創傷


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/06 20:23:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 文化概念の拡張とサブカルチャーおよびCGMにおける文化経済主体の造性に関する研究
  • 牧 和生,マキ カズオ,Maki Kazuo
  • 青山社会科学紀要 41(2), 21-43, 20130300-00-00
  • NAID 120005291047
  • 新ビジネス発想塾(第33回)質疑と対話が知を発 議論の質は相手に依存
  • 妹尾 堅一郎
  • 週刊東洋経済 = Weekly toyo keizai (6437), 206-207, 2013-12-29
  • NAID 40019525522
  • 時代をる女たち 浜野佐知 : ピンク映画の反逆児

Related Pictures

創:光速戰記創香功堂!! 2012還沒世界末日 創 (CCCD)/ACIDMAN創戰紀 - 創戰紀中文預告ヒュンダイ創世記クーペ(2013)

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 皮膚軟化剤

販売名

スピール膏M

禁忌

  • 本剤に対し過敏症の既往のある患者

効能または効果

  • 疣贅(ゆうぜい)、鶏眼(けいがん)、胼胝腫(べんちしゅ)の角質剥離
  • 本剤を患部大(患部と同じ大きさ)に切って貼付し、移動しないように固定する。2〜5日目ごとに取りかえる。

慎重投与

  • 患部が化膿している等湿潤、びらんが著しい患者[あらかじめ適当な処置を行った後使用すること。]

薬効薬理

  • サリチル酸の角質軟化溶解作用により角質を剥離する。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • サリチル酸(Salicylic Acid)

化学名

  • 2-Hydroxybenzoic acid

分子式

分子量

  • 138.12

性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはなくわずかに酸味があり、刺激性である。

★リンクテーブル★
国試過去問108F029」「100D024」「098E012
拡張検索術後創傷感染」「外科手術創感染」「咬創」「完全貫通創

108F029」

  [★]

  • 次の文を読み、 28、 29の問いに答えよ。
  • 44歳の男性。右下腿の腫脹を主訴に来院した。
  • 現病歴: 3か月前に右踵部に、ささくれたような傷ができたことに気付いた。市販の軟膏を塗っていたが創は次第に大きくなってきた。 1か月前に自宅近くの医療機関を受診し、外用薬を処方され塗布していた。その後 2週に一度、創部処置のため通院していたが、 7日前から創部の臭気が強くなり軽度の発熱を認めた。 2日前から右下腿が腫脹し疼痛を伴い、全身倦怠感が強くなったため受診した。
  • 既往歴: 24歳から高血糖を指摘され、 30歳から投薬を受けていた。 40歳から通院しなくなっていた。
  • 生活歴:喫煙は 40歳まで 10本/日を 20年間。 4年前から禁煙している。
  • 家族歴:父親が糖尿病。
  • 現症:意識は清明。身長 165 cm、体重 55 kg。体温 38.5℃。呼吸数 22/分。脈拍 72/分、整。眼瞼結膜は軽度貧血様だが、眼球結膜に黄染は認めない。口唇と舌は乾燥している。心雑音は聴取しない。右肋骨弓下に肝を 2 cm触知する。右鼠径部に圧痛を伴う径 1 cmのリンパ節を複数個触れる。膝蓋骨上端より 10 cm近位の大腿周径は右 38 cm、左 37.5 cm。膝蓋骨下端より 10 cm遠位の下腿周径は右 36 cm、左33 cm。右膝窩動脈は触知するが、右足背動脈、右後脛骨動脈は触知しない。右下腿に紅斑と腫脹があり、熱感を伴う。両側足底の感覚鈍麻を認める。両下腿の写真 (別冊 No.2A)を別に示す。
  • 検査所見:尿所見:蛋白 1+、糖 2+、ケトン体 (-)。血液所見:赤血球 428万、Hb 10.9 g/dl、Ht 35%、白血球 12,200(桿状核好中球 18%、分葉核好中球 64%、単球 4%、リンパ球 12% )、血小板 29万、 PT 77% (基準 80~120)。血液生化学所見: CK 175 IU/l(基準 30~140)、尿素窒素 7 mg/dl、クレアチニン 0.5 mg/dl、血糖 323 mg/dl、HbA1c(NGSP) 8.8% (基準 4.6~6.2)。 CRP 13 mg/dl。下腿造影 CT(別冊 No.2B)を別に示す
  • 対応として最も適切なのはどれか。
  • a 縫合
  • b デブリドマン
  • c ワセリン塗布
  • d 免疫グロブリン製剤静注
  • e 長時間作用型インスリン皮下注



[正答]


※国試ナビ4※ 108F028]←[国試_108]→[108F030

100D024」

  [★]

  • 44歳の男性。右足の潰瘍の悪化を主訴に来院した。7年前に糖尿病を指摘されている。3年前に靴ずれのあとが潰瘍化し、滲出液が出るようになった。来院3日前から潰瘍が急速に拡大し、痂皮が付着し悪臭を放っている。右足の写真を以下に示す。
  • まず行う処置はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100D023]←[国試_100]→[100D025

098E012」

  [★]

  • 仙骨部の褥創の予防または治療に適切でないのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 098E011]←[国試_098]→[098E013

術後創傷感染」

  [★]

postoperative wound infection
手術創感染術後創感染

外科手術創感染」

  [★]

surgical wound infection
手術創感染

咬創」

  [★]

bite wound
咬傷

完全貫通創」

  [★]

through-and-through wound