ハイシジン

チニダゾール


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Related Links

ハイシジンとは?チニダゾールの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:薬事典版)
ハイシジンとは。効果、副作用、使用上の注意。 腟に感染した細菌や真菌、原虫などを 死滅させたり、増殖を止めたりする作用をもつ薬で、 腟炎及び外陰腟炎 の治療に使い ます。 アムホテリシンB製剤 、 クロトリマゾール製剤 、 硝酸イソコナゾール製剤 、 硝.


Related Pictures

ハイシジン錠200mgハイシジン錠200mgハイシジン(チニダゾール製剤 富士製薬 ハイシジン 包装写真富士製薬 ハイシジン 本体写真富士製薬 ハイシジン 包装写真

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 抗トリコモナス剤

販売名

ハイシジン錠200mg

組成

有効成分

  • 日局 チニダゾール

含量 (1錠中)

  • 200mg

添加物

  • 乳糖水和物
    トウモロコシデンプン
    結晶セルロース
    ヒドロキシプロピルセルロース
    アルギン酸
    ステアリン酸マグネシウム
    ヒプロメロース
    酸化チタン
    プロピレングリコール
    黄色4号(タートラジン)
    黄色5号

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 血液疾患のある患者[血液疾患を悪化させるおそれがある。]
  • 脳、脊髄に器質的疾患のある患者[類似化合物の長期投与により、脳波等に異常を認めたとの報告がある。]
  • 妊婦(3ヵ月以内)または妊娠している可能性のある患者(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)

効能または効果

  • トリコモナス症(腟トリコモナスによる感染症)

ハイシジン錠200mg

  • チニダゾールとして、通常成人1クールとして1回200mg、1日2回、7日間経口投与する。またはチニダゾールとして、通常成人2,000mgを1回経口投与しても良い。

ハイシジン錠500mg

  • チニダゾールとして、通常成人2,000mgを1回経口投与する。
  • 投薬終了後、腟トリコモナスを検出した場合は、投薬終了時より少なくとも1週間ぐらいの間隔を置いて再投与する。


薬効薬理

  • チニダゾールは、Trichomonas vaginalisに対し殺虫的に作用する。1)〜3)
  • チニダゾールは、Bacteroides、Peptococcus、Peptostreptococcus、Clostridiumなどの嫌気性菌に対して抗菌力を示す。4) 5)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • チニダゾール(Tinidazole)

化学名

  • 1-[2-(Ethylsulfonyl)ethyl ] -2-methyl -5- nitro-1H-imidazole

分子式

  • C8H13N3O4S

分子量

  • 247.27

性状

  • 淡黄色の結晶性の粉末である。
    無水酢酸またはアセトンにやや溶けやすく、メタノールにやや溶けにくく、エタノール(99.5)に溶けにくく、水に極めて溶けにくい。

融点

  • 125〜129℃

★リンクテーブル★
リンク元抗原虫剤」「チニダゾール

抗原虫剤」

  [★]

antiprotozoal agent, antiprotozoal drug, antiprotozoan agent, antiprotozoan drug

商品

チニダゾール」

  [★]

tinidazole
ハイシジン, Tindamax