギルス)
    (β-Galactosidase(Aspergillus))

性状

  • 本品は白色〜淡黄色の粉末である。本品は水にわずかに混濁して溶け、エタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
国試過去問109I068」「095B018」「099E018
リンク元脳膿瘍」「副鼻腔真菌症」「アスペルギルス抗原」「肺アスペルギルス症」「コウジカビ属
拡張検索アスペルギルス属」「慢性壊死性アスペルギルス症」「急性侵襲性肺アスペルギルス症」「慢性線維性アスペルギルス症

109I068」

  [★]

  • 57歳の女性。全身性エリテマトーデス(SLE)の治療のため入院中である。6週前に副腎皮質ステロイドとシクロホスファミドとの点滴を受け、現在はプレドニゾロン40mg/日とプロトンポンプ阻害薬とを内服している。3日前から腹痛と下痢とが続いている。意識は清明。体温 37.6℃。脈拍96/分、整。血圧 140/80mmHg。呼吸数 18/分。口腔内に異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は膨満し、臍部を中心に強い圧痛がある。筋性防御はない。肝・脾を触知しない。原因検索のため行った下部消化管内視鏡像(別冊No. 24A、B)と粘膜生検のH-E染色標本(別冊No. 24C)とを別に示す。
  • 腹痛と下痢の原因として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109I067]←[国試_109]→[109I069

095B018」

  [★]

  • 嚥下性肺炎と関連の深い病原体はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095B017]←[国試_095]→[095B019

099E018」

  [★]

  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099E017]←[国試_099]→[099E019

脳膿瘍」

  [★]

brain abscess, cerebral abscess
頭蓋内膿瘍 intracranial abscess


概念

分類

病原体

see IRE.452
  • 細菌性脳膿瘍:連鎖球菌、嫌気性菌、グラム陰性桿菌、黄色ブドウ球菌。連鎖球菌(50-70%)、黄色ブドウ球菌(10-15%)
  • 真菌性脳膿瘍:アスペルギルス感染、ムコール症、シュードアレッシェリア症
  • 原虫性脳膿瘍:トキソプラズマ症

病期

see SCN.350

病因

  • 心疾患:心内膜炎、右左シャントを伴う心疾患()。血行性に中大脳動脈領域に発生。細菌塞栓による脳梗塞が起こると、細菌は容易に脳組織に移行 (SCN.350)
  • 耳鼻科疾患:副鼻腔炎、中耳炎。好発部位は副鼻腔炎で前頭葉、中耳炎では側頭葉、小脳 (SCN.350)
  • 開放性外傷:

YN.J-142

疫学

  • 30歳代。先天性心疾患、副鼻腔炎、中耳炎の好発年齢と一致。 (SCN.350)

病態

症状

  • 発熱、頭痛、嘔吐、意識障害、痙攣で発症。 (SCN.350)
  • 髄膜炎と異なり、片麻痺、精神症状、局所痙攣などの局所症状も呈する。 (SCN.350)

検査

血液検査

  • 炎症所見:CRP上昇、血沈の亢進

脳脊髄液

  • 細胞数の軽度増加 (SCN.350)
  • 所見に乏しく、診断にはあまり有用でない、らしい。

頭部CT

  • 単純CT:白質>白質浮腫領域>病変>脳室
  • 造影CT:リング上の増強。 ← 被膜形成期に造影剤により増強効果を示す(SCN.350) ← 生体の感染に対する防御反応


頭部MRI

  • T1:low intensity
  • T2:high intensity
[show details]

診断

鑑別診断

  • CT画像上、グリオーマ、転移性脳腫瘍と鑑別。炎症所見が乏しいことが鑑別のカギ(SCN.350)

治療

IRE.446-
  • 内科的治療
  • 薬物療法
  • 抗菌薬、抗真菌薬
  • 抗菌薬による治療期間は4-6週間(時に8週間) (IRE.449)
  • ドレナージ
  • 外科的治療
  • 補助的治療
  • ステロイド:脳圧亢進、脳ヘルニアの危険が迫っている場合に使用。
  • 抗痙攣薬:ジアゼパム、フェニトイン

SCN.3550

病期のよって治療が変わる
  • 脳炎の時期:抗菌薬(経験的に広域スペクトラムの第三世代セフェムを使用)+脳圧降下薬
  • 皮膜形成期:ドレナージ

予後

  • 死亡率約10% (SCN.351)

参考

  • 写真
[display]http://www.masa.go.jp/nes/library/ba.html

国試


副鼻腔真菌症」

  [★]

fungal sinusitis
真菌性副鼻腔炎
副鼻腔炎

疫学

  • 40-50歳に好発
  • 片側性がほとんど
  • 上顎洞が2/3

病原体

  • アスペルギルス、カンジダは健常者、ムコールは糖尿病患者に多い
糖尿病患者ではケトアシドーシスで食細胞の貪食能が低下するため

下位概念


アスペルギルス抗原」

  [★]

肺アスペルギルス症アスペルギルス

参考

  • [display]http://blog.livedoor.jp/garjyusaiga/archives/52017015.html
  • [display]http://blog.livedoor.jp/garjyusaiga/archives/52056230.html



肺アスペルギルス症」

  [★]

pulmonary aspergillosis
アスペルギルス症アスペルギルス

国試



コウジカビ属」

  [★]

Aspergillus
アスペルギルス属アスペルギルスAspergillus属


アスペルギルス属」

  [★]

Aspergillus
Aspergillus属
コウジカビ
アスペルギルス症


ラクトフェノール・コトン青による染色で

生物的特徴

  • 真菌
  • 腐生性不完全菌に属する糸状菌
  • 有隔性菌糸を持つ(branching septate hyphae)
  • 土壌や朽ちた植物に存在。空気中に浮遊胞子として存在。アスペルギルスの分生子は暖かく湿った場所で多く作られる → 空調器のエアフィルターや加湿器などで増殖
  • 日和見病原体。基礎疾患(好中球減少や免疫不全症)を有する患者に感染

感染経路

  • 空気感染
  • A. fumigatusの胞子は2-3.5umで、気管支に達し肺を冒す

アスペルギルス属

感染症

  • 肺アスペルギローマ:結核・気管支拡張症などで生じた空洞・嚢胞で分生子が生長・増殖し、大きな菌糸塊を形成 菌球形成
  • 侵襲性アスペルギルス症:好中球機能不全などの患者に発生し、より急性でより重症やしやすい。肺・消化管障害、心内膜炎、脳・骨膿瘍、全身播種
  • アレルギー性気管支肺アスペルギルス症:喘息様発作、末梢血好中球増加、中枢性気管支拡張



慢性壊死性アスペルギルス症」

  [★]

chronic necrotizing aspergillosis
慢性壊死性亜急性アスペルギルス症?, chronic necrotizing subacute aspergillosis?
アスペルギルス症


急性侵襲性肺アスペルギルス症」

  [★]

acute invasive pulmonary aspergillosis


慢性線維性アスペルギルス症」

  [★] 慢性線維性肺アスペルギルス症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2坊功婁カテーテルキット14
3ダーゼン+添付文書14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7SHEEP BLEEDING PULLEY mail12
8小刻み歩行+原因11
9股関節外転装具+装着方法10
10グレー症候群+小児8
11白脾髄8
12下壁梗塞8
13メタロプロテイナーゼ8
14鶏卵大+大きさ7
15エストロゲン インスリン グリコーゲン7
16プロステーシス+整形外科6
17+白衣を着る理由 看護師 原著6
18セリンプロテイナーゼ6
19体幹ギプス固定 画像6
20brom+tech+心臓6

昨日の人気記事
 タイトル表示
1白脾髄6
2SHEEP BLEEDING PULLEY mail6
3Cod Eel Flatfish Flounder Herring Mackerel Salmon Sardine Shark Sturgeon mail5
4Swordfish Tilapia Trout Tuna Whitebait mail4
5Knee+arthrosis+膝4
6エルレンマイヤーフラスコ変形3
7+351 copper sulphate .pt mail3
8腹腔動脈3
9user/password3
10Barium Sulphate Barium Hydroxide mail3
11妊娠時胆汁うっ滞3
12gray+platelet症候群3
13CATTLE SKIN DEHIDER mail3
14クラフォラン+世代2
15@HE Sultan Ahmed bin Sulayem.ae mail2
16甲状腺中毒性+ミオパシー2
17ヨウ素+過敏症2
18atraumatic+needle2
19ローザーネラトン線とは2
20胎盤娩出+自然+シュルツェ式2