095F016

  • 20歳の女性。動悸と体重減少とを主訴として来院した。食欲は旺盛である。脈拍118/分、整。血圧134/58mmHg。皮膚は湿潤し、手指の振戦を認める。この患者にみられる症候はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095F015]←[国試_095]→[095F017



★リンクテーブル★
国試過去問095F015」「095F017

095F015」

  [★]

  • 45歳の男性。突然の会陰部に放散する右側腹部痛のため救急車で来院した。意識清明。体温36.8℃。脈拍96/分、整。血圧154/72 mmHg。 眼瞼結膜に貧血はなく、眼球結膜に黄疸も認めない。尿所見:蛋白(±)、ビリルビン(-)、潜血2+、沈渣に赤血球5~10/1視野、白血球1~2/1視野。血液所見:Hb 16.8 g/dl、白血球10,000、血小板28万。直腸診で得た便の潜血反応は陰性。この患者にみられる身体所見はどれか。
  • a. 両側下肺野の湿性ラ音聴取
  • b. 肺肝境界の消失
  • c. Blumberg徴候陽性
  • d. 右肋骨脊柱角部叩打痛
  • e. 右大腿動脈拍動の減弱

[正答]


※国試ナビ4※ 095F014]←[国試_095]→[095F016

095F017」

  [★]

  • 53歳の男性。3か月前からの上腹部の鈍痛と軟便とを訴えて来院した。25歳から1日平均約3合の日本酒を毎日飲酒している。身長162cm、体重52kg。血圧132/74mmHg。腹部は平坦で心寞部に圧痛がある。腹部CTで膵に石灰化像を認める。生活管理上最も重要なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095F016]←[国試_095]→[095F018